いわき市泉町 顔面神経痛「あいみ整体院」

いわき市泉町 顔面神経痛「あいみ整体院」

顔の表面に激痛が走る顔面神経痛

三叉神経痛の俗称?
顔面神経痛は、突発的に鋭い痛みが左右どちらかの顔面や口の中などに走る病気で、三叉神経痛の俗称として使われています。
重症になると口の中に食物を入れたり、顔にエアコンや扇風機の風が当たったりするだけでも電撃痛が走るので、日常生活や仕事に支障をきたすことがあるのです。
顔面神経痛を発症しやすい体質などについては特にないのですが、小児や若い方には少なく発症しやすい年齢のピークは50代以降と言われています。
また性別においては、男性に比べて約1.5倍~2倍女性の方が多いのです。
顔の感覚をつかさどる三叉神経の近くを走る血管は、通常の状態なら三叉神経に接触しても強い圧迫を引き起こすことはありません。
しかし加齢に伴って血管に動脈硬化が始まると血管は硬くなり蛇行するため、血管の触れた部分が強く圧迫されるのです。
それにより神経に脱髄という変化が起こって、異常な電気の回路ができて神経痛が発症するとされています。
つまり発症する原因は、血管内側にコレステロールなどが付着することで血管が狭く硬くなつて血液の流れが悪くなる動脈硬化といえるのです。
ただし、血管や神経の位置には個人差があって、それに加えて加齢・遺伝・高血圧・環境の変化など様々な要因が重なって初めて発症します。
ちなみに、血管が神経に接触・圧迫して症状を引き起こす病気には、片側顔面けいれんというのもあるのです。

顔面神経痛の症状
顔面神経痛の主な症状は、突発的な痛みが神経が支配する領域に対応して生じることが特徴で、疼痛部位としては第2・第3枝領域の頻度が多いです。
また症状の持続時間は、数秒であることもあれば2分程度痛みが持続することもあって、一日のうちに何度も痛みが繰り返されることもあります。
それから痛みの性状は、鋭く激痛で針を刺されたように感じられることもありますし、焼けるような痛みと認識されることもあるのです。
痛みは歯磨きや化粧・洗面・ひげ剃りなど、日常生活の行動による顔への刺激で誘発されることもあります。
神経痛の痛みの度合いについては患者によって異なりますし、患者によっては歯の痛みと間違って認識することもあるのです。
その為に、神経痛を専門としない領域の歯科や口腔外科などの医院を受診されるケースもあります。
また神経痛によって多大なるストレスを感じる方もいますし、反復される痛みから日常生活の質が低下して、円滑な日常生活を送ることができなくなることもあるのです。

どのような改善方法があるのか?
症状の改善方法としては、薬物療法・神経ブロック療法・手術療法・ガンマナイフ療法などが挙げられます。
薬物療法では抗てんかん薬が代表的ですし、カルバマゼピンが第一選択薬になるのです。
また、内服薬で神経の痛みがコントロールできない場合については、痛みのもとになっている神経に対して、神経ブロックを実施して痛みを緩和することもあります。
それから、血管や腫瘍などが原因となって神経痛が惹起されている場合に関しては、手術により血管と神経の位置関係を改善させることで、神経への圧迫を軽減して痛みを緩和することが検討されるのです。
腫瘍が原因となる時には、原因となる腫瘍の摘出やガンマナイフによる腫瘍への対応なども検討されます。
先にも触れたように日常生活の質が著しく阻害されることが懸念される病態ですが、その一方で適切な改善策を実施することで痛みを緩和することが期待できる状態でもあるのです。
ですから、痛みの性状から顔面神経痛が疑われる場合には、専門の医療機関を早い段階で受診して適切な改善策を受けることがとても大切と言えます。

片側顔面けいれんと顔面神経痛の違いについて
片側顔面けいれんは、脳の中心部にある脳幹から出ている顔面神経が、脳の表面にある血管と接触して圧迫されることにより発症するので、顔面神経痛と同じ仕組みで起こると言えるのです。
また血管が顔面神経に接触する原因についても同じく、加齢に伴う動脈硬化で血管が蛇行するようになって、神経への圧迫が強くなると片側顔面けいれんを引き起こします。
しかし片側顔面けいれんと三叉神経痛には違いがあって、それは発症に関係する神経の種類がちがうということです。
顔面神経痛の発症に関係する三叉神経は、顔の感覚をつかさどる神経であって、片側顔面けいれん発症に関係する顔面神経は顔の表情筋を動かす神経になります。
つまり、三叉神経と顔面神経は近い位置に存在しているのですが、それぞれ担っている役割が違うのです。
また顔面のけいれんは突発的なもので、ストレスや疲労との因果関係を示す医学的なデータはありませんが、精神的に緊張したりストレスを感じたりするような場面で多く起こります。
例えば、人前に出た時にや接客業でお客さんと向き合う時などに急に発生することが多いようで、ストレスや疲労により血圧が上昇して神経への接触圧迫が強くなるからと考えられているのです。
この点も異なる点と考えられるので、こうした違いを知っておくことも必要と言えます。

いわき市泉町 顔面神経痛なら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME