寝違いの原因とお手軽簡単対処法

寝違いの原因とお手軽簡単対処法

2015-03-02

朝目覚めると「あれ?首が動かない」「痛い」そう感じた経験ありますよね。
いわゆる寝違いの症状は、誰しも経験したことがあるでしょう。
ただ、多くの方が、寝違いを簡単に考えているという大変危険なことです。
寝違いの原因は、いろいろとありますが、重大な病気のサインである可能性もありますので、安易に処理しないように注意してください。

【寝違いの原因】

寝違いの原因については、諸説言われていますので、一概に「これだ!」という明確なことは言えません。
寝るときの姿勢が悪いなんてこともありますし、寝ている間に体が冷え、筋肉が炎症を引き起こしていることも考えられます。
ただ、冷え性の場合、ストレスが原因となっていることが考えられ、それと同時に内臓機能の低下が起こっていることもありますので、寝違いをよく引き起こす、ストレスを感じている、など心当たりがある方は、一度整体院に相談してみるといいでしょう。
ここでは軽度の寝違いの症状に効果的な対処法を紹介しますので、参考にしてください。
ただし、症状が一向に改善されない、痛みがひどくなる、場合については、速やかに関係機関を受診することをお勧めします。

【寝違えに効くツボ「風池」】

いつでもどこでもできる対処法として人気なのが、ツボ押しです。
寝違いに効果的なツボは、風池と呼ばれる部分で、首の後ろ、髪の毛の生え際あたりにあります。
このツボは、頭が痛い時や首こりを感じている時に、無意識に指圧している方もいる部分です。
親指をあてると、その部分がちょうどへこんでいますので、すぐに見つかるでしょう。
風池を親指で、3秒押します。
ちょっと痛いけど、気持いいな程度に押してください。
次に3秒だけ離し、再び風池を指圧します。
これを5回ほど繰り返し行うだけです。
寝違い改善だけでなく、頭がすっきりとしたり、首こりが改善されるなどの効果もありますので、試してみるといいでしょう。

【冷え性対策で寝違いを予防する】

次にお勧めの方法が、冷え性対策です。
体が冷えている状態にある方は、寝違いを起こしやすいといわれています。
その理由は、血液の流れが悪い状態が冷え性で、冷えは、筋肉が硬く、ちょっとした圧力でもダメージを受けやすいくなっているというのです。
そのため、寝ている間の自らの体の重みによって、筋肉が炎症することがあるのです。
特に、オールシーズン体に冷えを感じている人の場合、季節の変わり目やちょっとしたストレス、などによっても寝違いがおこりやすい状態にあることが分かっています。
寝違いを未然に防ぐためにも体を十分に温め、冷えを予防するようにしましょう。
眠る前の冷えを改善する方法の一つにストレッチやマッサージがあります。
それ以外にも、体をぽかぽかさせる生姜入りのホットティーやホットミルクなども大変お勧めです。
その他、適度な運動、ストレスを蓄積させない、などの方法もありますので、自分に適した方法を取り入れ、寝違いのない質の高い睡眠を維持できるように工夫してださい。
整体院では、施術以外にも、質の高い良い眠りを維持できる生活習慣やストレッチ、つぼ押し等のアドバイスも行っていますので、一度相談してみるといいでしょう。


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

※ご予約いただいた時間より、多少お時間が前後する可能性がございます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME

チャットボット