いわき市泉町 外反母趾「あいみ整体院」

いわき市泉町 外反母趾「あいみ整体院」

母趾の付け根がくの字に曲がる外反母趾

20~30代女性に多い外反母趾とは
足の親指(母趾)の関節は、通常外側の第二趾の方に沿って曲がっていますが、この付け根の関節が第二趾の方にくの字に変形して、その角度が20度以上のものを外反母趾と言います。
その為、母趾の付け根の関節は足の内側に大きく突き出して、靴との摩擦により強い痛みを生じるので歩行障害の原因にもなるのです。
また重症の場合には、母趾の付け根の関節が脱臼することもあって、そうなると手術が必要になることも稀ではありません。
中年以降の女性に多く発症するのですが、近年ではハイヒールが原因による外反母趾が20~30代女性に多くみられているのです。
発症する原因には生まれながらの解剖学的な特徴である遺伝的な要因と、生活習慣が大きく関係している非遺伝的な要因があります。
若年者に多くみられるのが遺伝的要因による外反母趾で、扁平足や開張足・母趾関節の不安定性・足趾の長さ・関節が緩みやすいなどが原因として挙げられるのです。
特に扁平足や開張足により足のアーチ構造が崩れると、立位で足趾の関節が全体的に扇状に広げられて、靴を履いたときに広がった足先が靴先に圧迫されることにより外反母趾を誘発すると考えられています。
また第二趾より母趾が長いと靴の締め付けによって、母趾が外側に屈曲した足型となり、それにより外反母趾が誘発されるのです。
非遺伝的要因としては、肥満による過剰な体重負荷や筋力の低下などで足のアーチ構造が崩れて、ハイヒールや足先の細い靴を履くことにより足先に過剰な力がかかって引き起こすことが挙げられます。
それから、関節リウマチの代表的な症状のひとつとなる関節の変形は、足の母趾関節にも起こりやすくて重度で治療が難しい外反母趾の原因になるのです。

どのような症状が発生するのか?
代表的な症状としては、足の母趾の関節が外側に屈曲して、関節自体が内側に突出することにより、靴との摩擦が発生しやすくなって突出部分に炎症や潰瘍を形成します。
酷くなると突出部の皮下に浸出液が溜まってしまうこともあって腫れや発赤を生じてしまいますし、これにより歩行時に痛みを感じて歩行障害の原因となるのです。
また突出部分を通っている神経が障害されることにより、しびれや神経痛が引き起こされることも少なくありません。
このような様々な症状が起こると、どうしても不必要な歩行や動作を避けるようになって、これにより筋力の低下が生じて扁平足や開張足を悪化させ外反母趾を悪化させるといった負のスパイラルが生じるのです。
また症状が悪化することで歩行時に母趾での蹴り返しが行えなくなるので、第二趾に過剰な負担がかかりタコが足の裏の第二趾の付け根付近にできることがあります。
それから母趾の屈曲が進むと母趾が第二趾や第三趾の下に潜り込んでしまって、母趾の付け根の関節が脱臼することもあるのです。
このようになると非常に強い痛みが発生するだけではなくて、体重バランスの悪化で歩行障害が引き起こされることになります。

どのような改善方法があるのか?
外反母趾には保存的な改善方法と手術による改善方法がありますが、基本的には保存的な改善方法が選択されます。
保存的な改善方法としては、痛みに対して消炎鎮痛剤や湿布などが用いられますし、外反母趾を矯正するための装具や、脚のアーチ構造を守る目的で足底板などが用いられるのです。
また生活上の注意点としては、足先が細くヒールの高い靴を避けて、関節の突出部分が靴との摩擦を起こさないような幅広の靴を選ぶことが挙げられます。
それから足のアーチ構造を正常にするための運動に関しても、痛みを改善するのに効果的です。
このような保存的な改善方法を実施したり、矯正装具を用いたりしても変形が改善しないで、歩行障害を生じている場合については手術による根本的な改善が実施されます。
一般的に実施される手術は、関節の突出部を切除して母趾の骨を短く切って外反母趾を矯正する方法で、この術式では関節が温存されるので手術後すぐに歩行することが可能ですし、日帰りで行うことも稀ではないです。
しかし病変が重度な場合については、関節の構造が破壊されていることも考えられるので、人工関節置換術が行われることがあります。
その他にも様々な術式がありますが、基本的にはレントゲン画像や足の状態を評価して、手術後の歩行に最も影響が少ない方法が選択されるのです。

知っておきたい外反母趾以外の足の病気
足には外反母趾以外の病気もあって、似た症状に別の病気が隠れている可能性もあるので、一緒に知っておくことも大切と言えます。
母趾の関節の骨が真横から見ると鶏のトサカのように盛り上がって、靴が当たって痛い、親指が反らないという症状が特徴の強剛母趾というのがあって、加齢が原因で高齢の男性に多くみられるのです。
足の小指の付け根が靴に当たり痛みがあって、外反母趾と合併していることが多いのが内反小趾で、足の指の3番目と4番目の間が開いて、その間にしびれが起こるモートン神経腫というのもあります。

いわき市泉町 外反母趾「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME