ブログ記事一覧

いわき市泉町 ジャンパー膝の痛みの出方

2018-05-19 [記事URL]

ジャンパー膝の原因は単にオーバーユースだけではない

膝蓋骨と脛骨を結ぶ膝蓋靭帯に負担がかかり続けることによって、靭帯の繊維に微小断裂が起こり炎症が生じることがあります。
これは大腿四頭筋の付着部が膝蓋骨の上にあって、大腿四頭筋が硬く張り続けてしまうことで、膝蓋骨周囲の筋肉・靭帯にも柔軟性がなくなって膝蓋靭帯で炎症が起こってしまうことで発生します。
このように膝蓋骨の下に付く膝蓋靭帯で起こる炎症のことを、ジャンプ動作で発症しやすいことからジャンパー膝と呼ぶのです。
ジャンプ動作以外にも足を蹴りだしたり、地面の接地時に衝撃が加わったりしやすいランニングやダッシュが多いと発症しやすいと言われています。

このジャンパー膝は、痛みの出方で4段階に分けられて、第一段階は運動後に痛みが生じるけど休むと改善しますし、運動後に膝蓋靭帯に炎症が出るけどアイシングなどで治まります。
第二段階は運動中から炎症が起こって痛みが生じますし、特にジャンプ動作やダッシュをすると強い痛みを生じるのです。
第三段階は運動中に支障をきたす強い痛みが発生して、その痛みがなかなか引かないですし、日常の中でもズキズキした感覚があって歩行の際にも痛みを感じます。
第四段階は歩行時にも痛みが出るので歩くのが困難になりますし、日常安静にしていても強く痛みを感じるのです。
膝蓋靭帯に断裂が生じるので手術の適応となります。

一般的にジャンパー膝は大腿四頭筋の使いすぎによるオーバーユースの一種と言われますが、同じような動作をしてなる人とならない人がいるのです。
これは個人で体の使い方が違うためで、オーバーユース以外に考えられる原因は、姿勢・フォームや体の使い方が悪い・大腿四頭筋だけでなく太もも裏の筋肉やふくらはぎが硬いといつたことが考えられます。
まず姿勢ですが、発症する人の特徴として腰や背中が丸くなった状態が癖になっていて、骨盤が後ろに倒れた状態になっているのです。
このように骨盤が後傾してしまうと膝が曲がったままになって、筋肉は収縮されるだけではなくて、伸ばされ続けることで硬く張っていくので大腿四頭筋は常に引き伸ばされていることになります。
その結果、運動を行う時にこの姿勢が基準となると、そこから踏ん張ったり地面を蹴ったりするので、膝が真っ直ぐ伸びている人と比較して大腿四頭筋に負荷がかかりやすくなるのです。

姿勢が悪いことからも関連していますが、フォームや体の使い方が悪いも原因と考えられます。
特に歩き方や走り方が悪いと全ての運動の基本動作が悪くなるもので、それにより衝撃が逃げずに膝や周囲の筋肉に負担が増えてしまうのです。
また股関節が硬いと骨盤が倒れた状態になって、結果的に大腿四頭筋に負担が増えますし、股関節にも捻じれが生まれ太ももの筋肉が通常よりも引き伸ばされやすくなってしまいます。
このように、捻じれや体の使い方の悪さの影響も発症する要因として関係してくるのです。
それから、膝は太ももの裏側の筋肉とふくらはぎに伸びる筋肉がすれ合う位置にあって、膝を曲げる働きによりふくらはぎも硬く張ってきます。
それにより衝撃を逃がすための柔軟性がなくなり大腿四頭筋に負担が強くかかることになります。
いわき市泉町 ジャンパー膝の痛みの出方なら、「あいみ整体院」にお任せください。


いわき市泉町 しびれという状態

2018-05-09 [記事URL]

重大な病気が隠れている場合も考えられるしびれ

しびれという状態には様々な意味が含まれていますが、大きく分けると3つの異なった種類があります。
1つ目は感覚低下で、痛みや冷たい感覚・触った感覚が鈍くなったり、全く感じなくなったりすることです。
2つ目は自分の意思で手足が動かしにくかったり、手足に力が入らなかったりする運動麻痺で、筋肉の力が弱くなったり、全く力が入らなくなったりすることも含まれます。
3つ目は異常感覚で、感覚が鈍くなったり感じなくなったりするのではなく、安静時でも手や足にジリジリとかチクチクとか通常では感じない感覚が出現することです。
また安静時だけではなくて動いた時に起ることもありますし、皮膚を触ったり叩かれたりした時に出現することもあります。

正座をすると足がしびれてしまうといった経験はありますが、このようなケースは時間が経つと治るので問題はありませんが、問題なのは脳の病気・脊髄の病気・手足の末梢神経の病気などが原因で生じるものです。
例えば、脳の血管が詰まったり、破れたり、腫瘍などの脳の病気が原因で生じることがありますし、脊椎に異常があったり、首や腰などの異常で神経が圧迫されたりして生じる場合も多くあります。
また、糖尿病の症状として末梢神経の障害を生じて起こす場合や、ウイルスの感染・更年期障害・ストレスなどによっても生じることもあるのです。
このように感覚や運動の経路を障害する病気なら、どのような病気でも起こす可能性があります。
重大な病気が隠れている場合も考えられるので、医療機関で受診する方が良いのは、足のしびれや痛みに腰痛を伴うもので、椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・骨粗しょう症などが疑われます。
また、左右一方だけに症状が起こっていたり、マヒ・頭痛・めまい・ロレツが回らないなどの症状を伴っていたりする場合は、脳卒中の始まりが疑われるので急いで内科医へ受診する必要があるのです。
それから冷えると手の指が白くなって症状が起こるのならレイノー病が疑われます。
このレイノー病とは、発作的に四肢の末端に血行障害を生じる疾患で、寒冷や精神的緊張があると手の指先が左右対称に蒼白になるのです。
冷感・痛みを伴いますし、酷くどくなると充血・発赤・拍動性のうずきが発生します。
左右対称に症状が出る場合は多発性神経炎が疑われて、化学物質・薬物・栄養障害・妊娠などが原因でも起こる左右対照的に末梢神経が冒される病気です。

その一方で、それ程心配のないのは起床時の一時的な症状で、部分的に下になっていたことで、圧迫されて血液循環が悪くなったものです。
起きてしばらくすると治るので心配は必要ありません。
同じ作業や機械的な動作を続ける職業などで生じる部分的な症状は、筋肉の使い過ぎ・神経の疲労・圧力による血流悪化などで起こってくるものです。
ですから、その作業や動作をやめて体操などをすれば治るので心配はありませんが、もしも症状が続くようなら整形外科を受診することをおすすめします。
その他、四十肩・五十肩が疑われるケースや腱鞘炎の一種である手根管症候群が疑われるケースもあるのです。

いわき市泉町 しびれという状態なら、「あいみ整体院」にお任せください。


いわき市泉町 コンパートメント症候群

2018-05-01 [記事URL]

コンパートメント症候群は後遺症を残すこともある

下腿の筋肉・血管・神経などが含まれるコンパートメントと呼ばれる空間内の圧力が異常に上昇した状態を下腿コンパートメント症候群と言います。
下腿の打撲や骨折のほか大動脈内バルーンパンピングなどの医療行為に関連して発症することがありますし、長距離ランナーなどは慢性的な負担を下肢にかけているため発症することもあるのです。
発症すると下肢の痛みや腫脹、麻痺や感覚異常などがみられますし、神経障害や血流障害をきたして筋肉が壊死してしまうこともあって、最悪の場合には下腿切断することもあります。
このように最悪な状態に至らなかったとしても、永続的な麻痺を残すこともありますし、横紋筋融解症を併発したり腎機能障害をきたしたりすることもあるのです。
こうした重篤な合併症を引き起こす可能性があるので、早期に病態を把握して適切な施術が必要不可欠と言われています。

下肢には足を動かす筋肉・血管・神経などが多く存在していますし、筋肉は筋膜で囲まれていてその内部空間をコンパートメントと呼部のです。
下腿の断面をみると大きく4つのコンパートメントがあって、前脛骨筋・腓骨筋群・下腿三頭筋・後脛骨筋の筋肉と付随する血管・神経がそれぞれ含まれています。
そして通常はコンパートメント内の圧力は一定レベル以下を保っているのですが、何かしらの原因でコンパートメント内の圧力が過度に上昇することがあるのです。
その際に筋膜は比較的柔軟性に乏しいことから、この力をうまく調節できなくて圧力が高まることにより血流障害をおこして筋肉や神経などが障害を受けることになります。
先にも触れましたが、筋肉が影響を受けると横紋筋融解症を発症することがありますし、不整脈や腎機能障害など致死的な病気や障害を起こしやすくなるのです。
筋肉や神経の障害の程度が強いと圧力が元に戻ったとしても、筋肉壊死や拘縮、麻痺や感覚障害などの後遺症を残すことになります。

下腿コンパートメント症候群には、コンパートメント内の圧力が上がる原因に応じて急性型と慢性型に分けられますし、急性と慢性とで施術方法が異なります。
急性型として代表的な原因は骨折や打撲などの外傷ですし、心臓の手術などにおいて大動脈内バルーンパンピングといった処置を実施した時にも生じるのです。
また稀ですが精神疾患がある方が長時間あぐらをかくことで、下肢の血流障害が生じた結果発症した例もあります。
慢性型の原因は、長距離ランナーなど長期間にわたる下腿使用などです。
急性の施術としては、筋膜を切開してコンパートメント内の圧力の逃げ場所を作ります。
もし進行して組織が壊死しているときは、その部分の除去や横紋筋融解症を防ぐために輸液などの処置がそれぞれ行います。
慢性の施術としては、靴を変える・走り方を工夫する・痛み止めを使用する・一時的な休養をとるなど、基本的に保存的な施術方法が選択されるのです。
スポーツ選手や学校など環境により痛みを訴えることが難しいことも考えられますが、下腿コンパートメント症候群では休息を取ることも重要な施術になることを理解する必要があります。

※あくまで健康豆知識であり、内容について保証するものではありません


いわき市泉町 ゴルフ肘の原因や予防策

2018-04-29 [記事URL]

ゴルフ肘の原因や予防策を知って発症することを防ぐ

ゴルフ肘とは俗称で正式には上腕骨内側顆炎と言いますが、この上腕骨内側顆炎はゴルフ以外にもテニスでも発生するのですが、テニス肘の場合は上腕骨外側顆炎のことを指します。
この上腕骨内側顆炎は、手首や腕を酷使することで炎症が生じるスポーツ障害のひとつです。
痛みが生じる部分は主に肘の内側の骨が出っ張っているところで、この部分にある骨や周りの組織・筋肉に炎症が発生することが原因と考えられています。
ただ、ゴルフをしていると全員に生じる症状なのかというと心配される方もいるでしょうが、ゴルフをしているからといって全員に起こる症状ではありません。
その為、きちんと原因や予防策をしって発症することを防ぐことも可能です。

ゴルフ肘を引き起こしてしまう原因としては、先にも触れましたが手首や腕の使い過ぎで、肘周囲の関節に負担がかかることにより炎症が起こることで生じます。
また、無理な力をかけすぎたり繰り返しの動作をしたりすることも、発症する原因として考えられているのです。
特にゴルフをプレーする時にクラブを振り下ろしてゴルフボールに当たる瞬間に、最も肘に負担がかかります。
それから、その時に誤って地面を打ってしまったり、力みすぎてゴルフクラブを握る力が過度にかかりすることで衝撃を逃がしきれなかったりすると、構造上肘の内側部分に負荷がかかってしまうのです。
主な症状としては、肘の内側に痛みが生じることが特徴で、特にゴルフボールへのインパクトの瞬間右利きの場合は右腕が伸びて衝撃が肘にかかりやすくなるので、右腕の内側に痛みを生じることが多いです。
また、多くの筋肉がこの部分には付着しているので、これらの筋肉に負荷がかかることで肘に痛みが生じることもあります。
特に、円回内筋・橈側手根屈筋・尺側手根屈筋・長掌筋・浅指屈筋などが、痛みの生じやすい筋肉として考えられているのです。

ゴルフ肘になったら、まずはプレーや練習を控えて肘を安静にすることが大切ですし、可能なら日常生活においても痛みの出る箇所を使用しないようにすると良いとされています。
また、肘の炎症で疼痛が引き起こされるので、痛みのある患部を冷やすことも効果的です。
ただ過度な冷却は逆効果となることも考えられるので、1日15分程度3回をひとつの目安として、濡れタオルなどの適度な冷たさのもので冷やしましょう。
それから痛みが酷い場合には、消炎鎮痛剤の内服も効果があって、整形外科を受診して診断されると処方してもらえるので、痛みが酷い時には早めに整形外科を受診すると良いです。
それでも痛みが引かない場合には、ステロイドや局所麻酔の注射をする場合もあって、強力な抗炎症作用がステロイドにはあるので即効性があって効果が見られます。
しかし、副作用として免疫抑制作用などがあるので、長期間の使用や複数回の使用については注意も必要です。
患部の安静を保つためにサポーターやテーピングなどもおすすめします。
予防法としてはプレー前後に必ずストレッチを実施することで、特にプレー前の準備運動は忘れずにすることです。

いわき市泉町 ゴルフ肘の原因や予防策なら、「あいみ整体院」にお任せください。


いわき市泉町 ゴルフ背中の痛み

2018-03-28 [記事URL]

肩甲骨の動きが悪くなっているとゴルフ背中の痛みを引き起こしやすい

ゴルフのスイングは、前傾姿勢・捻転・回旋など、通常の人体における自然な姿勢と相反した複雑で左右非対称の運動を行うことが多いのです。
こうした運動を繰り返すことにより姿勢の歪みを引き起こして、体に痛みを引き起こすといった問題が起こります。
その中でゴルフ背中の痛みの原因となるのは、インパクト時の衝撃やフォローにかけてクラブを引き上げる動作による負荷です。
ゴルフのスイングで腕を大きく動かす時は、肩甲骨が動くのと共に、背骨・肋骨・背中の筋肉も動きます。
しかし、疲れや体の左右の動きの偏りなどにより、それらの筋肉が硬くなったり歪んだりして肩甲骨の動きが悪くなっていると背中のけがを起こしやすくなります。
特に、猫背の人は背中の筋肉が常に左右に引っ張られていて、肩甲骨の動きが悪くなりやすいので要注意です。

実は、人間の体は丸くなろうとする力があって、背中を丸めた方が楽に感じるものです。
その為、食事の時やデスクワークなどで座る姿勢が継続すると、はじめは良い姿勢を保っていたとしてもいつの間にか背中が丸まっていることがあります。
また電車を待っている間などの立ち姿勢、歩いている時なども背筋を伸ばした姿勢をキープすることは、意識していないとなかなか難しいものです。
それから、生活の中で作業をする場合は体の前側で行うことが多くて、後ろ側で何かを行うことはほとんどありません。
そして、その前側で作業をする時に使われるのが大胸筋という胸の筋肉なのですが、日常生活の中で前かがみに丸くなる状態になることで大胸筋が凝り固まってしまうのです。
それにより対となる僧帽筋が引っ張られて負荷がかかってしまいます。

ゴルフ背中の痛みを予防するためには、肩甲骨をスムーズに動かせることが大事で、そうするためのストレッチと筋トレを心がけることがおすすめです。
これにより肩甲骨が滑らかに動くと背中のケガを予防すると共に、猫背の解消や肩こりの軽減などにもつながって、さらに頭までスッキリしてきます。
猫背や肩こりも解消する菱形筋ストレッチというのがあって、肩の高さで手の甲を合わせて両腕を前に伸ばし、高さをキープした状態で両腕を後方へ外旋します。
止まったところでこぶしを握り締めてひじを曲げて腕を体へ引き寄せるといったストレッチです。
肩甲骨の可動域を広げる肩甲骨ストレッチもおすすめで、背筋を伸ばして体をまっすぐにして立ち、両手を頭の後ろで組み右ひじをゆっくり下げていき5秒程度キープします。
両手を頭の後ろに戻して左ひじも同様にゆっくり下げて5秒程度キープすると言ったストレッチです。
その他にも、脊柱起立筋を鍛えるバックアーチや、菱形筋を鍛える手ぶらでローイングというのもあります。

ちなみに、ゴルフ背中の痛みがあるのに練習を続けたことで、痛みが治まらないため病院を受診したら疲労骨折と診断される場合もあります。
ゴルフを長く楽しみたいのなら、先に紹介したストレッチや筋力トレーニングを行って予防するとともに、痛みが続く場合には専門医で診てもらうことが大切です。

いわき市泉町 ゴルフ背中の痛みなら、「あいみ整体院」にお任せください。


いわき市泉町 ぎっくり背中

2018-03-19 [記事URL]

背中に急激な痛みを感じた症状の総称がぎっくり背中

ぎっくり腰というのは聞いたことがあると思いますが、ぎっくり背中というのを聞いたことがあるという方は少ないことでしょう。
これは腰と同様に背中が急に痛みを感じる症状で、呼吸をすることも辛いといった特徴があるのです。
ちなみに、ぎっくり首というのも存在しています。
具体的にどのような症状なのかというと、背中に急な激痛が走る、背中の筋肉が攣ったようになる、一定の角度に体を傾けると痛みが生じるなどがあります。
また、息を大きく吸うと痛みが走る、呼吸の度に痛むので辛いなどといった症状も起こるのです。
このような症状を引き起こすのですが、その時には背中の筋肉の筋繊維や筋肉を包む筋膜が、微細断裂を起こしていることが主な要因として考えられています。
筋膜には細かい筋繊維を包む筋内膜や筋周膜と、筋肉を包む筋外膜、皮膚や皮下脂肪の下にある皮下筋膜があって、何かしらの負荷や衝撃が加わることで筋膜を損傷するのがぎっくり背中の正体なのです。
簡単に言うと軽度の肉離れが生じていると考えると分かりやすいでしょう。

ぎっくり腰と同様に正式な病名ではなくて、背中に急激な痛みを感じた症状を総称して呼んでいるのです。
単に背中に痛みが走るだけではなくて、深い筋肉まで傷めてしまった場合においては、深呼吸をすると痛みがでることもあります。
この背中の痛みを引き起こす原因は場所や症状によって様々考えられるもので、筋肉の過剰な緊張や筋肉を構成している筋繊維の分裂が起こる肉離れです。
また、首の上から腰の下まで伸びる縦に長い筋肉や肩甲骨についている筋肉が痙攣する、背中の後ろの筋肉が肋骨の部分からはがれる、加齢による筋力の低下などが原因として考えられます。
発生する原因は主に筋肉の損傷や疲労によるもので、姿勢を保つのにとても重要な場所となる背中なので、過度に筋肉が緊張してしまうと影響を受けやすいのです。
それから、このように筋肉を痛めてしまう理由は、背骨の姿勢が悪く痛めに、背骨の間を繋ぐ椎間関節の動きが悪くなっていることです。
椎間関節の動きが悪くて関節が動かない状態なのに動かそうとすることで、筋肉に無理な負荷がかかって受傷してしまうと考えています。

ぎっくり背中を発症した時の対処法ですが、急性の痛みについては冷やすことが効果的で、急な強い痛みについては氷などを氷嚢に入れて患部を直接10分程度冷やすと良いです。
急性の場合は炎症が発生しているので、まずはそれを改善してあげることが対処として重要になります。
ちなみに、氷嚢がない場合には保冷剤や湿布で冷やすことでも代用できるのです。
急な痛みが出ている急性期には、お風呂に浸かるなどで患部を温める行為は避けて、安静にして患部を冷やすことを第一に実施しましょう。
それから、筋肉を痛めさせない予防の為には、まずは背骨の動きを良くすることが大切で、その為には背骨を意識しての柔軟を行うことをおすすめします。
前屈動作・後屈動作・側屈動作・回旋動作の4つの動きを筋肉のイメージではなくて、骨を和らげるイメージで行うと効果的です。

いわき市泉町 ぎっくり背中なら、「あいみ整体院」にお任せください。


いわき市泉町 お腹やせダイエット

2018-03-01 [記事URL]

脂肪を理解してウエストお腹やせダイエットを

すべての女性に当てはまることではありませんが、比較的体幹の筋力が弱かったり、運動不足から反り腰になったりしている人が多いです。
この反り腰というのは、骨盤が前傾して背骨が過剰に弯曲している状態のことで、これが良い姿勢と勘違いして胸を張った状態でお尻が突き出した反り腰になってしまう方もいます。
また、肩が前に出て胸が沈んだ猫背姿勢により、お尻が突き出した反り腰になってしまう方もいるのです。
いずれにしても、このような姿勢ではお腹やお尻に力が入りづらくなるので、下腹のポッコリやお尻の下垂などといったボディラインの崩れを引き起こしてしまいます。
また腰が大きく湾曲しているので腰痛を訴えるケースも少なくありません。
このような反り腰は骨盤が前に倒れた状態なので腰付近の背骨から骨盤、脚の内側付け根の骨にかけてのインナーマッスルとなる腸腰筋が萎縮している方が多いです。
ですから、ウエストお腹やせダイエットのためには、腸腰筋のストレッチを実施して、縮んだ腸腰筋のケアを行う必要があります。

また、下腹のポッコリやお尻の下垂などといったボディラインの崩れを引き起こす要因として脂肪があります。
ただ一口に脂肪といっても、白色脂肪細胞・褐色脂肪細胞・内臓脂肪・皮下脂肪などといった様々なものがあるのです。
白色脂肪細胞というのは、細胞が機能するのを助けて体温を保つといった断熱材の役目を果たしてくれるもので、出番が来るまではお尻やお腹でじっと待機しています。
ただ加齢と共に筋力が低下して熱を産出する機能が低下すると、この脂肪がお尻・お腹に益々集結しておばさん体型になるのです。
褐色脂肪細胞は、うなじや動脈の周囲にある脂肪で、熱を作り出して体温を維持したり、食事から取り入れた余分なエネルギーを燃やしたりする働きがあります。
先の白色脂肪細胞とは正反対の働きをする脂肪で、その働きが活発な人はエネルギーを多く消費するため太りにくいですし、逆に活発ではない人はエネルギーの消費が少なく太りやすくなるのです。

食事から体内に入る脂肪の中で、お腹周りに溜まりやすい脂肪が中性脂肪で、たんぱく質の分子と結合して血液に入って、その血液で体の各所にある脂肪細胞に運ばれ再び中性脂肪として蓄積されます。
また食事から摂った糖質も余ると体内で中性脂肪になって脂肪細胞に溜まるのですが、これらの中性脂肪は重心をとろうとしてお腹周辺から脂肪を溜め込んでしまうのです。
この中性脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があって、その性質がまったく異なります。
ちなみに、つまめる脂肪が皮下脂肪で、つまめないのに太ったと感じるのは内臓脂肪が付いている証拠で、内臓脂肪は隠れ肥満といわれてメタボリック症候群を招いてしまうのです。
こうしたお腹周りの脂肪を減らすためのウエストお腹やせダイエットとしては、筋肉量を増やして基礎代謝能力を上げる、有酸素運動でエネルギーの消費効率を上げることです。
またウエストお腹やせダイエットと共に意識したいことは、摂取カロリー<消費カロリーということで、食べた分だけ動いて消費するように心がけることも大切になります。

いわき市泉町 お腹やせダイエットなら、「あいみ整体院」にお任せください。


いわき市泉町 X脚について

2018-02-01 [記事URL]

一般的に内股と勘違いされているX脚

両膝が立っている時に近づいている状態で、脚部が内側に湾曲しているように見える症状のことをX脚といって、膝関節より足部が外側に開かれたスタンスとなっている場合のことを指します。
大きく分けると、股関節幅より膝関節幅が狭い場合と、股関節幅より両足の幅が外側に広い場合の2つがあるのです。
先天的な骨格による原因で起こるものが殆どと考えられますが、過度な肥満などによって骨格・関節の捻じれが体に影響する後天的な原因もあります。
これは、過度な肥満により骨盤が大きくなって、大腿を離して歩くことから足部がさらに外側に位置するようになるために起こるのです。
また、自重を支えている外側の腓骨に負担がかかって、脛骨をベースに体を支えるために東京タワーの下部のように脚部が広がった状況となるからです。
形状的に多少似ていることから一般的に内股と勘違いされていることが多いのですが、X脚は膝関節の大腿骨と脛骨の関係であり、内股や外股は股関節の大腿骨と骨盤の関係になります。
ですから、X脚にも内股と外股のどちらもあって、踵骨の内外への傾きによりつま先の向きと膝の移動運動に変化が起きるのです。
つまり、内股や外股、内向き足や外向き足が組み合わさって発生するものですし、左右の脚に形状が現れている場合と片側だけに症状が現れている場合も少なくありません。

脚がこのような状態になってしまうと、膝関節や足部・股関節などへの負担も多くなって、慢性的にかかる過重負荷などによって、関節障害や痛みの症状などが現れてしまうのです。
その為、要因を突き止めて足から順番に位置や方向を整えることが必要になりますし、改善には足部と股関節から調整することが必要で、それにより外見的な容姿や姿勢保持力が変わってきます。
例えば、内股・外向き足の場合は、反張膝となっていることが多くて、必要以上の脚部の反り返りから発生していると考えられます。
ですから、このような場合には骨盤位置を前に出すことにより、前傾した骨盤を少し後傾方向に起こすのです。
それにより骨盤位置が変化して、大腿骨の方向や脚部を伸ばしたときの膝の位置が前に出るようになるため、ストレートな脚部に改善させることが期待できます。

さらにケアとして意識したいことは、足裏の内アーチが落ちているために、歩行時には小指側にも荷重することを意識することが重要になります。
また外股・内向き足の場合には、足部の外返し運動を訓練することによって、姿勢や歩き方などに変化が現れてくるのです。
それから、無理なく改善をするための歩き方としては、O脚の改善と同様につま先側からの着地を意識して、しっかりと両足の向きが平行に前に向けて歩くことです。
そうすると姿勢改善や歩行時に安定する歩行となります。
また、専用のインソールを活用して足部の歩行スタンスを余計に広く取らなく、しっかりと膝関節が前に向くように歩行を行うことも改善につながります。
これにより少しずつ足部内外のアーチの動きや張りが活性されて、それにより骨盤の安定した位置の確保や歩行姿勢に変化が現れてくるのです。

いわき市泉町 X脚についてなら、「あいみ整体院」にお任せください。


いわき市泉町 40肩50肩のケア

2018-01-03 [記事URL]

40肩50肩は放置しないでケアを心がける

40代~50代の人で、肩が上がらなくなったり肩周辺に痛みが発生したりして、辛い経験をした方や現在悩まされているという方もいることでしょう。
これは発症する年代から俗に40肩50肩と呼ばれるもので、正式には肩関節周囲炎と呼ばれる疾患で、肩関節周辺が炎症を起こすことにより、肩が痛み関節の動きが制限されるといった症状が起こるのです。
普段から運動などをしている健康な人でも、運動不足によりメタボ体質の人も発症することがあって、呼び名は違いますがほとんど同じ疾患と考えられます。
身近な病気ですが意外にもはっきりとした原因は明らかになっていないのですが、一応関節を構成する骨・軟骨・靭帯などが老化して、肩関節の周辺組織に炎症が起こることで痛みが生じると考えられているのです。
肩には関節の動きを良くする肩峰下滑液包や関節包というのがあって、発症するとこの袋が炎症で癒着することがあります。
このようになると肩が動かせなくなって固まった状態になり、癒着してしまうと炎症が治った場合でも、なかなか元通りに肩が動かせなくなるので注意が必要です。

40肩50肩は、先にも触れたように肩が痛くて上がらないというイメージが強いですが、それ以外にも普段の生活で支障が出る場合があるのです。
症状によっては動いている時よりもじっとしている時の方が痛みを感じやすくなる傾向があって、四六時中痛むことで夜中にズキズキと肩が痛んで眠れなくなることがあります。
また、眠りについても痛みで何度も夜中に目覚めてしまって、慢性的な睡眠不足に陥り日中に頭がボーッとしたり、ストレスを感じたりしてしまうこともあるのです。
それから発症すると体に対して正面へ真っ直ぐ腕を伸ばすことはできても、横方向に上げることができなくなって、普段何気なく行っている動作にも影響があります。
例えば、タオルで髪を拭く・服を着替える・背中をかく・挙手をする・電車やバスのつり革を持つなど、様々な場面で支障が出てしまうのです。

40肩50肩は先にも触れましたが原因がはっきりしていないので、病院に行ってもすぐに治るというものではありません。
また安静にしていれば自然に治ることもあるのですが、放置していると関節が癒着して動かなくなることもあるので、できる限りケアして改善させるように心がける必要があります。
その為には、肩関節の可動域を広げるリハビリが大切になるので、無理のない範囲で体操を行って症状を軽減させることです。
捻挫や腰痛など炎症は患部を冷やした方が良いと考えられますが、それは急性期のひどい炎症の場合で、症状が落ち着いてきたら肩をしっかりと温めることが大切です。
例えば、お風呂なら38~40℃程度の温めのお湯にゆっくり肩までつかるとか、シャワーなら42℃程度の少し高い温度で肩を温めると良いです。
また、日常生活においては温湿布やカイロなどを用いると効果的です。
それから温めた肩を冷やさないように、肩や首周辺を露出するような服装は避けて、ストールなどを使用するなど工夫することも大切になります。

いわき市泉町 40肩50肩のケアなら、「あいみ整体院」にお任せください。


いわき市泉町 ゴルフ腰痛の原因

2017-12-25 [記事URL]

【ゴルフ腰痛の原因】
ゴルフをしていて腰が痛くなってしまった…そんな経験ありませんか?
せっかく張り切ってゴルフに行ったけれど、腰が痛くてプレーどころではなかった…これでは、せっかくのゴルフも台無しになってしまいます。
なぜゴルフをすることで、腰痛になってしまうのでしょうか。
その理由は、以下の原因が挙げられます。

・非対称性那動きをする
ゴルフは、同じ聞き手を使って行うスポーツです。
スイングの時は、右利きの人は右から左へ急激に体をねじります。
この様な同じ動作の繰り返しによって、同じ筋肉ばかりが酷使されてしまいます。
そのため、体の左右の筋肉のバランスが崩れてしまいます。
その結果、片方の腰にばかり負荷がかかりやすくなることで、腰痛を引き起こしてしまいます。

・準備運動不足
ゴルフをする時、きちんと準備体操をしていない人が大半です。
ゴルフは急激に体に負荷がかかるので、本来は念入りな準備体操が必要となります。
しかし、ほとんどの人が準備運動はせずに、いきなりラウンドをします。
準備状態じゃない体に急激なスイングが与えられ、筋肉は傷つけられてしまいます。
そのため炎症を起こしてしまい、腰痛へとみちびいてしまうのです。

・ラウンド中歩くことが少ない
ゴルフは、ティーショットをした後は直ぐカートに乗るので、歩くことがあまりないことで全身の筋肉を使うことが少ない傾向があります。
そのため、1部分ばかりの筋肉を酷使することで、腰に負荷がかかりやすくなり腰痛となってしまうのです。

・長時間運転をして往復する
ゴルフ場は山の中にあるので、生き帰り長時間運転しますよね。
車の運転というのは腰に非常に良くなく、腰痛となってしまいます。

このように、ゴルフというのは腰痛になってしまう要素が満載ということがわかると思います。
そのため、ゴルフ腰痛という言葉が出回ってしまうほど、腰痛になる人が増えているのです。

【ゴルフ腰痛にならないための対策】
ゴルフ腰痛にならないためには、筋肉をほぐすことが重要となります。
ラウンドの際は、このようなケアをして腰痛になりにくい状態にしましょう。

・準備運動をする
ゴルフのラウンド前には、必ず準備運動をしましょう。
準備運動の仕方がわからない人は、ラジオ体操でもOKです。
ラウンド前に体をほぐすことで、腰に負担を掛けずにすみます。
5分もかからず終わるので、必ず行うようにしましょう。

・反対方向に素振りをする
打つ時と反対側に素振りをすることで、左右対称性やバランスを良くすることができます。
これは、プロのゴルファーもやっていることですので、素人さんもやらない理由はありません。

・腰を温めてみよう
腰を温めることで、腰の痛みが出にくくなります。
腰に貼るカイロを貼って、防寒対策をすると腰痛予備にすることができますよ。

いかがでしたでしょうか。
せっかくのゴルフが楽しく終わるよう、腰痛にならないケアを事前に行うことはとても大事なことです。
腰痛ケアはプロのゴルファーもやっていることですので、私達も是非実践するようにしましょう。

いわき市泉町 ゴルフ腰痛の原因なら、「あいみ整体院」にお任せください。


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME