いわき市 軽度な仙腸関節炎

いわき市 軽度な仙腸関節炎

2017-12-19

【仙腸関節炎の原因と症状】
「椅子に座る時にお尻が痛くなる」「腰が痛いのに病院で診てもらっても問題ないと言われた」このような人は、仙腸関節炎の恐れがあります。

仙腸関節炎になると、左右のおしりより上の部分にある出っ張った骨の近辺に痛みを発生してしまいます。
そのため、座ろうとするとお尻や腰の痛みが発生してしまう人がいます。
症状がひどくなってしまうと、太腿の裏やふくらはぎの方にまで痛みやしびれが発生してしまうこともあります。
このような部分が傷んだりしびれが出ている場合も、仙腸関節炎の恐れがあるといえるで
しょう。
具体的には、このような症状が見られます。

・片方の腰からお尻の部分が痛い
・椅子から立ち上がる時にしびれが発生する
・椅子から立ち上がる時痛みを感じる
・靴下を履くときに痛みを感じる
・痛みがある方を下にして横になると痛みを感じる
・排便の時に仙腸関節に痛みを感じる
・股関節が開きにくい

仙腸関節炎は、以下のような原因があると言われています。

・腰を曲げたりひねったりした
・仙腸関節部分に極端な負担がかかった
・間違った座り方や立ち方をした
・出産により仙腸関節に圧がかかった
・前かがみや中腰になることが多い
・座りっぱなしや立ちっぱなしが多い
・スポーツや事故によって仙腸関節に大きな負担をかけてしまった
・ヘルニア持ちで仙腸関節をカバーするクセがある
・坐骨神経痛で仙腸関節をカバーするクセがある

この様な原因によって、仙腸関節炎は発生してしまうことがあります。

仙腸関節炎は、放っておくと悪化してしまい、足腰に大きな負担が出てしまうことがあります。
悪化して大変な思いをしないよう、軽度のうちに改善しておくようにしましょう。

【仙腸関節炎の対処方法】
仙腸関節炎は、ストレッチで改善することができます。
仙腸関節炎が軽度なうちに、ストレッチで痛みを軽くしてみましょう。
簡単に出来て効果的なストレッチを、ご紹介します。

・両足をそろえて、背筋をピンと伸ばして立ちます。
・スーッと息を吸いながら、太ももが水平になるまで右足を引き上げます。
右足の太ももが水平の高さまでになったら、右足をビザと足首が90度になるように外側に開きます。
・開いた足を息を吸いながら前方に戻して、下におろします。
これをワンセットとし、左右交互に10回ずつ行っていきます。
足を上げるので体のバランスを崩してしまうこともありますので、気になる場合は椅子などを使って行うとスムーズに行うことができますよ。

時間をあまり取らず空いた時間でできるストレッチなので、どなたでも簡単にできますよ。

いかがでしたでしょうか
仙腸関節炎は、自己ケアでも楽にすることができます。
湿布や鎮痛剤ではなかなか改善しにくいので、ストレッチで効果的に改善していきましょう。
軽度な仙腸関節炎であれば、ストレッチを行っていくことで楽になっていきます。
もし痛みが取れない場合は、お医者さんに相談をしてみると良いでしょう。

いわき市 軽度な仙腸関節炎なら、「あいみ整体院」にお任せください。


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

※ご予約いただいた時間より、多少お時間が前後する可能性がございます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME