不眠症とは?

不眠症とは?

2014-06-27

疲れているのに眠れない、夜中に何度も目が覚める、、眠るまでに時間がかかる、寝るということにストレスを感じるなど、現代人に多い不眠症は、年々増加傾向にあります。
また、しっかりと寝ているつもりでも翌朝すっきりと起きられない、昼間になどもあくびを繰り返し、ついついウトウトしてしまうことがあるという場合も不眠症である可能性が考えらます。
自分ではしっかりと睡眠をとっているつもりでも、眠りの質が悪く、体が十分に休めていないのが原因です。

【質の良い眠りとは】

質の良い眠りとは、日中に感じた体の疲労を回復し、神経のバランスを整えてくれます。
そのため、人は朝起きると脳が働き、夜になると自然と眠くなるのです。
しかし、正常な機能が阻害されることによって、自律神経失調症、うつ病といった神経の乱れが生じ、不眠症といった不定愁訴を抱えるよううになるのです。

特に自律神経の乱れは深刻で、やる気スイッチといわれる自律神経と、リラックススイッチの副交感神経が正常に機能せず、不眠症、イライラ、慢性的な倦怠感、気分のおちこみ、などあらゆるトラブルを引き起こします。
では、なぜリラックススイッチが機能しないのか。
不眠症といってもそれぞれに違いがあり、「入眠困難」「中途覚醒」「早朝覚醒」とわけて考えられます。
ただ、その不眠症が、必ずしも病気というのではなく、ある種症状となりますので、症状を改善するためにはどうしたらいいのかを考える事が重要です。

【不眠症の対策】

やる気スイッチとリラックススイッチを正常に機能させ、不眠症を改善するためには、まず正しい生活習慣を整えることが大切です。
そしてストレスを溜め込まない生活をできるだけおくれるよう努力してください。
仕事が忙しくても、バランスのとれた食事を積極的に取り入れる、足りない栄養素はサプリメント等で補うなどは非常に重要です。
また少なくとも夜10から12時には、眠り体制を整えたり、休日には、ダラダラと夜更かしをしたり、朝起きるのが遅くなったりなど極端に生活のリズムを崩さないようにしましょう。

それが難しい場合には、直射日光を上手に取り入れた不眠症の対策もあります。
例えば直射日光を体全身に浴びると脳が活性化され、自然とやる気スイッチが機能するといわれています。
やる気スイッチが正常にオンされると、それから一定の時間を経過したのち、必ずリラックススイッチが作動するようになっています。
このリズムを取り戻すためにも、朝起きたら、カーテンをひき、全身に日光を浴びるようにしましょう。
睡眠前は、体を冷やさないよう食事や飲み物に注意し、眠る数時間前には携帯電話やインターネットなどの画面を見ることをやめ、目と脳を休ませるようにしてください。
足元に置くタイプのランプは、リラックススイッチが入りやすいと言われていますので、眠る体制を整えるためにも、灯りにも工夫をするといいでしょう。
規則正しい生活習慣を続けることによって、体が自然とやる気スイッチとリラックススイッチを機能させることができ、不眠症からも解放されます。


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

※ご予約いただいた時間より、多少お時間が前後する可能性がございます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME

チャットボット