いわき市泉町 脊柱管狭窄症「あいみ整体院」

いわき市泉町 脊柱管狭窄症「あいみ整体院」

間欠性跛行が見られる脊柱管狭窄症

そもそも脊柱管狭窄症とは?
脊髄が納まっている脊柱管が通常よりも狭くなって、神経や共に走行する血管を圧迫することで生じる病気が脊柱管狭窄症です。
加齢に伴う変化として発症することが多くて、長時間歩くと足が疲れて休み休みでないと歩けない、足がしびれるなどの症状が現れます。
脊柱管を取り囲む骨や椎間板の内側に貼り付いている硬膜嚢の周囲にある靭帯の肥厚や椎間板の突出することにより、硬膜嚢が狭くなつて神経が圧迫される病気です。
最も多くみられるのは、馬尾神経や神経に伴走する血管が圧迫されることにより起こる腰部脊柱管狭窄症と言われています。
神経や血管への圧迫が原因で発症するので、少しでもその圧迫を解除できるような前傾姿勢をとることによって症状が和らぐ傾向にあるのです。
具体的には、杖をつく、シルバーカーを押して歩くなどにより症状が緩和することも可能になります。
ただ症状が継続することがあるために、リハビリテーションやコルセット・薬の使用、手術療法などの方法が選択されることがあるのです。

発症する原因は?
背骨を構成する椎体と椎体の間には、水分に富んだ椎間板があってクッションの役割を果たしていますが、加齢に伴い椎間板は徐々に弾力性を失って後部に飛び出すように変性していきます。
また椎間板が変性して本来の役割を果たせなくなることにより、複数の椎骨が積み重なった背骨自体が不安定な状態になってしまうのです。
これによって過剰なストレスを受けた靭帯が分厚くなって脊柱管が狭まってしまうので、脊柱管の狭窄は一種の老化現象とも捉えることができて、脊柱管狭窄症の多くはこのように加齢により起こります。
それから生まれつき脊柱管が狭い先天性脊柱管狭窄症により発症することもあります。
背骨は椎骨と呼ばれる骨が重なることで構成されていて、そのいくつも縦に連なる椎骨の内部に脊柱管と呼ばれる空間が形成されます。
この脊柱管の中には硬膜嚢という液体(脳脊髄液)で満たされた袋が通っていて、袋の中には重要な神経が入っているのです。
神経が集まった脊髄と呼ばれるものが脊柱管のなかに納まっていて、脊柱管で外的な刺激から守られています。
首からスタートした脊髄は当初は神経の束が集まったかたまりの構造ですが、腰の辺りから徐々に様相が異なるようになって、神経が一本一本離れたような構造をとるようになるのです。
これが馬の尻尾のような形態をしていることから馬尾神経と呼ばれています。
このような構造になっているため、日常生活において腰への負担がかかりやすい姿勢や動作を繰り返すことで発症することもあるのです。
その他には、交通事故・骨粗鬆症・喫煙・運動不足などに関係した背骨の圧迫骨折後に発症することもあります。

どのような症状が見られるのか?
脊柱管狭窄症の検査・診断は、レントゲンやMRI・脊髄造影などといった画像診断を通して、椎間板の変化や脊柱管の狭窄具合、中を通る神経への圧迫などを確認して判断します。
発症に伴う症状は神経の圧迫のされ方により異なりますが、馬尾神経が圧迫されるタイプにおいては、間欠性跛行と呼ばれる症状が代表的です。
この間欠性跛行というのは、一定の距離を歩くことにより足にしびれや痛みが起こって、しゃがむ・座るなど休むことで再び歩けるようになるといった症状になります。
また休むことなく歩ける距離については重症度で大きく異なって、数百mこどに休憩をすることで歩けることもありますし、ほとんど歩くことができないこともあるのです。
その他の症状としては、下肢のしびれと痛みを自覚するタイプもあって、初期には片方の足のみに症状が現れて、症状が進行するに従って両足に症状が広がるという経過をたどります。
それから神経の圧迫のされ方によっては、排尿障害を呈することもあるのです。

どのような改善方法があるのか?
脊柱管狭窄症では、薬物療法などの保存的療法が中心になりますが、重症度によっては手術療法を選択する可能性もあります。
保存的療法としては、消炎鎮痛剤をはじめとした薬を用いた薬物療法、コルセットなどの装具を用いた装具療法、その他神経ブロック療法や運動療法などの手段を適宜選択するのです。
ただ、こうした保存的療法でも症状の改善がなくて、日常生活に支障をきたすような状況がみられる時には手術療法が検討されます。
代表的な手術療法としては拡大開窓術があって、その他には腰椎後方椎体間固定術や前方侵入椎体固定術などがあるのです。
また手術対象となる人は高齢者が多いこともあって、より低侵襲な顕微鏡下手術といった手術療法も発達しています。
それから、手術前の合併症のリスクを丹念に確認することも必要になりますし、再発のリスクについても理解をすることが大切です。
整形外科では牽引・電気治療・薬物療法・理学療法、重症の場合には手術で対応しているのですが、なかなか思うような改善が見られない場合も少なくありません。
また整体などの民間療法においても難しい症例であるのは確かですが効果的な対処法はあります。

いわき市泉町 脊柱管狭窄症「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME