いわき市泉町 胸郭出口症候群

いわき市泉町 胸郭出口症候群

胸郭出口症候群はなで肩の若い女性に多い症状

・胸郭出口症候群の概略
上腕や肩の運動・感覚に深く関係する神経・動脈が障害を受けることで、腕の痛みやしびれ、肩こり、手の冷感などの頚から腕・手に様々な症状を自覚する疾患です。
肩こりとして自覚されることもありますが、腕を上げた時やパソコンを長時間使う動作などで症状が悪化します。
20歳から30歳ぐらいのなで肩の女性に多くみられますが、筋肉を鍛えた男性に発症することもあるのです。
ただ強い自覚症状が現れるのにも関わらず周囲から理解されにくいため、当事者が困惑することも少なくない病気のひとつと言われています。
症状が起こることには日常生活に関連した動作が関与していると考えられるので、健康的な規則正しい生活スタイルを確立することが重要です。

・どのような原因で
頚部には、食道・気管・神経・血管・筋肉など数多くの組織が密集していて、腕を司る神経(腕神経叢)や血管(鎖骨下動脈)は、胸郭出口を通って首から腕に向かって走っています。
この神経や血管は、斜角筋(前斜角筋・中斜角筋)や小胸筋などの筋肉に挟まれながら胸郭出口の狭い空間に存在しているのです。
こうした部分で神経や動脈が圧迫されることで、腕がしびれたり手の血流が悪くなって冷たくなったりすることがあります。
胸郭出口の狭窄部位としては、斜角筋と呼ばれる首の筋肉で構成される部分、鎖骨と肋骨の間、胸の筋肉である小胸筋と肩甲骨との間に構成される部分の3ヶ所があるのです。
その障害される部位で、斜角筋症候群・肋鎖症候群・過外転症候群に分類されて、これらを総称して胸郭出口症候群といいます。
このように神経や血管が圧迫を受けて起こる胸郭出口症候群なのですが、その中には先天的な肋骨の遺残物(頚肋)が原因になり発症することもあるのです。
この頚肋が存在することで、腕神経叢や鎖骨下動脈が圧迫の影響をより一層受けやすい状況になるため発症します。
それから、長時間の悪い姿勢や睡眠不足、ストレスなどが重なることで発症しやすくなるとも言われていますし、なで肩であることや重いものを持つ習慣も発症に関連しているので注意が必要です。

・胸郭出口症候群の分類
前斜角筋と中斜角筋の間の神経が圧迫されるのが斜角筋症候群で、手の薬指や小指に知覚異常・痛みが起こりますし、握力も弱くなってしまいます。
30代のなで肩の女性に多くみられる病気で、長時間肩を下げていると症状が悪化するのです。
原因としては、元々狭い前斜角筋と中斜角筋の隙間が頚肋で圧迫されることですが、疲労や悪い姿勢、筋肉の肥大や痙攀などが関係して圧迫することもあります。
血管や神経が鎖骨と肋骨の隙間で圧迫された時に起こるのが肋鎖症候群で、指先に軽い知覚障害とチアノーゼが起こるのです。
疲労・姿勢などの変化により肩が下がると発病しやすいと言われています。
小胸筋の下や第1肋骨と鎖骨の間で神経や血管が圧迫されて起こるのが過外転症候群で、指先に血行障害や知覚障害が発生するのです。
バンザイをするように腕を上げると圧迫が強まるため、腕を頭より上げた状態を継続する時などに発病しやすいと言われています。
五十肩や頚椎椎間板ヘルニアなど様々な病態でも同じような症状がみられるので、発症状況や痛みの状態などから、どこに問題があるかを絞り込み処置をすることが重要です。

・どのような症状?
胸郭出口症候群は肩こりとして自覚されることがありますが、腕や手に分布する神経や血管が圧迫されるため、しびれ・ちくちくする感覚・刺すような痛みなどの神経症状が、首・肩・腕に見られます。
さらに手先や体幹に神経症状がみられることもあって、神経障害が続くと筋力の低下も起こって、それに随伴して運動機能についても影響がでるのです。
具体的には、手の握力の低下や指先が不器用になる巧緻性の低下などがあります。
血管の症状としては、血行の悪化により肌が白くなったり、青紫色になったりしますし、血行障害により痛みや感覚障害などが誘発されることもあるのです。

・どのような対処法があるのか?
胸郭出口症候群の対処方法としては発症予防と保存療法が中心で、姿勢の悪さなどが誘発することがあるため良好な姿勢を保つようにしますし、場合によっては装具を用いることもあります。
また、重たい物を持ち上げることも誘発する要因になるので、できる限り重いものを持たないようにすることも大事です。
それから、睡眠不足やストレスなどについても誘発する関連性が指摘されているので、規則正しい生活スタイルを確立することが大切と言われています。
このような予防策と共に、症状が起こっている時には消炎鎮痛剤などの薬を使用することもありますし、肩周辺の筋肉のストレッチやトレーニングも対処法として有効です。
ただし神経や血管に対しての物理的な圧迫が強いケースでは、筋肉の腱を切除したり肋骨の一部を切除したりして物理的な空間を広げるといった手術療法を選択することもあります。

いわき市泉町 胸郭出口症候群なら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME