いわき市泉町 腱鞘炎

いわき市泉町 腱鞘炎

腱鞘炎になりにくいような日常生活における工夫

・なぜ症状が発生するのか?
腱鞘炎とは、骨と筋肉をつないでいる腱を包んで、滑らかに腱が動くよう支えるような働きをする腱鞘と、腱がこすれ合って炎症を発生する病気です。
近年スマートフォンの普及に伴い長時間利用することなどで指を酷使して起こるドケルバン病と呼ばれる腱鞘炎や、指の曲げ伸ばしの時に引っ掛かるばね指といった症状が増加しています。
また腱鞘炎が発生しやすい人は、指の使い過ぎで腱鞘炎が起こることから、パソコンのキーボード・マウスなどで反復的な操作をしたり、スマホを長時間操作したりする人と考えられるのです。
指を多く使うピアノなどの楽器を演奏する人、グリップやボールなどを握ることが多いスポーツをする人なども起こりやすいと言えます。
それから、女性ホルモンの分泌に関連するとも考えられていることから、更年期の女性や妊産婦も起こりやすい人と考えられるのです。
ちなみにドケルバン病とは、親指を伸ばしたり広げたりする働きがある腱が、それを包んでいる腱鞘とこすれて炎症を起こして発症する腱鞘炎になります。
手の甲に腫れや痛みが起こって、親指を曲げたり広げたりすると手首が痛むのが主な症状です。
ばね指とは、指の曲げ伸ばしをする腱と、腱の浮き上がりを押さえる靭帯性腱鞘の間で炎症が起こって発症する腱鞘炎になります。
手のひら側の親指・人差し指や、中指の付け根などが痛むことがあって、指の曲げ伸ばしの時にバネ現象という症状がみられることからこの名称で呼ばれているのです。

・発症したらどうする?
指の付け根や手首などに痛みを感じたり、曲げ伸ばしに不便を感じたりするなど腱鞘炎の症状が見られても、軽ければ様子をしばらく見たいと考える人も多いです。
そこで、市販薬を使用したセルフケアをする時のポイント・市販薬の成分の違い・特徴について知っておくと参考として役立ちます。
また、どのような時に医療機関を受診したらいいのか、その場合には何科を受診したら良いのかも知っておくと役立つのです。
持病がなくて痛みや腫れが強くない時には、市販薬などを用いたセルフケアで様子をみてみましょう。
薬の役割は痛みや腫れなどの症状を緩和することですから、痛みを増強するプロスタグランジンの発生を抑えて、痛みや熱を和らげる外用鎮痛消炎薬を用います。
非ステロイド性抗炎症薬は内服薬もありますが、外用薬なら炎症を起こしている部分に皮膚から直接浸透して効果を発揮するのです。
薬の選び方は部位や症状に合わせて選ぶ必要があるので、薬局やドラックストアなどの店頭で、どこがどのように痛むのかを伝えて痛む部位や症状に適した薬を選択しましょう。
ちなみに外用鎮痛消炎薬には湿布剤やテープ剤など貼るタイプと、ローション剤・クリーム剤・ゲル剤など塗タイプがあるのです。
湿布剤は水分を多く含み冷感を与えるため熱感を伴う症状におすすめで、テープ剤は薄く伸縮性に優れているので関節など可動部位に使用することをおすすめします。
湿布やテープ剤が貼りにくい部位には、ローション剤・クリーム剤・ゲル剤の使用がおすすめです。
ただ、皮膚が敏感な人はかぶれやすいことがあるので、使用する際には注意が必要となります。
また妊娠中の方・子供・ぜんそくを起こしたことがある人は、消炎・鎮痛成分の中には使用に関して注意が必要な成分があるので、購入する際には薬剤師に相談すると良いです。

・医療機関の受診をおすすめするケース
2週間以上痛みが継続している、広範囲に痛みが広がっている、痛み・腫れ・熱っぽさが強い、関節の変形がある、何度か痙攣するような痛みが発生する場合は医療機関の受診をおすすめします。
また、痛みが曲げ伸ばしをしなくても強い、突然スポーツなどをしている時に痛くなった、下痢や脈の乱れなどがある、リウマチなどの持病がある、5~6日程度市販薬を使用しても改善しないときも受診が必要です。
腱鞘炎は基本整形外科受診するのがベストで、湿布などの外用鎮痛消炎薬、ギプス固定、使い過ぎを防ぎ安静を保つなど保存療法が中心に行われます。
また炎症を抑えるステロイド注射を行うこともありますが、こうした保存療法を続けても改善しなかったり、再発したりするケースでは手術が選択されることもあるのです。

・発生を予防するには?
腱鞘炎を予防するには手や指を酷使しないことが大切ですが、育児や仕事などでどうしても使う必要があるため、発症しにくい日常生活での工夫が大事です。
手指を動かす腱と腱鞘に過度な負担をかけることが原因で起こるので、パソコンやスマホ操作では休憩をはさんで長時間の継続的な使用はなるべく避けましょう。
また手首の負担を軽減するクッションや手首を固定するサポーターなどのグッズを活用すると良いですし、一部分に負担が偏る動作を続けない工夫もおすすめです。
産後の女性は、赤ちゃんのお世話で休まず手指を酷使するので、家族と分担したり負担のかかりにくい抱っこ姿勢などを心がけたりすると良いでしょう。
スポーツでは手指に過度な負担がかからないよう正しいフォームを心がけることです。

いわき市泉町 腱鞘炎なら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME