いわき市泉町 鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)

いわき市泉町 鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)

鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)の原因と症状

鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)とは
股関節の辺りが痛い、足の付け根が痛いなど、足が痛いといった症状を頻繁に訴えるサッカー選手もいます。
また、ある程度安静にしていると症状が治まりますが、練習を再開するとまた痛身が発生するといった選手がいるのです。
このように鼠径部の痛みを引き起こすのはグロインペイン症候群の可能性が考えられて、多くのプロサッカー選手も悩まされています。
鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)は、内転筋腱障害・腸腰筋の機能障害・鼠径管後壁欠損・外腹斜筋腱膜損傷・恥骨結合炎・内転筋腱障害・スポーツヘルニアなどの総称です。
多くのスポーツ選手に発生するものですが、先に触れたようにサッカー選手に多く見られて、ある意味職業病のようにもなっています。
ちなみに症候群と言うのは、根本となる一つの原因から生じる一連の身体症状や精神症状のことを言うのです。

鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)の症状と原因
繰り返しになりますが鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)は 主にサッカーをやっている10代~30代の人に発症しやすい障害です。
初期症状としては、ボールを蹴る時の痛みや全力で走る時の痛みなど、ある程度限定的な運動時痛が見られます。
ただ悪化していくと少しずつ痛みが出る頻度が増えて、軽度の運動でも痛みが発生するようになりますし、ボールを蹴る動作全般で痛みが出るのです。
また走る時だけではなくて歩いていても痛みが出るようになります。
鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)が発症する原因は臀部の筋肉が固いことで、股関節が開いた状態になりやすいために、臀部の筋肉を使いづらい状態になって内転筋や恥骨部にストレスがかかりやすくなるのです。
また腰痛を抱えているのも原因で、ハムストリングやアキレス腱の固さにより骨盤周囲の支持性が低下して鼠径部にストレスがかかります。
それから過剰なトレーニングも原因として考えられ、腹筋やお尻の筋肉強化などの特定部位の過度な強化、シュートやロングキックなど特定動作の過度なトレーニングで鼠径部にストレスがかかるのです。
その他考えられる原因としては、足首の捻挫・足の打撲・肉離れなどがあって、ケガが原因で可動性・安定性・協調性に問題が生じたままプレーを続けることで、体幹から股関節周辺の機能障害が生じやすくなります。
筋や関節の柔軟性、骨盤を支える筋力、体幹と下肢の動きが効果的に連動することなどの機能が低下して、痛みと機能障害の悪循環が生じて鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)が慢性化するのです。

鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)の治療法と予防法
鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)には決定的な改善方法はなくて、先にも触れた通り安静にするのが一番ですが、運動を再開するとまた同じ症状が現れてくることも少なくありません。
それは、鼠径部周辺の筋力の低下を改善しない状態で、再度ボールを蹴ったり走ったりする動作を行なうことで、筋肉が負荷に耐えられないために痛みが復活しやすくなるのです。
ですから、電気・マッサージ・ストレッチだけでは不十分で、体幹の筋肉を強化するといったリハビリも必要となってきます。
またリハビリは、可動性・安定性・協調性の問題点を評価して、それを修正するためのアスレティックリハビリテーションを実施していくのが良いです。
ちなみにアスレティックリハビリテーションの基本は、筋の拘縮に対するマッサージ、筋力低下に対する筋力訓練、股関節だけに負担が集中しないように上肢・体 幹・下肢を効果的に連動させる協調運動の訓練になります。
ただ鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)のケガの詳細は様々で、改善するまでの期間については一概には言えなくて、数日安静にしていれば改善することもあれば、1~3ヶ月程度の期間がかかることもあるのです。
また1年以上改善されない人もいますし、その競技を続ける限りグロインペイン症候群と付き合い続けなくてはならないといった人もいます。
治療中のトレーニングは、痛みがあるうちはランニングはしない方が良いので、まずはウォーキングや股関節に負担のかからない水泳などから運動を少しずつ開始して、痛みと相談しながら徐々に運動を開始するのが理想です。
鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)の予防としては、足首の捻挫などのケガをしたら体全体のバランスが崩れるので無理にプレーを続けない、股関節周辺の拘縮や筋力低下が生じたら早めに修正するです。
また、運動前の準備運動に体幹から下肢を効果的に連動させる協調運動を取り入れて股関節だけの動作をさける、オフ明けには協調運動を取り入れた準備運動を入念に行うというのも予防法として心がけると良いでしょう。
それから疑いがある場合は、スポーツドクターの診察のもとでMRIやCTなどの精密検査を実施して、明らかな問題がないか診断を仰ぐことも予防につながることです。
検査で筋損傷や疲労骨折などといった問題がある時には、筋肉や骨組織のダメージを改善する治療が必要になります。

いわき市泉町 鼠径部の痛み(グロインペイン症候群)なら「あいみ整体院」にお任せください
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME