いわき市泉町 手根骨症候群「あいみ整体院」

いわき市泉町 手根骨症候群「あいみ整体院」

手のひらの感覚・運動が障害される手根骨症候群

手根骨症候群とは?
手首の骨と靭帯じんたいに囲まれた手根管と呼ばれているトンネル状の形態を示す部分が手のひらの付け根(手首)にあります。
このトンネル内には複数の腱や正中神経などが通っていて、この正中神経というのは親指から薬指の親指側にかけての感覚と、親指の動きなどを司る神経です。
このように指先の感覚や手の運動にとって重要な役割をしている正中神経が、何らかの原因で圧迫されるなどの障害されることで、しびれや痛みなどの症状を引き起こす病気を手根骨症候群といいます。
基本的に手首の安静が治療方法の一環となるために生活スタイルの変更が重要になりますが、場合によっては手術による治療も選択される病気です。
正中神経が圧迫される原因としては、手首の曲げ伸ばしを繰り返しすことで、手首に負担のかかるような動作をすることと言えます。
この動作によって手根管の中を通る腱をおおう膜などが炎症を引き起こして腫れることがあるのです。
また、このような手首の運動とは関係なく手根管が狭くなることにより、手根骨症候群を発症することもあります。
手根管が狭くなる要因としては、アミロイドと呼ばれる物質が手根管に沈着することです。
例えば人口透析(人工的に体内の血液を浄化すること)を長期間受けている人は、どうしても体内にアミロイドと呼ばれる物質が蓄積してしまって、それにより正中神経が圧迫されて発症することがあります。
また関節リウマチなどの炎症性疾患により、炎症で腫れた滑膜が正中神経を圧迫しまうこともあるのです。
それから、手根管が狭くならなくても正中神経自体が障害を受けることにより発症することもあって、この原因として考えられる代表的なものは糖尿病で、その他には妊娠や甲状腺疾患なども原因として考えられます。

どのような症状が見られるのか?
発症すると主に正中神経が司っている小指以外の指先に、ジンジンする感じのしびれが起こりますし、特に中指の先にはよくしびれが現れるのです。
就寝中に手根管の内側で腱の膜にむくみが生じることから、明け方に痛みが発生することといった特徴があります。
また、何もしないで放置し症状が進行すると、正中神経は筋肉を動かす命令もしていることから、親指とほかの指を向かい合わせにして物を掴んだりつまんだりするような動作が難しくなることもあるのです。
ちなみに、この対立運動は動作としては小さな運動になりますが、ボタンをかけるとか、お札を掴むなどといった日常動作でなくてはならない動作になります。
その為、対立運動が障害が起こることにより、日常生活において大きな障害となってしまうのです。
こうような状況になってしまった場合は、手根管開放や神経剥離だけでは改善しないので、手術の際に母指の機能を再建することを目的とする腱の移行術を追加することになります。
この腱移行の手術自体は危険なものではありませんが、手術後のギプス固定期間が約3週間程度必要となりますし、しびれ自体も十分に取れない場合もあるのです。
症状が進行してからの治療については時間がかかることが多いので、できる限り早い段階から適切な処置をする必要があります。

どのような検査・診断をするのか?
手根骨症候群の発症が疑われる場合には、ティネル様サインとファーレンテストという検査が行われます。
ティネル様サインとは、手首の手のひら側を叩くことでしびれや痛みが指先に響くかを確認するのです。
ファーレンテストでは、体の前で両手の甲を合わせて1分間その状態を保つ時に、しびれを感じたりしびれ感が強くなったりするかを確認します。
また、障害を受ける正中神経の分布領域に一致して神経の伝導速度が遅くなっていることを確認する神経伝導検査が実施されることもあるのです。
それから手根管部位に対するMRIやエコーなどの画像検査が実施さることもあります。
この画像検査を実施することで同様の症状を引き起こすガングリオンなどのその他の病気をみきわめるメリットがありますし、今後の治療方法の決定のために重要な検査になるのです。

どのような改善方法が行われるのか?
手根骨症候群の改善方法としては、基本的には保存的な処置が行われますが、先にも触れましたが手術という選択肢もあります。
手首に対する運動負荷が考えられる原因として多いことから、改善方法としては装具による手首の固定が基本になるのです。
また、自転車のハンドルを握るような手首を返す姿勢を長時間継続することで神経が圧迫されるので、悪化させるような動作を避けることも大切になります。
軽症の場合には、このような悪化させる動作・姿勢を避けるだけで炎症が治まる可能性があるのです。
しかし、1~2ヶ月程度経過しても改善がみられない時には、注射による薬物療法という次のステップに進む必要があります。
これは手根管にステロイド薬を直接注射するもので、多くの人は1回~数回程度のステロイド注射と手首の安静により症状が治まるのです。
ただ再発を繰り返す場合や症状が進行している時には、鏡視下手根管開放術や直視下手根管開放術といった手術も検討します。

いわき市泉町 手根骨症候群「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME