いわき市泉町 更年期障害

いわき市泉町 更年期障害

自律神経の乱れが更年期障害の原因?

・男女問わず発症?
更年期という言葉を耳にする機会があると思いますが、女性の場合は閉経前後の5年間が更年期にあたります。
この更年期にホルモンバランスが急激に変化することにより、様々な不調が身体に現れることを更年期障害と呼ぶのです。
ちなみにインターネットで検索すると、女性に関連する内容がたくさん現れます。
その為、更年期障害は女性特有のトラブルといったイメージがありますが、近年では男性の更年期障害も注目されているのです。
加齢で男性ホルモンが減少することで起こる身体的、精神的な症状、性機能障害などが起こります。
症状は倦怠感・疲労感・意欲低下・性欲や性機能の低下・不眠など、女性のケースと似ているのです。
女性と同様、悪化を予防するためにも日常生活の改善や工夫が、男性も大切と考えられます。

・どうして起こるのか?
内分泌腺から分泌され様々な臓器の働きを調整する物質がホルモンで、男女共通のホルモン以外に、男性だけ、女性だけのホルモンもあるのです。
女性特有のホルモンとしては、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンがあって、これらは一般的に女性ホルモンと呼ばれています。
女性ホルモンには様々な働きがあり、それぞれの分泌量を一定の周期で調整しながら心と体を健康な状態に保っているのです。
本来なら性腺刺激ホルモンの働きにより、卵巣からエストロゲンが分泌されるようになりますが、更年期になり卵巣の機能が低下すると、いくら性腺刺激ホルモンが多く分泌されてもエストロゲンの量は増えません。
なので、エストロゲンの分泌量は18~40歳ぐらいの期間が最も多く、個人差はあのますが40歳ごろから減り始め、閉経の前後で急激に減少するのです。
そのような状態を繰り返すことで、ホルモンのバランスと共に自律神経のバランスが乱れて、全身の不快な症状や精神的な症状が更年期障害として現れます。

・身体的な症状と精神的な症状
エストロゲンの減少することで自律神経のバランスが乱れると、血液循環などの働きが正常に機能しない血管運動系障害と呼ばれる症状が見られます。
その代表的なものがホットフラッシュと呼ばれるもので、突然カーッと顔が熱くなり汗が出るのぼせやほてりです。
身体的な不調・不快な症状は、こうした血管運動系障害によるものが多いのですが、その他にも動悸・めまい・息切れなどがあります。
また、耳鳴り・頭痛・こり・倦怠感など、様々な全身症状がみられることもあるのです。
精神的症状でよくみられるのは、イライラ・落ち込み・不安・不眠・意欲の低下などで、先に触れた身体的症状と一緒にあらわれることもあります。
また、症状の出かたが日によって違うこともあり、自分の意志によりコントロールすることが難しいです。

・早めに対処することが大事
症状や程度の差はあっても、更年期障害は誰もが経験することなので、完全に予防することは難しいです。
しかし、バランスのよい栄養・適度な運動・十分な休養・リフレッシュなど、生活改善の工夫により悪化を予防することはできます。
なので、まずは日常生活を見直すことから始めてみることが必要です。
女性ホルモンが減少すると骨の量が減って骨がもろくなる骨粗しょう症になりやすくなるので、まずバランスよく食べることが大切ですし、特に意識してカルシウムを摂取することを心がけましょう。
また、血液循環を促進してホルモンバランスを整える働きがビタミンEにはあるので、これも摂取することを心がけると良いです。
ただ、更年期は体の代謝機能も低下しているので、カロリーコントロールをして太らないようにすることも忘れないようにしましょう。
適度な運動を心がけることも必要で、特に自律神経のバランスを整えて、呼吸器や循環器によい刺激を与える有酸素運動をおすすめします。
ウォーキングや水中歩行など、無理なく楽しんでできる運動を取り入れるといいです。
このように適度な運動をすることにより、よく眠れるようになったり、リフレッシュできたりするので日常生活に運動を取り入れましょう。

・自律神経のバランスを整える
自律神経のバランスを整えることも更年期障害の改善につながります。
意識しなくても自動に働いてくれる神経が自律神経はで、交感神経と副交感神経の2つで構成され、それぞれがバランスを取ることで生命活動を維持しています。
意識しなくても勝手に働いてくれている自律神経ですが、バランスを整えることはできるのです。
能動的に自律神経に働きかける手段の1つが呼吸で、腹式呼吸を実施してフレッシュな酸素を体内に摂取しましょう。
それにより良質な睡眠がとれるようになるのです。
胃腸や背中を温めることも大切で、胃腸や背中を温めると内臓温度が上昇して免疫力を高めることが期待できます。
また、腸内環境を整えることで自律神経の乱れを改善することが期待できるので、乳製品・発酵食品・はちみつ・オリゴ糖などを摂取すると良いです。
それから、整体の施術で自律神経調整を受けることも、更年期障害による不定愁訴の改善効果が期待できます。

いわき市泉町 更年期障害なら「あいみ整体院」
(健康豆知識であり内容を保証するものではありません)


お申し込みはこちら

お申込み前にご確認をお願いいたします

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が遅れる場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します
  • ※自分で自分の身体をメンテナンスすることが一番の健康法と考えているため、タバコ、内服薬、各種サプリメントをお節介ながらご注意させていただくこともあるかと思いますm(__)m なにぶんお喋りな性格で申し訳ありませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


電話・メール・LINEでのお問合せ

お申込みはお電話、メールまたはLINEにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

店舗情報

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅より徒歩10分

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY

LINE無料最新情報LINE




MENU

MAIL

TEL
HOME