坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは?

2014-07-11

骨神経痛とは、お尻から足の後ろ、太ももの部分に現れる痺れ、麻痺、痛みなどの症状をいいます。
この名前は、病名ではなく、症状を表す言葉ですから、病院では、全く異なる病名を言い渡されることもあり舞うs。
坐骨神経痛は、坐骨神経が何かしらの原因で圧迫されたり、ひどく刺激を受けることで症状として現れます。
多くの場合、腰の痛みからお尻、太もも、足先の痺れや痛み、症状が悪化すると麻痺や痛みで歩くことが難しくなる人もいます。

【坐骨神経って何をするところ】

坐骨神経とは、太ももと足の筋肉を司る神経で、脳からの指令を手足に伝え、歩いたり、体のバランスを整えるなどの働きをします。
腰を通り骨盤、そしてお尻、太もも、足先まで伸びるとても太い抹消神経が坐骨神経で、その太さは、ボールペンの軸ほどあるとも言われていいます。
とても長く、しっかりとした坐骨神経を傷つけたり、圧迫すると広範囲にわたる痛み、体の不自由を感じることもあります。

【坐骨神経痛の原因とは】

坐骨神経痛痛の原因は色々とありますが、若い年齢で発症する場合は、腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群が原因である場合が多く、高齢で発症する場合は、大抵が腰部脊柱管狭窄と腰椎椎間板ヘルニアが原因とされています。
坐骨神経痛の原因となる腰部脊柱管狭窄とは、腰の辺りにある脊柱管が狭くなることで、これは、老化が原因となり、視神経などを圧迫し、下半身が麻痺、しびれ痛み、歩行困難を引き起こしています。
老化によるものがほとんどで。中高年特に50代という年齢で発症するリスクが高くなります。
坐骨神経痛の原因とされる脊柱管狭窄症の可能性が疑われるのは、以下の症状に心当たりがある人です。
足や腰に麻痺があり、歩くと足に痛みやしびれ、力が抜けたような感覚がある。
その他、つま先やかかとで立つことができず、残尿感、尿失禁の症状も確認できる。
また体を曲げるおじぎのポーズでは、痛みが和らぎ、逆に体をそらすことで、痛みが増します。

【坐骨神経痛の予防】

坐骨神経痛は、とにかく症状が軽度のうちに対策をとることが重要です。
すでに強い痛みがある、体を自由に動かせないなどがあれば、すみやかに整体院で相談して下さい。
全く痛みや違和感が無い人でも、年齢的にそろそろ発症する可能性が高いと思われる人も、早めに対策を取りましょう。
坐骨神経痛の予防や改善には、体の筋肉をほぐす、運動が効果的です。

たった姿勢で軽く足を開き、手を体の前に伸ばし、ゆっくり前傾姿勢をとりみあしょう。
無理に伸ばす必要はありませんが、背中やお尻、太ももの裏の筋肉を伸ばすようにゆっくりと前に体を倒してください。
息を3秒吸ったら、6秒かけてゆっくりと吐き出しながら10回繰り返し行いましょう。

このストレッチを1日2回、行うだけで坐骨神経痛予防に繋がります。
けっして無理をせず、コツコツ毎日続けることが重要なポイントとなります。
すでに痛みが強い人は、お近くの整体院で相談してください。


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME