いわき市泉町 生理痛

いわき市泉町 生理痛

生理痛の辛さとその原因は?

・生理痛とは
月経期か月経前後の下腹部痛、または腰から尾てい骨の痛みで、日常生活に支障をきたすほどの生理中に起こる痛みを生理痛と言います。
腹痛や腰痛以外にも随伴症状として、悪心・嘔吐・貧血・頭痛・食欲不振などを伴うこともあるのです。
また、酷い時には激痛で吐き気が起こったり、ときには気絶したりすることもあります。
多少の痛みを感じる程度なら問題はありませんが、仕事や家事に支障をきたすほどの痛みを感じる場合には、医療機関で診察を受けることをおすすめします。
こうした生理痛の辛さを実感していても、その原因が何なのかを分かっていない人は意外と多いものです。
ではどのような場合に痛みが強くなるのかというと、ひとつは経血の通り道となる子宮頸管が狭いケースがあります。
狭いところから経血を押し出そうとすることで、子宮はより強く収縮してしまうため、結果として痛みも酷くなるわけです。
若い女性や出産経験のない女性の場合は、一般に子宮頸管が未熟で狭く硬いことが多いのため、どうしても痛みが強くなってしまいます。
もうひとつは、スムーズに経血を排出するために分泌されるプロスタグランジンが多いケースです。
この物質には、子宮の収縮を起こしたり、痛みや炎症を起こしたりする作用があって、多く合成される体質の人は経血を押し出す力が強くなり過ぎて痛みが酷くなってしまいます。
大人になって生理痛に悩まされる人は、このプロスタグランジンの過剰な分泌が原因と考えられるのです。
また体が冷えて血行が悪くなると、プロスタグランジンの分泌量が多くなって痛みが増すことになります。
それから、ストレス・疲労・睡眠不足・自律神経の乱れ・食生活の乱れなどによりホルモンバランスが崩れると、生理痛が起きやすくなりますし、その痛みの程度も大きく違ってくるのです。
痛みで日常生活に支障をきたすようなら、月経困難症の可能性があるので注意が必要になります。
また、生理不順や経血量の過多・過少が長期間継続する場合には、子宮筋腫や子宮内膜症などといった婦人病の疑いもあるので、早めに医療機関に相談することをおすすめします。

・日常生活に影響する月経困難症
生理痛のなかでも日常生活に支障をきたして病院での処置が必要になるものを月経困難症といって、器質性月経困難症と機能性月経困難症の2タイプに大きく分かれます。
機能性月経困難症というのは、子宮をはじめとする骨盤腔内臓器に痛みの原因となる器質的病変が認められない月経困難症のことです。
一般的に思春期から20代前半に多い生理痛で、子宮の収縮を促すプロスタグランジンの分泌量が多い、子宮や卵巣が未成熟、冷えやストレスなどが原因として考えられます。
器質性月経困難症は、子宮や卵巣に何らかの病気が隠れているもので、子宮内膜症・子宮腺筋症・子宮筋腫、・ラミジア感染などの病気が原因で起こる場合もあります。
原因として考えられる子宮内膜症とは、子宮腔の内側の壁を覆っている子宮内膜細胞が、本来以外の場所で増殖して生理のたびにその場所で出血を繰り返すものです。
生理のある女性なら誰でも発症する可能性があって、閉経まで進行し続ける可能性があります。
子宮にできる良性の腫瘍が子宮筋腫で、5人に1人の女性にあるといわれていますが、自覚症状のない人も多く閉経で改善するのです。
ただ症状があって不安な時には、婦人科を受診することをおすすめします。
子宮の内側の筋層内で子宮内膜が増殖することで、子宮内の壁が分厚くなり子宮全体が大きくなる子宮内膜症の類縁疾患が子宮腺筋症です。
重い月経痛や月経過多を伴うことがありますし、子宮筋腫との区別は難しいと言われています。

・日常でできる対策
生理痛を予防するためには毎日の生活を見直して見ることも大切で、特に冷えは生理痛の大敵になるため注意する必要があるのです。
対策としては体を温めることで、具体的には保温性の高い下着やカイロなどを用いて、お腹や腰まわりなどを温めるましょう。
また、温かめのお湯にゆっくりとつかる、素足にミニスカートといった服装は避ける、夏は強めの冷房に注意するなども大事です。
体が冷えると血行が悪くなって悪化させる原因になるので、冷えには注意しましょう。
月経前は骨盤内の血流がうっ滞しやすいので、改善するために軽く運動をすると良いです。
具体的には、月経の始まる1週間程度前からジョギング・ウォーキング・スイミングをすると良いですし、エアロビクスや簡単な全身の屈伸運動なども効果があります。
ストレスも原因のひとつなので、心をリラックスさせるリフレッシュ方法により日頃からストレスを溜めないようにすることです。
また生活のリズムの乱れは、生理を起こす女性ホルモンの分泌に影響するので、規則正しい生活を心掛けることも大切になります。
ストレス解消や規則正しい生活を心掛けることにより自律神経の乱れも改善されて、生理以外の様々なトラブルの改善にもつながるのです。

いわき市泉町 生理痛なら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

お申込み前にご確認をお願いいたします

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME