いわき市泉町 ぎっくり腰

いわき市泉町 ぎっくり腰

産後の悩みで多い腰痛とぎっくり腰

・ぎっくり腰とは?
多くの方は重いものを持ち上げようとして発症するイメージが強いぎっくり腰です。
しかし、自転車の鍵を開けようとした時、呼ばれて振り向く瞬間、起きようとした時など、些細な動作で発症します。
このように重い物を持ち上げた時や、ほんの少しの体位の変化により、突然腰に激痛が発生して動けなくなった状態を一般的にぎっくり腰と呼ばれているのです。
また、突然腰に激痛が走ることから西洋では魔女の一撃とも呼ばれていますが、正式な名称は急性腰痛症と言います。
発症してすぐに動けなくなることが多いのですが、痛みが発生してからしばらくは動けていたが、徐々に立つのも困難になるほど痛くなるというケースもあるのです。
ぎっくり腰を引き起こす原因としては、腰に過度な負担をかける作業を繰り返すというのが考えられます。
またデスクワーク・立ち仕事・長時間の運転など、同じ動作や同じ姿勢の繰り返しも原因になりますし、普段行わない動きを突然することも原因になるのです。
それから寝不足な状態で慣れない育児と家事を両立する産後のママの悩みで多いのが腰痛とぎっくり腰と言われています。
一度腰痛やぎっくり腰になってしまうと慢性化しやすくなかなか治りにくいので、産後のマママに役立つ腰のケアを知っておくと良いです。

・前傾姿勢を防止
前かがみの姿勢は、椎間板や椎間関節にずれを起こす原因になりますし、腰にかなりの負担をかけてしまうのです。
それは分かっていても、授乳時など赤ちゃんのお世話をする時には、どうしても前かがみになってしまいます。
そのような授乳時に役立つのが授乳クッションで、使用することでおっぱいとの距離が縮むため姿勢が悪くなりにくいです。
また赤ちゃんを支える力も軽減するので腰に対する負担が減少して、腰痛とぎっくり腰の予防につながります。
授乳クッションがない場合でも小さなクッションなどを代用することが可能なので、それらを活用して前傾姿勢の防止を心がけることです。

・筋肉を鍛える
腹筋や背筋など筋肉を鍛えることも大切ですが、筋肉を鍛えることでかえって腰に負担をかけてしまう場合もあります。
そこでおすすめの方法と言えるのが水中ウォーキングで、水中は陸上よりも浮力の関係により腰にかかる負担が約10分の1に減少できるのです。
その為、腰に負担をかけずに弱ったり固くなってしまった筋肉を鍛えることが可能で、泳げない人でも水中を歩くだけなら簡単にできます。
泳げる人はついつい泳いでしまうでしょうが、ある程度筋肉を鍛えるまでは歩くだけにすることがおすすめです。
特に平泳ぎやバタフライといった泳ぎは腰に負担がかかるので、腹筋・背筋がある程度鍛えられるまでは無理をしないようにしましょう。
歩くだけでは物足りないと感じる場合には、ママがサポートして赤ちゃんの水になれるためや泳ぎの基礎をスキンシップをとりながらながら行うベビースイミングを始めるのもひとつの方法です。
赤ちゃんを抱っこしながら水の中で歩くことが多いため、赤ちゃんと一緒に遊びながら腹筋・背筋が鍛えられます。
また赤ちゃんの気管支や肺などの呼吸器を鍛える効果もあるので、ベビースイミングは母子共に良いと言えるのです。

・骨盤を正しい位置に
腹筋と背筋のバランスが悪いことや、筋肉が衰えていることにより骨盤や背骨にずれが生じますし、骨盤がずれると腰痛やぎっくり腰を起こしやすいです。
その為、骨盤を正しい位置に戻すことが大切で、バランスボールなど身近な物でケアしましょう。
バランスボールを用いると簡単に腹筋や背筋を鍛えられますし、正しい位置に骨盤の位置を戻らせることができるのです。
まずは頭のてっぺんを何かでつるされているようなイメージでバランスボールの上に乗って、内蔵をお腹にしまうような感じで腹筋に力を入れて背筋を伸ばします。
そして下っ腹を出さないように骨盤を立てることを意識し、腰を前後左右にゆっくり動かすだけです。
こうすることで背骨をしっかり支えながら腹筋・背筋が鍛えられて、その結果骨盤のずれが治っていきます。
それから赤ちゃんが泣き止まない時に抱っこしてゆらゆらすると、バランスボールの揺れる感覚が心地よい揺れなのか不思議と泣き止むのです。
赤ちゃんを抱っこしながらバランスボールでケアをすると、赤ちゃんも泣き止んで骨盤矯正にもなるといった一石二鳥の方法になります。

・整体でチェックとケアを
産後の1ヶ月検診で何の問題もなく健康と言われたら、先に紹介したセルフケアを実行しながらプロの整体師さんに診てもらうこともおすすめです。
身体のどこが歪んでいるか、ずれているのかなどをしっかりチェックしてもらうと共に、その歪みやずれがどの程度のものなのか確認してもらいましょう。
今の状態を客観的にみてもらうことで、どのような対策をとれば良いかわかるのです。
これからも育児を楽しむためには早めのケアが大切なので、症状にあわせて整体師さんに施術してもらうことも必要とえます。

いわき市泉町 ぎっくり腰なら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

お申込み前にご確認をお願いいたします

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME