ひざ痛改善の3つのストレッチ

ひざ痛改善の3つのストレッチ

2014-06-11

年齢を重ねるとともに、悩みとなるひざ痛。
朝起きたと同時に痛みが発症したり、階段の上り下りや、座ったり立ったりの動作をするだけでも膝に痛みを感じる事があるでしょう。
病気や怪我以外のひざ痛については、筋肉や靭帯が年齢とともに稼働率が悪くなり、凝り固まっていることが原因です。
ちょっとした距離でもバスやタクシーを使ったり、階段を使わず、エレベーター等便利な機能を利用している方は、年齢を重ねると同時にさらにひざ痛の症状がひどくなると考えられます。

ひざ痛を発症すると体を動かすことがおっくうになり、次第に自宅に引きこもり、肥満や生活習慣病の危険性も高くなりますので、今のうちにひざ痛の症状を改善するようにしましょう。
整体院では、凝り固まっている筋肉や靭帯を伸ばし、動きをスムーズにする施術を行ないます。
筋肉のこわばりが改善され、伸縮がスムーズになりますので、痛み軽減だけでなく、血流の促進によって代謝機能も正常に整います。

ただ、ひざ痛を抱えているものの、今すぐ整体治療を受けることが出来ない方は、症状がこれ以上悪化しないためにも自宅できる簡単なストレッチを覚えておくと良いでしょう。
以下に紹介するストレッチは、ひざ痛予防にも効果がありますので、早速今日から取り入れてください。
ただし、すでにひざ痛の痛みがひどい、という方については、ストレッチによって症状が悪化する可能性もありますので、すみやかに整体治療院で相談するようにしましょう。

【ストレッチを行なう際の注意点・ポイント】

ストレッチをする際の注意点としては、いつもよりひざ痛がひどい場合は、ストレッチは控えてください。
また、ムリに反動を加えると逆効果になりますので、動きはゆっくりと行ないましょう。
毎日少しずつでも継続することが効果を確実に得るコツとなりますので、無理は禁物です。
体が温まっている入浴後などがストレッチをする効果的なタイミングと覚えておきましょう。

【ひざ痛におススメのストレッチその1】

両足を伸ばした状態で床に座ってください。
片足のみを膝を折りたたむように、お尻の方向に曲げましょう。
さらに太ももの筋肉に負荷を与える為、そのままゆっくりと上体を後ろに倒してください。
太ももだけでなく全身の筋肉が伸びた状態を確認してところで、10秒カウントしましょう。
左右を10回行ないます。

【ひざ痛におススメのストレッチその2】

次にうつぶせの状態になります。
片足つま先を頭の後ろにつけるイメージでグッと引き寄せてください。
左右同じように10回繰り返し行ないましょう。
このストレッチでは、絶対に反動をつけないように注意しましょう。

【ひざ痛におススメのストレッチその3】

次に片足膝を曲げ、もう片方の足は伸ばした状態で座ります。
伸ばした足首をつかみ、そのまま上体を前にゆっくりと倒していきましょう。
足首に触れることが出来ない場合は、絶対にムリをせず、足首を触るイメージで行なうようにしましょう。
足首をつかんだ状態で10秒カウントし、それを左右交互に5回ずつ行なってください。

最後に、体を仰向けにし、片足の膝を胸にグッと引き寄せてください。
10秒キープしたら、足を替え、同じように10秒キープします。
繰り返し10回行なったらひざ痛ストレッチが終了です。
ムリをせず、コツコツと継続するように心がけましょう。


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME

チャットボット