いわき市泉町 育児疲れによる頭痛、背中の痛み

いわき市泉町 育児疲れによる頭痛、背中の痛み

なぜ育児疲れによる頭痛、背中の痛みが起こるのか?

育児疲れとは?
育児は365日24時間休むことのができないことですから、やりがいや楽しさを感じるだけではなくて辛く大変なことも多いのです。
その為、育児をしているお母さんなら1度は育児に疲れを感じたことがあって、これが育児疲れと呼ばれるもので、厚生労働省の調査によると80%以上のお母さんが感じたことがあると言われています。
また育児疲れが続くと体にも変化が現れてしまいますし、そのまま放置していると産後うつや育児ノイローゼへなど精神的な症状に発展してしまう場合もあるのです。
その中でも育児疲れによる頭痛、背中の痛みに悩まされる方が多いので、育児疲れによって引き起こされる症状・原因・上手な付き合い方を知っておきましょう。

育児による体への負担
腰・肩・腕など育児による体への負担には様々あって、授乳・おむつ替えなどの育児作業は、低い位置でするために腰を曲げて前かがみになり、上半身を支えるため腰に大きな負担がかかります。
赤ちゃんを抱っこする際に、肩で重みを支えるタイプの製品を長時間使用すると肩に負担がかかりますし、赤ちゃんを片手で抱っこすることも肩の負担になるのです。
前かがみ姿勢や首を曲げた姿勢で作業するこは背中に負担をかけますし、逆に赤ちゃんを体の前で抱っこする時には、背中が反るような姿勢になって背中に負担がかかっています。
また前かがみやうつむいた姿勢での作業、また子供に首へ抱きついて引っ張ることなどで首に負担がかかるのです。
それから抱っこや子供を持ち上げる作業により腕に負担がかかりますし、膝立ちや床に座る姿勢が増えることで膝や脚に負担がかかります。
このように、育児によるお母さんの体への負担は数多くあるのです。

育児疲れによる頭痛、背中の痛み
赤ちゃんが生まれると授乳におむつ替え、泣いたら抱っこと振り回されっぱなしになつて休む暇もありません。
また慣れない育児で自分の思った通りに動けないことや、満足に家事ができないことなどからイライラしてしまうこともあるのです。
これが毎日夜中まで続くと、少しずつ心も体も疲れてストレスが溜まってきて、そんな状態が積み重なると育児疲れによる頭痛、背中の痛みが起きてしまうことがあります。
特に、育児疲れやストレスにより頭痛を訴えるお母さんは少なくないもので、育児でストレスが溜まってくると誰にも頭痛が起こる可能性があるのです。
頭痛には頭の痛み自体が病気である一次性頭痛と、疾患や行為などが原因で起こる二次性頭痛、それ以外の頭痛の3種類に分けられます。
育児により起こる頭痛のタイプは一次性頭痛で、その中の片頭痛と緊張型頭痛が多く見られますし、片頭痛と緊張型頭痛の両方を併せ持つ場合もあるのです。
もし耐えられない痛みの場合や、片頭痛と緊張型頭痛以外の頭痛が起こる場合には病院で診てもらうことをおすすめします。
ただ授乳している場合は担当医に授乳していることを伝える必要がありますし、まずは係りつけの産婦人科に相談してみると良いです。
背中の痛みも多くみられる症状で、その原因は出産のダメージによる骨盤と背骨の緩みがあります。
また、先にも触れましたが前かがみの姿勢が多くなるといった産後特有の習慣も原因です。
骨盤や背骨などは本来体が後ろに反ることで安定するため、その逆の前に屈むと緩まり不安定になりますし、それを筋肉で安定させようとするため背中側の筋肉に負担がかかり硬くなて痛みを生じてしまいます。
それからストレスにより交感神経が高まると筋肉が硬くなって、筋肉の状態が悪くなると水分を戻せなくなることも原因で、育児のストレスも背中の痛みを引き起こす要因になるのです。

育児疲れによる頭痛、背中の痛みの解消法と予防法
育児疲れによる頭痛を引き起こさないためには、何と言ってもストレスを溜め込まないことで、疲れているなあと思ったらとにかく休むことがおすすめと言えます。
例えば、赤ちゃんが寝ている間に家事をするのではなくて、赤ちゃんと一緒に寝てしまうというのも良いです。
小刻みでも寝ることで体が受けるストレスが大きく違ってくるので、できるだけ体を休めるようにしましょう。
また赤ちゃんが嫌がらなければ、夜はご主人にミルクや絞ったおっぱいを哺乳瓶で飲ませると、ゆっくり寝ることもできて手を抜くこともできるのです。
子育てでストレスを溜めないようにするコツは、完璧にしない、休める時に休むということを理解しておくことも大切と言えます。
背中の痛みを解消するのなら、まずは背中が痛くする要因となる骨盤を矯正して骨盤の緩みを整えることが大事です。
また授乳の方法・歩き方・寝方・添い乳の方法・カバンの持ち方・キッチンでの立ち方など、普段の生活における何気ない動作についても気を付けて改善しましょう。
それから、筋肉のコンディションを良くするために、マッサージ・自宅でのケア・ストレッチなどで疲労をとったり、必要な栄養を積極的に摂取するのも良いです。

いわき市泉町 育児疲れによる頭痛、背中の痛みなら「あいみ整体院」にお任せください
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME