むち打が原因の各種症状

むち打が原因の各種症状

2014-06-29

正しい名称ではありませんが、一般的に知られている「むち打ち」。
その症状は多岐にわたり、対処のタイミングが早ければ早いほど早期回復が期待できますが、タイミングが遅くなったり、正しい対処が出来ない場合、長く辛い症状に悩まされることになります。
むち打ちとは、大抵の場合、交通事故など予測不可能な状況下で、症状を発生させてしまうケースが多いの一般的です。
また、事故を起こした直後に症状がすぐあらわれるのではなく、翌日から少しずつですが、首の痛み、背中、肩こりに耳鳴り、頭痛やめまい、はきけに食欲不審などの症状が起ります。
その他、病院でレントゲンをとっても異常がないと言われた方も数日から数年かけて、痛みに悩まされることもあります。
特に自律神経系の症状や不快感、違和感といった症状については、ずっと痛みがでるのではなく、不定期に現れたり、数年、数十年後に出ることもあるのです。

【むち打ちとは】

むち打ちは、首を痛める方が多いのが特徴ですが、その場合でもタイプが異なります。
例えば、頚椎捻挫と呼ばれるむち打ちは、肩の重さに筋肉の痛み、が発生します。
自律神経障害型のむち打ちは、肩こりに頭痛、吐き気や耳鳴りが特徴で、神経根損傷型のむち打ちは、腕に強い痛みを伴います。
手足に麻痺のような痺れを感じるむち打ちは、脊髄損傷タイプで、それぞれで対処法が異なります。
以上のことからわかるとおり、首に損傷を与えるむち打ちですが、それ以外の場所にも悪影響を及ぼし、全身に痛みが発生します。
これは、首の周辺にある自律神経のバランスが崩れることが主な原因となります。

【むち打ちの主な症状】

むち打ちによって、自律神経のバランスが崩れると、首以外の場所に様々な痛みが発生しますが、症状を放置し、繰り返し発症させていることで次第に悪循環により他の病気になる可能性がありますので、早急な対処が必要です。
悪循環によって起る症状とは、知覚障害や痺れなどの神経障害、耳鳴りや聴力の低下などの聴覚障害、嚥下障害や言語困難、回転性のめまいや顎関節症、不安症に注意力散漫など歯科、平行、神経心理などあらゆる部位に障害が及びます。
むち打ちは、体を横にしている状態では、痛みや症状が軽減し、立ち上がると症状がはっきりと現れることもあります。

【整体院によるむち打ちの治療】

むち打ちは、整形外科等の医療機関を受診し、詳しい検査によって治療がすすめられますが、場合によっては、異常なしと判断されるケースもあります。
その場合は、整体、鍼灸、接骨院等を利用する事をおススメします。
損傷の程度、時期、などによっても治療期間に差はありますが、整体院等では、全身の乱れたバランスを整え、痛みや症状を緩和、再発防止を目的に施術が行われます。

またむち打ちは、健康保険による鍼灸治療も認められていますので、まずは相談してみることをおススメします。
ただし、通常の治療ではどうしても改善できないものもあります。
それは、脳脊髄液減少症と呼ばれる疾患で、追突事故の影響により、脳から脊髄の中を流れている髄液がもれ、めまいやその他様々な体調不良の原因となります。
事故後のむち打ちが治らない方の中には、この症状を抱えている方もいます。


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

※ご予約いただいた時間より、多少お時間が前後する可能性がございます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME

チャットボット