いわき市泉町 慢性頭痛

いわき市泉町 慢性頭痛

慢性頭痛に悩まされている人が多い?

日本人に多い頭痛
日本人の約3人に1人が慢性頭痛に悩まされていると言われていて、日本には頭痛もちがとても多くいると考えられます。
日頃から悩まされている頭痛は、脳の一過性の異常により起こる一次性頭痛と、クモ膜下出血など脳や体に原因となる異常があって引き起こされる二次性頭痛の2つに大きく分類されているのです。
また一次性頭痛は、痛み方・痛む場所・頭痛のきっかけ・頭痛以外の症状などから、片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・その他の一次性頭痛の4タイプに分けられます。
この4タイプの一次性頭痛をまとめて慢性頭痛といって、その中でも最も患者数が多いのが緊張型頭痛で、15歳以上の日本人の約22%を占めているのです。
次に約8%の片頭痛、そして珍しいものとして群発頭痛があって、片頭痛と群発頭痛を比較すると片頭痛の方が約100倍患者数が多いと言われています。
また片頭痛は、男性より女性に多くて20~40歳代での発症が多くみられるのです。
慢性頭痛は命にかかわるものではありませんが、それぞれの頭痛で痛みの起き方や引き起こす誘因、対処方法などが違うので注意が必要になります。
逆に二次性頭痛の中には、放置していると命の危険に関わるものもあるので、頭痛の状態や頭痛以外の症状からどちらなのかを見分けることがとても重要です。
命にかかわる二次性頭痛は、突然の強烈な痛み、徐々に増強する痛み、手足の麻痺や言葉のもつれ、発熱などを伴う特徴があります。
主に、クモ膜下出血・脳出血・脳腫瘍・髄膜炎・脳炎・慢性硬膜下血腫などの疾患によるものが多いので、今まで経験のない頭痛が起きた時には救急車で脳神経外科を受診することです。

緊張型頭痛の特徴と対処法
緊張型頭痛は、片頭痛に比べて痛みの程度は軽くて、頭全体が重くなってグーッと締めつけられるような圧迫される痛みが特徴です。
筋肉のこりから生じる緊張型頭痛は、長時間前かがみの姿勢でデスクワークを続けたり、長時間パソコン画面を見続けたりする人などに多くみられます。
また、合わない眼鏡をかけているとか、その他の目の疲れにより起きることもあるのです。
一方心からくる緊張型頭痛は、職場における人間関係や家族問題などといった精神的なストレスに弱い人に多くて、漠然とした頭の鈍重感に始まり1日中つづく傾向があります。
いずれのタイプも対処法としては、体と心の緊張を解消するのが第一になるなので、初めから薬を飲むのではなくて、ストレッチ・体操・マッサージ・外の空気を吸うなど気分転換を図ることです。
それから、ゆっくり入浴することも心身とものリラックスに役立ちます。

片頭痛の特徴と対処法
片頭痛は男性の3.6倍も女性の方が多くて、特に30歳代女性の約20%は片頭痛に悩まされていると言われているのです。
頭の片側(場合によっては両側)にズキンズキンといった拍動性の痛みが起こるといった症状が特徴としてあります。
その痛みの原因は、神経原性炎症を血管の周囲が起こしたり、血管が異常に拡張したりするためと考えられているのです。
月に1、2回程度の発生頻度で、痛みは数時間から長い時には3日間ほど続いて、吐き気を伴って光をまぶしく感じたり、音に敏感になったりします。
患者の中には、生あくびが出たり、空腹感やイライラ感が起こったりと、前もって頭痛が来るのがわかるという前兆が見られる人もいるのです。
また、目の前にキラキラした光が出現して視野がぼやける閃輝暗点という症状が前兆として現れたり、手足が麻痺したりすることもあります。
対処法としては、まず自分の片頭痛を起こす誘因を理解しておくことで、一般的な誘因としてはワインやチーズ、寝過ぎなどいろいろと考えられるのです。
車や人の流れ、騒音、まぶしさなどが誘因になる方もいて、予防するにはこれらの誘因を避けることが一番と言えます。
頭痛が起きた時には、できるだけ安静にすることなので、暗い部屋に横たわり眠ってしまうことがベストですが、痛みをやわらげる方法は人それぞれなので、自分で楽になる方法を見つけることです。
それから、前兆があった時には早めに薬を飲むことも予防につながります。

群発頭痛の特徴と対処法
まとまって毎年決まった時期に起こるのが群発頭痛で、痛みの王様と言われるほどの激しい痛みが起こるのが特徴です。
片方の目の奥にえぐるような激痛が発生して、数十分から3時間程度継続します。
また痛い方の目から涙が出たり充血したり、鼻水も出ることがあって、こうした症状が毎日のように1日に3~4回程度出現して、これが約1~2ヶ月間程度続くのです。
患者の7~8割が男性で、過度に頭の血管が拡張することが要因とみられたり、生理的なリズムを刻む体内時計の不調が要因と見られたりしていますが、実際は詳しくはわかっていません。
群発期には、お酒を少量飲んでも発作が起きるので期間中は控えることが大事ですし、決まった時間に起こる時は血管収縮薬を事前に飲むことです。

いわき市泉町 慢性頭痛なら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME