いわき市泉町 あごの痛み「あいみ整体院」

いわき市泉町 あごの痛み「あいみ整体院」

あごの痛みを安易に放置していると

日常生活から考えられる要因
あごの痛みは、あごに対する過度の負荷が要因となって発生するものや、顔の神経障害で起こるものなどがあります。
ただ軽い違和感だけと考えて安易に放置していると、痛みが強くなって食べることなど日常生活もままならなくなる場合があるので注意が必要です。
日常生活から考えられるあごの痛みを引き起こす要因としては、歯の噛み合わせが悪いことで起こるあごの歪みがあります。
歯の噛み合わせが悪かったり、入れ歯や差し歯が適切でなかったりする状態が習慣化することであごが歪むことがあるのです。
その歪みにより日常的にあごの筋肉に負担がかかると痛みを引き起こしやすくなります。
自分の体重ほどの負荷がかかるといわれている歯の食いしばりや歯ぎしりによるあごへの負担も要因の一つで、負荷を受けたあごは徐々に関節が歪んで痛みの要因になるのです。
食習慣によるあごへの負担も影響していて、特に近年は軟らかい食品を多く食べていたことからあごが弱くなって、噛むなどの日常の動作でも痛みを感じる人も増えています。
また、常に片側だけで噛む癖があることで、あごが受ける負担が左右で違うことにより、あごに歪みが生じて痛みを引き起こすこともあるのです。

あごの痛みを引き起こす主な疾患
あごの痛みが伴う代表的な疾患として知られているのが顎関節症ですが、そのほかにも様々な疾患があります。
顎関節症は、噛み合わせが悪かったり食べ物を片側の歯だけで噛む習慣あることや、歯ぎしりや頬杖をつくくせがあるなど、あごに対して負担をかける要因が重なり合うことにより発症するのです。
またストレスなどによりあごの筋肉が緊張している人にも起こりやすいと考えられていて、症状が進行すると大きく口を開けられずに、無理に開けようとすると痛みが起こることになります。
それから、注意してあげたいのが子供のが顎関節症で、近年12歳前後の患者が増加傾向にあるといわれているのです。
その主な原因として、軟らかい食品中心の食生活によりあごがきゃしゃな子が増えていることが考えられます。
もう一つの原因として挙げられのがストレスの増加で、受験や人間関係など現代の子供の多くは様々なストレスを抱えているのです。
その為、無意識のうちに歯を食いしばることが多くて、顎関節症を引き起こすのではないかと考えられています。
顔のこめかみから目・あご・頬と3本に分かれた三叉神経が支配する領域で起こる痛みが三叉神経痛で、この疾患もあごの痛みを引き起こすのです。
脳に流れる血管がこめかみ付近で神経に触れたり、神経を圧迫したりすることによって、突然ピリピリとした痛みがあらわれます。
体の中に潜伏していた水ぼうそうのウイルスが再活性化して起こる帯状疱疹は、こめかみ・ひたい・頬・上あごや下あごに発症することがあるのです。
お年寄りや疲れが溜まっている人など体の免疫力が低下している時に起こりやすくて、赤い小さな水ぶくれが体の片側に帯のように現れて激しい痛みをともないます。
舌咽神経痛は、のどの奥にある舌咽神経の異常で発作的な痛みが起こる疾患で、強い痛みや電気が走るような鋭い痛みが、のど・舌・耳の奥に瞬間的にあらわれるのです。
のどの奥深くで痛みが起こることによって、あごの関節が痛いと感じる人もいます。

日常生活で可能な予防法と対処法
あごの痛みの日常生活で可能な予防法としては、あごの歪みや噛み合わせを検査するというのがあります。
あごの歪みや噛み合わせの異常は、歯の痛みだけではなくはなくて虫歯や歯周病の原因にもなるので、日頃から噛み合わせが悪いなど違和感がある人は、早い段階で一度歯科を受診することが大切です。
長時間のデスクワークや緊張が継続すると、歯を無意識に食いしばっていることも少なくないので、時々あいうえおの形で口を大きく動かしたり、軽く伸びをして体の緊張を解きほぐすと良いでしょう。
また頬杖をついたり、うつぶせで寝たりするなどは、あごに負担をかけることになるので注意することです。
軟らかい食品ばかり食べるとあごの筋肉が退化すので、軟らかい食品ばかりを食べることは避けて、軟らかい食品と硬い食品とをバランス良く食べることも大切になります。
それから、噛む時には片側だけで食べるのではなく両側の奥歯を交互に使って、良く噛んで食べるように心がけることも大事です。
あごに強い痛みが起こって、あごを動かさなくてもズキズキするような時の可能な対処法としては、冷湿布や冷やしたタオルであごを10分ほど冷やすと痛みが緩和されます。
また急激な痛みが治まって、あごを動かした時だけ痛みを感じる場合には、あごを蒸しタオルなどで覆うように温めると痛みがやわらぐ効果があるのです。
それから、何となくあごがだるい時や軽い痛みがある場合には、2~3本の指で痛む部分を優しく押したり、ゆっくりと円を描くように揉んだりするとあごの血行が良くなってだるさや痛みが軽減します。
ただし、あごの異常が一週間以上継続する時には、歯科や整形外科で診察を受けることも必要です。

いわき市泉町 あごの痛みなら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME