いわき市泉町 五十肩「あいみ整体院」

いわき市泉町 五十肩「あいみ整体院」

肩の痛みを引き起こすことで知られる五十肩

肩関節の老化に伴う炎症が主原因
肩関節の運動痛と夜間痛のことを俗に五十肩といって、50歳代を中心とする40~60歳代の方に多くみられます。
正式には肩関節周囲炎という病名で、骨・軟骨・靭帯・腱など肩関節を構成する組織が老化により炎症を起こして、肩関節の関節包が狭小した結果、痛みや肩関節の可動制限が生じるのです。
発症すると日常生活に支障が起こるほどの強い症状が現れることがありますが、運動療法や痛み止めなどの保存的な処置で改善できます。
ただ進行すると肩関節の動きが悪くなって、肩関節拘縮や凍結肩といわれる状態になることもあるのです。
肩関節の骨格は、肩甲骨・腕の骨がある上腕骨・鎖骨で構成されていて、その周辺を筋肉が支えており、このようにいくつかの関節が組み合わさって様々な動きを可能にしています。
特に肩甲上腕関節は肩や腕の動きの中心となる関節で、肩のかみ合わせが浅いために、肩甲骨から上腕の上端部にかけて強靭な小円筋・棘下筋・棘上筋などの筋肉群で支えられているのです。
その為に、これらの筋肉群には大きな動きに伴う負担が繰り返しかかって、肩関節の老化が進行すると筋肉が少しずつ硬くなっていきます。
こうした老化と酷使の影響は、筋肉と骨の結合部分となる腱に集中して現われて、腱の組織が疲労して脆くなり少しの力が加わるだけでも炎症を引き起こすのです。
その為に五十肩の原因となる症状は、最も大きな動きが集中する肩甲骨と上腕をつなぐ肩甲上腕関節と肩峰下関節に多く見られます。
また、組織の老化が始まることにより筋肉疲労がなかなか解消されずに蓄積されて、肩こりと同様に血行が悪くなって、充分な酸素と栄養が各部位に行き届かなくなり栄養失調に陥るのです。
このように肩関節の老化に伴う炎症が主原因と言えますし、さらに肩こりのサイクルに似たプロセスも加わって激痛などの五十肩特有の症状を起こすと言えます。

どのような対処方法があるのか
五十肩は自然に改善されるともいわれますが、初期段階で適切な処置をしないと症状を長引かせたり、悪化させることにもなるのです。
様々な対処方法ががありますが、基本としては運動療法で症状によっては温熱療法や薬を用いていきます。
運動療法として最も知られている運動のひとつが、2㎏程度を目安にしたダンベルを使用するダンベル体操で、ダンベルの変わりにアイロンを使用するのも可能です。
肩があまり動かずに痛みがある人でもできますし、肩の状態が改善されてきたら壁押し運動をプラスします。
この運動は肩と肘の関節を柔軟にして血行促進効果もあって、壁を利用して腕を上げていく運動も効果的で、徐々に高く上げられるようになり続ける励みにもなるのです。
患部を温めて血行をよくすることにより痛みを和らげるのが温熱療法で、病院ではホットパックや超音波・超短波を用いた機器で肩を温めます。
家庭なら蒸しタオル・温湿布・入浴などでも良いですし、スカーフやストールなどを肩に掛けて冷やさないように工夫するのも大切です。
湿布薬ですが、急性期で痛みが激しい時は炎症を抑え熱感を解消するために冷湿布を使いますが、いつまでも続けると筋肉が硬くなってしまうため、痛みが軽くなったら温湿布に切り替えます。
ただ温湿布を貼り続けると皮膚がかぶれることがあるので、そのような時には貼りっぱなしにしないで、貼る位置を少しずつずらすと良いです。
また温湿布に含まれているトウガラシの成分は刺激が強いので、チクチクした感じやかゆみがある時にはすぐにはがすなど皮膚の弱い人は気をつけましょう。

五十肩の場合に心がけたい生活習慣
普段から適度な肩の運動を習慣にしたり、肩の保温に注意したりすることを心がけることが大切です。
また五十肩は突然発症するのではなくて、肩に違和感やしびれ感があるなどの前兆がみられるので、これを見逃さずに肩関節を適度に動かしたり、温めたりすることで症状の進行を抑えることができます。
具体的には、日頃から肩の保温サポーターなどを上手に利用して肩の保温に気をつけると共に、肩を動かす時はゆっくりと重い荷物の持ち運びはできるだけ少なくすることです。
急激に肩の痛みが起きた時や肩の痛みがある時には安静にして、熱いお湯に浸したタオルを絞り、肩の上にのせて肩関節を温めるのが大変効果的ですし、市販の湿布薬を肩関節に貼ることも効果的になります。
また、ぬるめのお風呂にゆっくりつかったり、シャワーをかけたりすることも手軽な方法です。
それから、肩関節は動かせる範囲まで動かすように努めることが大切で、簡単な体操で肩の動きを良くすることができます。
ただし痛くない範囲で行うことが重要で、無理をすることは禁物です。
五十肩は、肩の痛みを引き起こす病気として最もよく知られていますが、症状が類似している腱板断裂という可能性もあります。
腱板断裂は、放置していると断裂が大きくなり症状が悪化して日常生活に支障をきたすおそれがあるので、安易に五十肩と自己診断せずに病院を受診することも大事です。

いわき市泉町 五十肩なら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME