いわき市泉町 変形性膝関節症の原因

いわき市泉町 変形性膝関節症の原因

2017-12-14

【変形性膝関節症の原因】
膝に影響を与えることをしていないのに膝に痛みがあって原因が特定できない場合は、変形性膝関節症をいう診断を下されることがあります。
圧倒的に女性に多い症状であり、1:20の割合で女性が多い傾向があります。
女性の方が筋肉が弱くて関節も浅いため、重力の負担を多く受けることが原因といわれています。

変形性膝関節症になってしまう原因は外反母趾や指上げ足(浮き足)の人に多くありますが、外反母趾や指上げ足(浮き足)でもなる人とならない人がいます。
変形性膝関節症を起こす人とそうじゃない人との差は、足の裏に異常があるかの問題といわれています。
現代の人は、足の裏の免震機能の低下があるといわれています。
免震機能というのは、自信の衝撃を吸収して緩和させることをいいます。
私達の足の裏にも免疫機能というものがあり、これがしっかりしているかどうかで膝にかかる負担が変わります。
外反母趾や指上げ足の人は足裏に異常がある人が多く、膝の痛み直結してしまうようです。

それらの影響により、以下のような人が変形性膝関節症になりやすいと言われています。

・老化
・肥満
・O脚
・X脚
・筋力低下
・膝の酷使
・体質

これらの人が、変形性膝関節症になりやすいと言われています。

【変形性膝関節症の対策方法】
変形性膝関節症にならないためには、変形性膝関節症の対策を取っておくと良いですよ。
どのような対策方法があるのか、ご紹介していきます。

・ウォーキング
変形性膝関節症になる人は、筋力が落ちている人が大半です。
筋力を鍛えることで、変形性膝関節症の発症を防ぐことができます。
誰でもできる筋力を鍛える方法は、ウォーキングです。
急に長い距離を歩くとヒザに大きな負担がかかるので、近所のウォーキングから始めるといいですよ。
徐々に距離を増やしていって、膝に負担を掛けないウォーキングにしましょう。

・クッション性のあるシューズを履く
膝の軟骨は骨に与えてしまう衝撃を減らすためのクッションなのですが、年齢と共に少なくなってしまいます。
軟骨のクッション代わりに、クッション性のあるシューズを履くとクッション効果を発揮させることができますよ。

・インソールを靴に敷く
O脚やX脚の場合は、靴の中にインソールを敷くことで荷重のバランスを調整することができます。
膝軟骨にかかる負荷を軽くできるので、変形性膝関節症の進行を遅らせることができます。

・ストレッチを行う
ストレッチを行うことで筋肉がほぐれるので、変形性膝関節症の予防になります。
簡単なストレッチ方法は、仰向けに寝て片方のヒザを軽く曲げて伸ばしている足をゆっくりと上げて、5秒キープします。
その後、ゆっくり降ろします。
これを、左右それぞれ20回ずつ行っていきます。

いかがでしたでしょうか。
変形性膝関節症は、誰でもなってしまいがちな症状です。
なってしまうと厄介ですので、ならないように事前に対策を取っておくことはとても大事ですよ。
ストレッチなどの予防対策で、変形性膝関節症知らずのヒザになりましょう。

いわき市泉町 変形性膝関節症の原因なら、「あいみ整体院」にお任せください。


お申し込みはこちら

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・20時以降は深夜料金として追加4000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME