いわき市泉町 手の痛み しびれ

いわき市泉町 手の痛み しびれ

手の痛みやしびれなどの症状をきたす手根管症候群

・手指の痛みとしびれ
ピリピリ、チクチク、ズキズキ、ジンジンなど、手の痛みとしびれを表現する言葉は実にたくさんあります。
また、それと共に手の痛みやしびれの原因となる疾患も数多く存在しているのです。
手の痛みやしびれがある場合には、手から頭(脳)までの神経回路で神経が圧迫されているかを医療機関ではまず調べます。
神経は頭から頸椎の中、さらに鎖骨の下を通って、腕・肘・手首・指先へとつながっていて、特に圧迫されやすい箇所がいくつかあるのです。
1つ目は頸椎周辺で、変形性頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアで骨が変形したり、軟骨が出っ張ったりすると、それにより神経が圧迫されて手がしびれることがあります。
2つ目は鎖骨の下で神経が圧迫されるケースで、なで肩の女性に起こりやすいといわれる胸郭出口症候群があるのです。
手や腕に行く神経や血管は、首から手の間の肩で肋骨のうちの一番上にある第一肋骨と鎖骨との間にある隙間を通ります。
この隙間が胸郭出口でなで肩や肩の下がっている人は、この隙間が狭くなっているために神経や血管が圧迫されて、結果として手の痛みやしびれ、肩こりなどを引き起こしてしまうのです。
3つ目は肘の内側で神経が圧迫される肘部管症候群で、手のしびれがみられて特に小指のしびれや痛みが起こります。
また、筋肉が萎縮したり筋力が落ちたりするといった症状が見られるのです。
4つ目は手首の靱帯で神経が圧迫されて起きる手根管症候群で、ケガやパソコンなどによる手の使いすぎにより起こりやすいと言われています。
また、女性ホルモンのバランスが変化する出産前後や更年期などにもかかりやすくなるのです。
この他にも手の痛みやしびれを感じる場合で注意が必要なのは、脳梗塞などの中枢性の病気が隠れているケースで、舌がもつれる・ロレツが回らない時は至急病院に行きましょう。

・手根管症候群とは?
指先の感覚や手の運動に重要な役割をしている正中神経が障害されることで、手の痛みやしびれなどの症状をきたす病気が手根管症候群です。
手首の安静が対処の一環になるため生活スタイルの変更が重要になりますが、場合によっては手術も選択されます。
手首の骨と靭帯に囲まれた手根管というトンネルが手のひらの付け根にあって、このトンネルの中を複数の腱や正中神経などが通っているのです。
この正中神経は親指から薬指の親指側にかけての感覚、親指の動きなどを司る神経で、手根管症候群の主な原因はこの正中神経が圧迫されることになります。
正中神経が圧迫される要因として考えられるのは、繰り返し手首の曲げ伸ばしをするなど、手首に負担のかかるような動作をすることです。
その結果、手根管の中を通っている腱を覆う膜などが炎症を発生して腫れることがあり正中神経が圧迫されます。
また手首の運動が関連しないで手根管が狭くなり発症することもあって、例えば人工透析を長期間受けていると体内にアミロイドと呼ばれる物質が蓄積して、手根管に沈着すると正中神経が圧迫されるのです。
関節リウマチなどの炎症性疾患により、腫れた滑膜で正中神経が圧迫されることもありますし、糖尿病などにより手根管が狭くなくても正中神経が障害を受けることで発症することもあります。
その他、妊娠や甲状腺疾患なども原因として考えられるのです。

・主な症状と対処法
正中神経が司っている小指以外の指先にジンジンするようなしびれを感じるのが手根管症候群の主な症状で、特に中指の先にしびれが現れます。
また就寝中に手根管の内側で腱の膜にむくみが発生して、明け方に痛みが起こるといった特徴があるのです。
それから正中神経は筋肉を動かす命令も担っているために、手根管症候群が進行することで物を掴んだり、つまんだりするような親指とほかの指を向かい合わせにする対立運動が難しくなってしまいます。
この対立運動自体は小さな運動になりますが、ボタンをかける、お札を掴むなど日常動作で必要になる動作ですから、障害を受けることは日常生活における大きな弊害になってしまうのです。
手根管症候群に対しては保存的な処置と手術があって、手首に対する運動負荷が原因になることが多いことから、保存的な処置としては装具による手首の固定が基本になります。
また、手の甲の側に反る自転車のハンドルを握るような手首を返す姿勢を長時間継続していると神経が圧迫されるので、こうした症状を悪化させるような動作を避けることも大切です。
軽症のうちならこのような保存的な対処によって炎症が治まる可能性がありますが、1~2ヶ月のうちに改善がみられない時には、次のステップに進む必要があります。
次のステップは、手根管のなかにステロイド薬を直接注射する薬物療法で、多くのケースで1回~数回のステロイド注射と手首の安静で症状が治まるのです。
しかし、再発を繰り返す場合や症状が続き進行している場合については、内視鏡を用いた鏡視下手根管開放術や小さく切開して行なう直視下手根管開放術などの手術が検討されます。

いわき市泉町 手の痛み しびれなら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME