いわき市泉町 肘部管症候群

いわき市泉町 肘部管症候群

肘を酷使してきた人に起こりやすい肘部管症候群

・肘部管症候群とは?
肘の内側にある筋肉や骨に囲まれた靭帯の中の肘部管という空間を、肘にある尺骨神経と呼ばれる太い神経が通っています。
この尺骨神経というのは小指と薬指の指先まで伸びていて、小指と薬指の小指側の感覚を司とっているのです。
肘部管症候群は、何らかの影響により肘が変形するなどして、尺骨神経が肘部管の内部で圧迫されることにより、小指と薬指がしびれたり感覚が鈍くなったりする症状と言えます。
何の対処もしないでそのまま放置していると、指の感覚がほとんどなくなり指先に力が入らなくなっていくのです。

・肘部管症候群の原因は?
肘部管という空間は狭くゆとりがないために、慢性的な圧迫や引き延ばしが加わると簡単に神経麻痺が発生します。
圧迫の要因として考えられることは、トンネルを構成する骨が肘を酷使し続けることにより、肘の骨に骨棘や出っ張りができることです。
また、靭帯の肥厚やトンネル内外にできたガングリオン嚢腫、肘周辺の筋肉が発達するなどがあって、これらの要因によって肘部管の中の尺骨神経が圧迫されます。
神経引き延ばしの要因としては、小児期の骨折によって生じた肘を伸展させると過剰に外側に反る変形の外反肘などがあるのです。
具体的には、手や腕を酷使する職業の人、テニス・野球・柔道などのスポーツ選手、子供の頃に肘を骨折したり、けがをしたことがあったりする人に多くみられるのです。
また、骨や関節は加齢によって変形しやすくなるので、加齢に伴い発症しやすくなるため中高年に多くみられます。

・発生する主な症状は?
尺骨神経が肘を曲げると伸ばされて尺骨神経への圧迫が強くなるために、肘部管症候群が起こっている人には、肘を曲げた姿勢を続けることでしびれが強くなるといった症状がみられるのです。
例えば、手で本を持って読んだり、頬杖をつく姿勢をしたりするなどで症状が出やすくなります。
また尺骨神経は、小指と薬指の小指側の感覚のほかに、手指の根元の筋肉の運動を司る神経にも関係していて、そのために尺骨神経が圧迫されると、手指をうまく動かせなくなっていくのです。
例えば、箸を使いにくくなったり、指を広げたり閉じたりしにくくなったりするなどといった症状もみられます。
それから、それに伴って手指の根元の筋肉がやせて、さらには手が全体的にやせて行くといった症状も見られるのです。
肘部管症候群は、何もしないでそのまま放置していると神経の傷みが進行するので、それによりやがては小指と薬指の小指側の感覚がほとんどなくなります。
また手指を使う細かい作業がとても難しくなって、日常生活にかなりの支障をきたすようになるのです。
通常、神経の回復は1日1mmとされているので、神経の障害が始まった肘から指先まではかなりの距離があるために回復には数年かかりますし、重度になってしまうと完全に治すことが困難になります。
ですから、症状を進行させないためにも、しびれなど何らかの異変に早く気づくことが大切ですし、もし小指と薬指の小指側がしびれるといった時には、できるだけ早めに整形外科を受診することが大事です。

・どのようにして治すのか?
肘部管症候群が初期段階で、しびれや痛みが軽症の場合には肘を安静にして、まずは消炎鎮痛薬の飲み薬などにより神経の炎症を抑えて、しびれを軽減するといった薬による対処が行われます。
またビタミンB12の飲み薬は、神経を回復させる可能性があるといわれているので、これも用いられることがあるのです。
ただ、これらの保存療法で症状が改善しない場合や重度の場合、また筋肉にやせ細りがある場合については早めの手術がすすめられます。
肘部管症候群を起こしている人は肘が変形していることが多くて、そのまま神経の圧迫が継続すると神経の傷みが進行してしまうため、手術により圧迫を取り除く必要があるのです。
最も多く実施されている手術の方法としては、尺骨神経の圧迫を取り除いたのちに尺骨神経を移動させる手術と言われています。
具体的には、肘部管を囲む靭帯を部分的に切開して、尺骨神経への圧迫を取り除いて、ゆとりをもたせるために尺骨神経を少し前方へ移動させて、肘を曲げても圧迫されないようにするのです。
また神経を圧迫するガングリオン嚢腫があれば切除することになりますが、大抵手術時間は約1~2時間程度と考えられています。
それから筋肉のやせ方が軽度の場合には、手術によってやせた筋肉や小指と薬指の小指側の感覚を治すことが可能です。
一方、筋肉がひどくやせた重度の場合では、手術しても傷んだ神経を完全に回復させることはできませんが、神経の傷みの進行や症状の悪化をくいとめることは可能と言えます。
いずれにしても肘部管症候群のある人は、神経の傷みを進行させないための日常生活での注意点として、肘を使う動作や肘を深く曲げ続けるような動作を極力減らす工夫をすることが大事です。
また、小指や薬指にしびれや痛みがあって、肘の内側のくるぶしの後ろを叩くとしびれや痛みが走る時には、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。

いわき市泉町 肘部管症候群なら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME