いわき市泉町 顔面神経麻痺

いわき市泉町 顔面神経麻痺

表情筋が動かなくなる顔面神経麻痺

・顔面神経麻痺というのは?
脳の顔面神経核に顔面神経の本体があって、そこから電線のような役割をする長い軸索という神経の枝を伸ばしています。
軸索は、小脳橋角部を通って側頭骨にある顔面神経管という細いトンネルを通り、耳たぶの奥の方にある茎乳突孔から側頭骨を出て顔面を動かす表情筋に分布しているのです。
この経路のどこかに障害が発生すると、表情筋を動かす信号が入ってこなくなって、表情筋が動かなくなります。
その結果として顔面が動かなくなり、この状態を顔面神経麻痺というのです。
ただ顔面神経麻痺とひと口に言っても、表情筋は約20個以上もあるため程度と範囲とにより様々な症状が見られます。
多く訴えられる症状としては、顔がまがった状態、眼が閉じにくい、口角が上がらない、水や食事が口から漏れるなどといったものです。
また顔面神経が通る顔面神経管には、鼓索神経やアブミ骨筋神経、涙や唾液の分泌を調節する神経などが含まれているので、味覚障害、涙や唾液の分泌低下、音が響く聴覚の障害など様々な症状が伴います。

・発症する原因は?
顔面神経麻痺の発症の仕方には大きく分けて3つあって、原因の特定により対処方法が決まるため、原因特定が大変と重要となるのです。
まず、朝起きたら顔が動かない、気がついたら顔がまがってきたというように、急に麻痺が生じる場合があります。
この中でも最も多いのがベル麻痺やハント症候群で、顔面神経管の中の顔面神経にウイルスが感染して生じる神経麻痺です。
次に、脳神経外科の手術、耳鼻咽喉科の手術、耳下腺腫瘍・癌などの摘出手術などで顔面神経が損傷された場合で、これにより手術後に神経麻痺が生じます。
また顔面神経が通っている側頭骨骨折や顔面の深い傷により、顔面神経が損傷された場合も神経麻痺が生じるばあいがあって、こうした外科手術やケガも麻痺が生じる原因になるのです。
3つ目はゆっくりと麻痺が生じる場合で、顔面神経に特殊な神経や血管の病気で、徐々に障害が生じた結果神経麻痺が生じます。
この他にも、胎児期の顔面神経の発生過程において、何らかの障害が生じた結果、生まれつき麻痺が認められる場合もあるのです。
片側の神経麻痺の場合には、第1第2鰓弓症候群という病気が合併することがありますし、両側の神経麻痺の場合にはメビウス症候群を合併することがあります。
その他にも100以上の生まれつきの原因が特定されていますが、原因が特定できない場合もあるのです。
それから顔面神経麻痺の症状以外にも、顔面の変形や口蓋裂などを伴うこともあるので、気になる場合は形成外科の受診をおすすめします。

・顔面神経麻痺のリハビリに関して
麻痺の発症後約一年経過すると慢性期と呼ばれるようになり、主な症状としては筋力低下・異常共同運動・顔面拘縮・顔面痙攣の4つが見られます。
理学的リハビリテーションでは、この4つの要素を意識して予防改善を行うのです。
まず後遺症としての機能異常を防ぐことを目的として、麻痺側の表情筋の筋力強化を図ります。
また神経の損傷部分が回復したとしても、その神経が再生して顔の表情を作る様々な筋肉の表情筋を再び動かせるようになるまでには時間が必要となるのです。
しかも回復期に再生した神経が間違った表情筋を支配すると、口まわりの運動を行うと目が閉じるなどといった不自然な動きをすることがあって、これを異常共同運動と呼びます。
この異常共同運動が重症化すると、笑うことや喋ること、食事をするなどの動作で、麻痺側の表情筋が一塊となりいつも収縮していることになって、こわばった状態になってしまいます。
しかし理学的リハビリテーションによって、口まわり・目まわり・額などそれぞれの表情筋の動きの練習を行うことで、筋力強化と共に異常共同運動の予防につながるのです。
ただ、理学的リハビリテーションやマッサージだけでは、完全な回復が望めないこともあって、その場合には症状に適した形成外科手術が選択されることになります。

・顔面神経麻痺の改善
医学領域における顔面神経麻痺の改善方法は原因疾患で異なりますが、大きく分けて急性期の改善方法と慢性期の改善方法とに分けられます。
また急性期の改善方法については、回復性顔面麻痺と非回復性顔面麻痺で異なるのです。
回復性の急性顔面神経麻痺の代表的なものとしては、ベル麻痺とハント麻痺があって、これらに対しては発症直後からの薬物療法が効果的と言われます。
一方、腫瘍摘出術後や外傷などにより、明らかに顔面神経の断裂・欠損がある場合の非回復性の麻痺は、できる限り早期に神経移植などを実施することにより、顔面の筋肉が再び動くようにするのです。
ただ1年以上経過して麻痺が残存している場合に対しては、表情筋が萎縮して回復しなくなっていると考えられます。
しかし麻痺が起こった部位により症状は異なりますし、手術方法も各症状によって適応が変わるので、医療機関でしっかりと相談することが大事です。

いわき市泉町 顔面神経麻痺なら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME