3つのタイプから考える産後 腰痛の対処法

3つのタイプから考える産後 腰痛の対処法

2014-06-30

産後のママたちが悩むことの一つに産後 腰痛があります。
ただ、産後 腰痛といってもタイプが異なり、それぞれに適した対処が必要です。

【出産における産後 腰痛】

出産の際、3000グラム前後の赤ちゃんがママの産道を通り、誕生します。
その際、胎児がスムーズに通れるよう、ママの体内では、妊娠から出産にかけてリラキシンというホルモンが分泌されます。
リラキシンは、骨盤に限らず、体全体の関節を緩める作用があり、特に関節を支えている靭帯を緩める為、体全体の歪みが生じやすい傾向にあるのです。
これによって、腰にかなりの負担をかけてしまうことで産後 腰痛となってしまうのですが、リラキシンの分泌は、産後以外にも女性の体内では、分泌されていることから、男性に比べると体の歪みが大きくなるのが予想できます。
また出産の際、恥骨結合部分に大きな負荷がかかる為、出産後痛みが悪化することがあります。
この痛みをカバーするような姿勢をとることによってさらに産後 腰痛がひどくなることも考えられます。
症状を放置したままにすると、姿勢が悪く、下半身には脂肪がつきやすくなるため、いわゆる「おばさん体型」になったり、ヒップが垂れ下がり、左右に大きく開いた崩れたスタイルになる可能性もあります。
それだけでなく、産後 腰痛は、歩行時の痛み、尿漏れ、生理不順、慢性的な肩こり、更年期障害の悪化、といった大きな問題にまで発展しますので、できるだけ早期に整体などで骨盤の矯正や正しい運動、ストレッチ等を取り入れるようにしましょう。

【以下の症状がある方は特に注意が必要】

出産後の産後 腰痛がなくても、以下の症状がある方は、すみやかに整体院で、骨盤矯正などを受けることをおススメします。
産後 腰痛以外の、恥骨痛、尾骨痛、そしてくしゃみやせきなどの刺激での失禁、尿漏れ、ヒップの崩れ、肩こりや頭痛、首こり、などがあります。
さらに、2二人目を計画的に妊娠したいと考えている人、帝王切開をさけ、自然分娩を希望している方も早急に産後 腰痛改善の為の骨盤矯正を受けましょう。

【育児における産後 腰痛】

次に考えられる産後 腰痛は、育児に関する問題です。
産後のママの体は、十分に元通りにならずとも育児がスタートします。
約3キロ前後はあるであろう、赤ちゃんを抱っこしたり、不安定な体勢で1日に何度も与える授乳。
そして、家事をなると体に対する負担は想像以上です。
本来母体が元通りにもどるのは、6週間から8週間程度と言われていますので、筋力や体力が低下している際の育児によって産後 腰痛を抱えるママは多いようです。
育児による産後 腰痛を予防するためにも、ご家族の協力等を得て、ムリをしない事が重要です。

【精神的なストレスによる産後 腰痛】

その他、初めての出産や育児によるストレスから、産後 腰痛を悪化させる方もいます。
妊娠から出産で体は大きく歪み、様々な体調不良を抱えているにも関わらず、日々押し寄せる慣れない育児や家事によって、精神的、肉体的に疲労、ストレスを感じる事で産後 腰痛となります。
次第にその体調不良は産後うつ、ノイローゼを引き起こす危険性もありますので、ちょっとでも体調の異変を感じたら、ご家族やお近くの整体院、担当医師に相談することをおススメします。


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME