腰椎・椎間板ヘルニアとは

腰椎・椎間板ヘルニアとは

2014-07-14

腰椎・椎間板ヘルニアを発症する腰骨は、5つの腰椎骨と1つの仙骨、骨と骨の間にある椎間板というクッションの役割を果たすもので構成されています。
椎間板は、しばし、食べ物のアンパンで説明されることが多く、まるでアンパンのような構造をしているといわれています。
パン生地の分部を繊維輪と呼び、中のアンコの部分を髄核という粘性の高い物質とされます。
アンパンの後方には、脊柱管という管があり、その中に神経を通しています。
何かしらの原因で、パンが押しつぶされ、中のアンコが飛び出し、後方にある神経に触れたり、悪い影響を与えることで痛みやしびれ、手足の麻痺といった症状を起こすことを腰椎・椎間板ヘルニアといいます。

【腰椎・椎間板ヘルニアの痛みについて】

腰椎・椎間板ヘルニアの痛みの原因や発症の仕方については、いまだ分からない部分が多く、病院に通院しても一向に痛みが取れない、という方も多いのが現状です。
そのため様々な病院で、治療を続けたが、改善がないので、整体院での治療も同時に行っているという方、できるだけ手術は避けたいので、整体院で治療を受けているという方などそれぞれに対応の仕方が異なります。
整体院では、腰椎・椎間板ヘルニアが完治するというわけではありませんが、以前よりもはるかに痛みが軽減され、健康的に過ごせるといったう喜びの声もたくさん聞こえます。
多くの実績をあげているのは明らかですから、腰椎・椎間板ヘルニアの改善に諦めていた方は、一度整体院での施術も検討してみるといいでしょう。

【腰椎・椎間板ヘルニアは自然に治る?】

腰椎・椎間板ヘルニアの症状を放置しても、痛みや症状が改善されることは絶対にありませんし、さらに症状は悪化することでしょう。
以前に比べるとはるかに治療方法などが進化しています。
それゆえ、症状が軽度で早期発見ができたケースについては、日常生活にもなんら問題のないレベルまで改善できることが期待できます。
整体院でも数年通い続けることで、はるかに痛みがなくなったという実績もありますので、まずは相談してみることからはじめるといいでしょう。
腰椎・椎間板ヘルニアの発症年齢は、20代、30代の若い人だといわれていますが、最近では、年齢問わず、様々な人が腰椎・椎間板ヘルニアになる事も分かっています。
自分とは関係がないとおもわず、少しでも異常を感じたら、早期治療が受けられるよう、整体院もしくは整形で検査を受けるようにしましょう。

西洋医学で腰椎・椎間板ヘルニアの治療を受け、症状を劇的に改善できますが、中には、お薬の副作用で胃痛や胃もたれを引き起こしている方もたくさんいます。
薬や手術を避けたい、という方は、諦めずに、整体院での治療を受けると良いでしょう。
整体院では、薬はもちろん、体のメスを入れたり、傷をつけるような施術は一切行っていません。
その方の本来の治癒能力を引き出すことで、悪い分部を改善できるようにと施術でサポートしますので、痛みは一切ありません。

さらに施術後は、自宅でも継続的にできる腰椎・椎間板ヘルニア予防や改善に必要な運動、生活習慣、などの指導、アドバイスを受けることもできますので、トータル的なケアが続けられます。
腰椎・椎間板ヘルニアのない健康ない体を維持し、未然に防ぐためには、適度な運動によって筋肉や骨の強化に努めることも必要です。
毎日の腹筋背筋、ジョギングやウォーキング、ストレッチ等は大変効果的だと思いますが、無理は禁物です。
その他、体のメンテナンスをはかるうえでも定期的な整体院への通院も大変おススメです


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME