いわき市泉町 介護疲れによる体の痛み

いわき市泉町 介護疲れによる体の痛み

介護疲れによる体の痛みを我慢しない

・介護疲れの種類
介護では起床時の介助、移動時の介助、体位を変える介助、入浴の介助、食事の介助など、数多くの場面で介護者の身体に負担がかかるのです。
特に被介護者の介護度が高いほど負担が大きくなって、介護者の腕・腰・膝などに影響を与えます。
また介護度により日中だけではなくて、夜間も介助が必要になり就寝中も起きなければならないことがあるため、十分な睡眠が取れずに身体の疲れが蓄積するのです。
しかも介護は短期間だけではなくて、長期間毎日必要に応じて行わなくてはならないため、身体的負担という介護疲れによる体の痛みを引き起こしやすくなります。
介護では介護者と被介護者の関係だけではなくて、ケアマネジャーや介護スタッフなどとのやり取りする場面も多いものです。
相性が合わないと精神的な負担になって、さらに介護疲れを加速させることになってしまいます。
しかし介護者は、こうした面倒な人間関係の煩わしさを発散することもできなく、ひとりで抱えこむことも多くなり精神的負担は蓄積されていくばかりです。
ただ介護疲れとして考えられるものは、こうした身体的負担や精神的負担だけではなくて、経済的負担からくるもの、認知症介護の負担からくるものもあります。
介護保険の範囲内で利用できるサービスも多いですが、基本的に介護に必要な消耗品などは自己負担になるため介護者自身の生活も圧迫されてしまうこともあるのです。
また、認知症は進行するにつれて様々な症状を発症するため、認知症の症状に合わせて対応が必要ですし、一時も気が抜けないので大きな負担になります。
こうした経済的負担や認知症介護の負担も介護疲れの種類として考えられることも理解しておくと良いです。

・介護で起こる腰痛
介護疲れにはいくつかの種類がありますが、身体的負担や精神的負担は介護疲れによる体の痛みを引き起こす要因になります。
介護疲れによる体の痛みとして最も多いのが腰痛で、腰に問題を抱えてしまうと日常の動作が全て辛く感じてしまうので注意が必要です。
介護により腰痛が起こりやすいのは、介助の際に腰に負担がかかる動作が非常に多いからと考えられます。
要介護者にとって入浴は身体を清潔にすることは当然のこと、リラックスしたり血行を良くしたりと大切なことです。
しかし介護する側にとっては、全身を浴槽に浸からせる、体や髪の毛を洗うなど入浴介助全ての動作で腰に負担がかかります。
ベッドから車いすへ、車いすから便器へなど要介護者の身体を移して乗せる移乗介助は、介護において頻繁に起こる行動です。
簡単そうに見えますが想像以上に力がいりますし、この動作を1日に何度も繰り返すと介護者の腰への負担は相当なものになります。
トイレの介助は、車いすへ移乗、便器へ移乗、ズボンの上げおろし、陰部を拭くなど中腰での作業が続くため腰に負担がかかるのです。
また、おむつ交換も中腰の状態での作業になるため、介護者の腰に負担がかかる動作になります。
このように介護では、前かがみ・中腰・腰のひねりなど、腰に負担がかかる姿勢で作業することが多いですし、長時間同じ姿勢をとることが多いため腰への影響は強くなるのです。

・介護での腰痛を予防するには
同じ動作でも身体の使い方と意識の持ち方により、かかる負担は大きく変わるので、介護疲れによる体の痛みは仕方がないと諦めずに予防策をとることが大切です。
介護により起こる腰痛を予防するには、腰に負担がかからない姿勢を意識することで、腰を曲げるのではなくて落とすという感覚を心がけましょう。
腰から上半身を曲げるのではなくて身体の重心を低く落とすと安定感が出るので、ふらついたりバランスを崩したりすることも減少して作業がしやすくなるのです。
また移乗する場合には、持ち上げるのではなくてスライドさせるようにすると、重心の移動が比較的スムーズで力が安定しやすいので腰への負担が軽減されます。
介護をする環境を整えて介護者の負担を軽減する工夫をすることも大切です。
具体的には、介護者が作業しやすい高さにベッドを調整する、車いすのグリップを身長に合わせて調整する、部屋や通路のスペースを取れるようするなどがあります。
また足腰を冷やさないように快適な温度に保つ、照明を明るくなど作業しやすい環境作りも大切です。
腰に痛みや違和感がすでに出ている場合には、腰痛ベルトやコルセットなどの福祉用具を活用するのも良いでしょう。
ただ効果を得るために正しい使い方をすることや、頼り過ぎると筋力が衰える可能性があるので、使用する時を見極めなど注意点があるのです。
介護サポートにつながる移乗シートや、高さ・角度調整ができる介護用ベッド、電動リフトなどの福祉用具を活用するのも介護での腰痛を予防することにつながります。
介護保健を利用してレンタルしたり、購入したりすることもできるので、ケアマネジャーなど介護職員に相談して見ると良いです。
しかし予防しても酷い腰痛になったら、我慢して無理を続けるのではなくて、必要に応じて適切な処置を受けるようにしましょう。

いわき市泉町 介護疲れによる体の痛みなら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

お申込み前にご確認をお願いいたします

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME