子宮の高齢化による不妊症が20代世代にも発生している?

子宮の高齢化による不妊症が20代世代にも発生している?

2014-06-04

整体院には、連日多くの不妊症で悩む方が来院しています。
不妊症の原因については人それぞれですが、整体治療ではこれまでに数多くの実績がありますので、様々な医療機関による不妊治療の効果がなかなか得られない方は、諦めずに一度整体治療を利用してみるといいでしょう。
近年特に多くなっているのが、晩婚化が原因とされる不妊症に加え、若い年齢の子宮トラブルによる不妊症も増えているのです。

【子宮の老化を引き起こす原因って?】

ある専門家によると、20代から30代前半の女性の卵巣年齢が40歳相当になる方もいるといわれているほど、子宮の老化による不妊症患者が多くんっているのです。
その原因については、色々といわれていますが、過度のダイエットや仕事、人間関係、食生活によるストレスとも言われています。
整体治療院では、ストレスを改善する治療から、骨盤矯正によって、スムーズなダイエット効果が得られる施術も行なっていますので、子宮の老化を早めるようなムリなダイエットやストレスを溜め込まない生活を送るようにしましょう。

【痩せ型に多い20代世代の不妊症】

特に若い人は、見た目の体型を気にするあまり、ムリな食事制限、偏った食事、ダイエット補助食品の過剰摂取により、様々な機能低下を引き起こしている傾向にあります。
その結果、卵巣年齢が高齢化します。
卵巣年齢が実年齢よりも高くなると生理の際の体調不良の悪化、生理不順、冷え性や肥満、そして不妊症といった深刻な症状を引き起こすようになります。
いざ、結婚し、愛する人のお子様を授かりたいと強く願ってもスムーズな妊娠ができず、大変な思いをすることが予想されますので、十分に注意が必要です。
改善方法としては、ムリなダイエットは絶対にしてはいけないということと、生活習慣の乱れを整え、規則正しい生活を送るというのが基本です。

どうしても痩せたいならば、整体院の骨盤矯正を受けるようにしてください。
骨盤の歪みを整えることで、代謝機能が高まり、自然と痩せやすい体質を作ることができます。
さらには、体全体の緊張を解すことも出来ますので、過度のストレスを蓄積せず、リフレッシュした体調を維持できるでしょう。
卵巣の高齢化による不妊症を食い止める為には、以上のことに注意しいつまでも若い子宮を維持できるようにしましょう。

【不妊症を自宅で気軽に改善するコツ】

卵巣の高齢化による不妊症を予防、改善するための注意点をまとめていますので、参考にして下さい。
特に、定期的な整体院への通院が難しい方は、積極的に取り入れるといいでしょう。

まず基本となるのは、バランスの取れた食事をすることです。
ビタミンや鉄分、亜鉛成分を中心に1日2000カロリー程度は、必ず食事を楽しむようにしてください。
体重の増加が気になるという方は、1日30分から1時間程度のウォーキングで汗を流しましょう。
目標は、1日1万歩です。

ムリをせず、毎日適度な運動を行い、筋肉量をアップすることで、卵巣年齢が若返り不妊症を改善、予防できるだけでなく、見た目の印象もグッと若々しくなること間違いありません。
また、1日に最低でも6時間程度の睡眠を確保し、その日の疲れはその日のうちに改善できるようにしましょう。


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

※ご予約いただいた時間より、多少お時間が前後する可能性がございます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME

チャットボット