いわき市泉町 産後 恥骨の痛み

いわき市泉町 産後 恥骨の痛み

産後の恥骨の痛みに関して知っておきたいこと

なぜ起きてしまうのか?
産後は体の様々な部分に痛みや違和感などが出やすくなりますが、多くのお母さんを悩ませるのが産後の恥骨の痛みです。
体が思うように動かせないだけではなくて、痛みも伴うために辛い思いをしたりイライラしたりすることも少なくありません。
では、なぜ産後に恥骨の痛みが起きやすいのかというと、それは出産で骨盤が大きく開くことが関係しているのです。
恥骨痛は産後に起こることが多いのですが、妊娠中から悩まされていた方も多くて、それは妊娠中にお腹の赤ちゃんが大きく成長することで、子宮が大きくなって骨盤もそれに合わせて開いてくるからです。
その為、体ではリラキシンというホルモンが積極的に分泌されて、その働きにより骨盤の靭帯が緩められて、硬く締まっていた骨盤が開いて拡がれるようになります。
またリラキシンは妊娠中に分泌され出産でピークを迎えますが、産後も分泌が一定期間続くことから、靭帯が緩んだ状態が続き恥骨に痛みが生じやすくなるのです。
それから産後に現れやすいのは出産の影響もあって、骨盤が妊娠中よりもさらに大きく開いて、お腹の赤ちゃんの頭や肩をスムーズに通すからです。
その為、赤ちゃんの大きさに適した産道を確保できるように、積極的にリラキシンが分泌されて骨盤を広げて、どんどん骨盤は不安定になってしまいます。
骨盤は3つの骨が結合して構成されていますが、恥骨結合は身体の前側部分にある小さな関節なため、体の後ろ側にある仙腸関節よりもストレスがかかりやすいのです。
必要以上に恥骨にストレスがかかるようになってしまうと、症状が重くなってしまいます。
出産で緩み大きく開いた骨盤は、数ヶ月の時間をかけてゆっくりと安定してきますが、そのまま放置しておくと歪んだまま定着して骨盤が歪んでしまうのです。
これにより歪みが骨盤に残ってしまうと、痛みが慢性化してしまうこともあります。

痛みはどれくらい続いてしまうのか?
産後の恥骨ま痛みがいつまで継続するのかは個人差があって、産褥期間中に改善される方もいますし、産後半年以上たっても痛みが続く方もいるのです。
このように大きな違いが起こる要因となるのは、産後6週間~8週間自宅で安静に過ごす必要がある産褥期間の過ごし方にあると言われています。
出産は想像以上の大きなダメージを体に与えるものですし、体力だけではなくて様々な傷を修復し安定させるためにも安静に過ごす必要があるのです。
しかし、家事を家族に頼めない場合や上の子供がまだ幼い場合には、産褥期間中であっても安静にし続けることはとても難しくなります。
その為、少しの家事をしてみたり幼稚園へ送り迎えに行ったりすることで、体に負担がかかって恥骨痛の改善が遅れてしまうことになってしまうのです。
また、できるだけ安静にすることによって骨盤は早く安定しますし、それにより恥骨痛も解消されてくるものなので、この時期に無理をすることは傷を広げるような行為になります。
それに産褥期間に安静に過ごさないことは、単に恥骨痛だけの話ではなくて様々な悪影響を体に及ぼしてしまうのです。
例えば、骨盤が開いた状態で立ったり動いたりすることが長いと、子宮底に子宮や腸などの臓器が沈んでしまって、開いた骨盤が閉まりにくくなってしまいます。
その状態が続くと子宮は開いたまま安定してしまうので、お尻が大きくなってしまいますし、骨盤底に沈み込んだ臓器が圧迫さることで、血行不良が起こって様々な症状や病気を引き起こしてしまうこともあるのです。
ですから、難しいこともあるでしょうが、産褥期間はできるだけ安静に過ごすように心がけることが大切になります。

産後の恥骨の痛みを抑えるには?
骨盤の安定と共に痛みは少しずつ治まってくるのが通常ですが、痛みが出やすくなる動作を続けていると、痛みを感じやすくなってしまいまうのです。
その為、日常生活の姿勢や動作からできるだけ痛みが出ないように心がけることも大切になります。
座っている時に立ち上がったり寝返りを打ったり、歩く方向を変えたりするなど、姿勢を変える時に痛みが生じやすくなるのです。
できるだけ姿勢を変える際にはゆっくりと慎重に行うようにすることが大事で、それにより痛みも負担も大きく軽減されます。
歩幅が大きいと脚を大きく前後に開く角度が大きくなって、恥骨の結合部分にストレスがかかりやすくなるのです。
ですから、歩く時には歩幅を狭くするように心がけて、障害物なども大股で股ぐことは避けるようにしましょう。
階段の昇り降りも骨盤が大きく動くので恥骨痛が発生しやすくなるので、できるだけ階段の使用は控えることです。
どうしても使う必要がある場合には、一段ずつ両脚を揃えて立ち止まりながら昇り降りしたり、手摺を利用して体重移動を補助したりして恥骨にかかる力を軽減しましょう。
着替えも骨盤が大きく動くので痛みが生じやすいため、椅子に座って負担を軽くしたり、上半身から着られるワンピースやスカートを利用したりすると良いです。

いわき市泉町 産後 恥骨の痛みなら「あいみ整体院」にお任せください
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME