足首の痛みについて

足首の痛みについて

2014-07-18

人間は細い足首で体全体を支えています。
そのため、足首に過度の負担をかけるようなことがあれば、足首の痛みとなって様々な健康被害となります。
ただ、足首の痛みといっても症状や原因は様々です。
自分の足首の痛みは何が原因でどう対処すべきかを考えてみましょう。

【足首の痛み「かかとの痛み」】

実はかかとは、無意識にダメージを与え続けているところで、その周辺の骨、筋肉、皮膚や腱は日常的に疲労、老化、劣化が進んでいます。
例え、硬いアスファルトの上を毎日歩くだけで、かかとには相当なストレスを与えていることになりいます。
日常的にストレスを与え続けているかかとですから、ちょっとした負荷によって、すぐに炎症を引き起こし、その結果足首の痛みとなってしまいます。
歩くことは、人間である以上避けては通れない為、少しでも負担を軽減すべく、シューズやヒールの形を変えたり、アスファルトの上では、ジョギングなど過度なスポーツを避けるなどの対応をとりましょう。

【足首の痛み「捻挫や後遺症」】

足首の痛み、という症状に捻挫があります。
関節をねじり、くじいてしまうことで、関節の周辺の筋肉や組織を破壊し、痛みが現れます。
捻挫による足首の痛いは、なかなか改善せず、患部がはれたり、押すと痛い、ねじった方向へストレッチや体ひねるようなことがあれば、さらに症状を悪化させてしまいますの注意をしましょす。
万が一2,3日経過しても一向に足首の痛みが治らない、それどころか患部がさらに腫れて悪化すると、骨が折れている可能性もありますのですみやかに医師の処置を受けてダサい。

【足首の痛み「外反母趾」】

女性に多く見られる外反母趾でも、足首に痛みを感じる人がいます。
外反母趾とは、足の親指が外側に変形し、曲がる病気で、窮屈なヒールでの長時間の立ち仕事などに携っている女性が外反母趾による足首の痛みを感じているケースが多いといいます。

【足首の痛み「慢性足底筋膜炎」】

足底筋膜炎とは、足の指の付け根からかかとの部分で足裏のカーブになっているところの筋肉が炎症し、断裂が起っていることで発症する足首の痛みです。
40代から50代で発症することが多く主婦、もしくは若い世代のスポーツ選手にも良く見られる症状です。
以上にあげられる足首の痛みを改善する為には、腫れを抑えることで次第に改善できます。
足首の痛みを軽減するには、足首を冷やすことが必要で、炎症が引いたときは、足首のマッサージを取り入れてください。
その他ツボ押しも有効で、外くるぶしの前の方にあるツボを指圧することによっても足首の痛みが軽減できます。
整体院では、各種足首の痛みによって様々な対応で痛みを軽減しますので、長く辛い足首の痛みで悩んでいる方も一度整体院にて施術を受けてください。


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

※ご予約いただいた時間より、多少お時間が前後する可能性がございます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME

チャットボット