いわき市泉町 月経困難症

いわき市泉町 月経困難症

整体による月経困難症への対処

・厄介な生理痛
女性の身体はデリケートで、特に生理中は生理周期に伴いホルモンの分泌量が変動するため、身体の不調が起こりやすくなります。
その代表が生理痛で、これは女性にとってとても厄介なものです。
生理前になると、様々な不快な症状に悩まされてしまうことがあって、これは月経前症候群(PMS)の可能性が考えられます。
この月経前症候群は、月経の始まる前の3~10日の間に起こる精神症状や身体症状で、月経がはじまると症状が弱くなるか、解消されるという特徴があるのです。
一方、月経期間中に病的な症状が起こることを月経困難症と言って、日常生活を送るのにも支障をきたすレベルの不快な症状があられます。
酷い場合には生理前から体調が悪くて、1ヶ月の半分辛いというケースもあるのです。
主な症状としては、下腹部痛・腰痛・腹部膨満感・吐き気・頭痛・疲労・脱力感・食欲不振・イライラ・下痢・憂うつなどで、学校や仕事にもいけないほど辛い症状です。
そんな辛い月経困難症には、明確な病変がない機能性月経困難症と病変がある器質性月経困難症の2種類あります。

・機能性と器質性
機能性月経困難症は、診察をしても原因につながる明確な病変がなく、思春期~20歳台前半の若い女性に多いです。
病変がなくても生理痛は起こることがあって、その原因として子宮を収縮させ月経血を排出する役割のあるプロスタグランジンが関係していると考えられています。
このプロスタグランジンが必要以上に産生されると、子宮が過度に収縮して病的な痛みが引き起こすことがあるのです。
また、体の成長段階などで子宮の出口が狭いことも原因のひとつで、月経血を出そうと子宮が過度に収縮することにより痛みがおこります。
一方の器質性月経困難症は、子宮内膜症・子宮筋腫・子宮腺筋症などの病気に伴うもので、30歳以降の女性に多くみられるのです。
病変により局所で腫れや炎症を起こして強い痛みを引き起こしたり、腫大した子宮が収縮することで強い痛みが生じたりします。
器質性の場合は、生理4~5日前から痛みが起こって生理後まで鈍い痛みが継続するのです。

・一般的に行われている対処
月経困難症が疑われる場合、婦人科ではまず診察で病変がないか確認をして、機能性か器質性かのどちらかを診断します。
機能性と診断された場合には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などの痛み止めにより、プロスタグランジンの合成を抑制する対処が行われるのです。
しかし痛み止めだけでは効果が得られない場合は、低用量ピルや黄体ホルモン剤などのホルモン剤を用いた対処に移ります。
また、状態に合わせて漢方薬を併用するケースもあるのです。
子宮発育不全による生理痛の場合には、子宮平滑筋の収縮を抑える鎮痙薬が用いられることもあります。
それから日常の体のケアも大切なので、しっかり休息を取る、体操や運動を実践する、ストレス管理をするなどして体調を整えることも心がけることが大事です。
器質と診断された場合は、病院で原因となる病気に対しての処置が必要になります。
また、ホルモン剤によって病変を縮小させることができる場合もあることから、ホルモン剤による対処が中心になることもあるのです。

・整体で考える生理痛の原因
整体では、子宮の歪み・からだ全体の歪み・自律神経の乱れによる血行不良が、機能性月経困難症などの生理痛を起こす原因と考えます。
からだが歪むと歪んだ方の筋肉が緊張しますし、子宮が歪んで硬くなってしまうのです。
子宮が硬くなってしまうと、子宮内の血流が悪くなって、生理の際に子宮内膜がはがれ落ちる時に炎症が発生して痛みが生じます。
なので子宮を含め内臓を柔らかくして、子宮内膜がスムーズにはがれ落ちるようにする必要があるのです。
自律神経は血管の収縮や拡張をコントロールしているので、自律神経が乱れると全身の血流が悪くなり子宮内の血流までも悪くなります。
先にも触れましたが、プロスタグランジンは生理中に子宮を収縮させて、はがれ落ちた子宮内膜を血流と一緒に経血として体の外に排出する働きをするのです。
このプロスタグランジンの子宮筋収縮作用によって、子宮内膜などが生理の際に押し出されますが、血流が悪くなってしまうと不要な子宮内膜が上手く排泄されないのです。
その結果、発痛物質であるプロスタグランジンの分泌量が多くなって辛い痛みを引き起こしてしまいます。

・整体による対処
体に歪みが生じると子宮が歪んで硬くなってしまい、子宮内の血流が悪くなって生理の際に発痛物質を分泌します。
なので、整体では子宮の歪みを正常にするために、内臓調整を実施して子宮と子宮周辺の臓器を正しい位置に調整するのです。
また、体に歪みがあると子宮がまた歪んでしまうので、からだ全体の歪みを調整して生理痛が起きにくい体質へと改善します。
さらに、自律神経を調整することで全身の血流を良くし、それにより子宮内の血流も良くなり生理痛を早期に改善していくのです。

いわき市泉町 月経困難症なら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

お申込み前にご確認をお願いいたします

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が遅れる場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m なにぶんお喋りな性格で申し訳ありませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


電話・メール・LINEでのお問合せ

お申込みはお電話、メールまたはLINEにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

店舗情報

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅より徒歩10分

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY

LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME