いわき市泉町 ゴルフ腰痛の原因

いわき市泉町 ゴルフ腰痛の原因

2017-12-25

【ゴルフ腰痛の原因】
ゴルフをしていて腰が痛くなってしまった…そんな経験ありませんか?
せっかく張り切ってゴルフに行ったけれど、腰が痛くてプレーどころではなかった…これでは、せっかくのゴルフも台無しになってしまいます。
なぜゴルフをすることで、腰痛になってしまうのでしょうか。
その理由は、以下の原因が挙げられます。

・非対称性那動きをする
ゴルフは、同じ聞き手を使って行うスポーツです。
スイングの時は、右利きの人は右から左へ急激に体をねじります。
この様な同じ動作の繰り返しによって、同じ筋肉ばかりが酷使されてしまいます。
そのため、体の左右の筋肉のバランスが崩れてしまいます。
その結果、片方の腰にばかり負荷がかかりやすくなることで、腰痛を引き起こしてしまいます。

・準備運動不足
ゴルフをする時、きちんと準備体操をしていない人が大半です。
ゴルフは急激に体に負荷がかかるので、本来は念入りな準備体操が必要となります。
しかし、ほとんどの人が準備運動はせずに、いきなりラウンドをします。
準備状態じゃない体に急激なスイングが与えられ、筋肉は傷つけられてしまいます。
そのため炎症を起こしてしまい、腰痛へとみちびいてしまうのです。

・ラウンド中歩くことが少ない
ゴルフは、ティーショットをした後は直ぐカートに乗るので、歩くことがあまりないことで全身の筋肉を使うことが少ない傾向があります。
そのため、1部分ばかりの筋肉を酷使することで、腰に負荷がかかりやすくなり腰痛となってしまうのです。

・長時間運転をして往復する
ゴルフ場は山の中にあるので、生き帰り長時間運転しますよね。
車の運転というのは腰に非常に良くなく、腰痛となってしまいます。

このように、ゴルフというのは腰痛になってしまう要素が満載ということがわかると思います。
そのため、ゴルフ腰痛という言葉が出回ってしまうほど、腰痛になる人が増えているのです。

【ゴルフ腰痛にならないための対策】
ゴルフ腰痛にならないためには、筋肉をほぐすことが重要となります。
ラウンドの際は、このようなケアをして腰痛になりにくい状態にしましょう。

・準備運動をする
ゴルフのラウンド前には、必ず準備運動をしましょう。
準備運動の仕方がわからない人は、ラジオ体操でもOKです。
ラウンド前に体をほぐすことで、腰に負担を掛けずにすみます。
5分もかからず終わるので、必ず行うようにしましょう。

・反対方向に素振りをする
打つ時と反対側に素振りをすることで、左右対称性やバランスを良くすることができます。
これは、プロのゴルファーもやっていることですので、素人さんもやらない理由はありません。

・腰を温めてみよう
腰を温めることで、腰の痛みが出にくくなります。
腰に貼るカイロを貼って、防寒対策をすると腰痛予備にすることができますよ。

いかがでしたでしょうか。
せっかくのゴルフが楽しく終わるよう、腰痛にならないケアを事前に行うことはとても大事なことです。
腰痛ケアはプロのゴルファーもやっていることですので、私達も是非実践するようにしましょう。

いわき市泉町 ゴルフ腰痛の原因なら、「あいみ整体院」にお任せください。


お申し込みはこちら

あいみ整体院20周年特典

あいみ整体院20周年特典
※「HP見ました」とお伝えいただければ初見料2000円が無料になります

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・22時以降は深夜料金として追加5000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 10時~22時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP

会社概要COMPANY
LINE無料最新情報LINE

このウェブサイトは安全です




MENU

MAIL

TEL
HOME