いわき市 肩鎖関節脱臼の応急措置

いわき市 肩鎖関節脱臼の応急措置

2017-05-16

ラグビーやアメフト、サッカーなどの競技で多く見られる怪我の一つに「肩鎖関節脱臼」があります。
その原因や対処法などを紹介します。

【肩鎖関節脱臼とは】

柔道やレスリング、相撲など相手選手との激しいコンタクトの場面が多い競技での発生リスクが高い肩鎖関節脱臼は、コンタクトした際の衝撃で肩をぶつけたり、その衝撃で地面に肩から落ちた時、肘から店頭して肩へ外圧が加わった時など、関節が破綻し、脱臼する状態です。

そのため、コンタクト競技以外にも、スキーやバイク、自転車などの転倒時でも肩鎖関節脱臼になることがあります。
肩鎖関節は、鎖骨遠位端と肩甲骨をつなぐ関節です。

関節包以外の靭帯で安定性が保たれており、回転するなどの動作を半月板様のディスクで担っており、衝撃によりその安定性がくずれた時に肩鎖関節脱臼となります。
ただし、肩鎖関節脱臼といっても、種類が次のように分けられますので、それぞれの状態にあせて治療が進められます。

・I型

脱臼ではなく、捻挫の状態で、見た目にほとんど変化はないが、多少の痛みを伴う。

・Ⅱ型

肩鎖靭帯が断裂している状態。
ただし、部分的断裂か延びていっる状態で残存するため、完全脱臼ではなく、亜脱臼の状態。

・Ⅲ型

肩鎖靭帯、烏口鎖骨靭帯ともに完全断裂し、鎖骨がズレている状態。

・Ⅳ型

肩鎖関節脱臼は、真上へのズレが確認できますが、このタイプは、鎖骨が後ろにズレるのが特徴。

・Ⅴ型

肩鎖靭帯、烏口鎖骨靭帯だけでなく、筋肉の断裂も見られるため、症状はかなりひどい状態。

・Ⅵ型

非常に稀で、鎖骨が下にズレた状態。

【肩鎖関節脱臼の症状や対処法は?】

受傷後は、鈍い痛みと違和感、可動域の制限等がありますが、機能障害がなく、運動がそのまま続けられる事もあります。
ただし、症状は動かすほどに悪化するので、無理は禁物です。

また、時間の経過とともに、炎症で腫れを引き起こすので、見た目にも分かるようになります。
しかし肩鎖関節脱臼ではなく、骨折の可能性もありますので、受傷後すぐに病院で詳しく検査を受けるようにしてください。

【肩鎖関節脱臼の応急措置は?】

痛みが強い場合は、無理に動かさず、三角巾などで手を吊るなどし、固定しましょう。
その際、氷などで冷やすのが重要です。

少なくとも3日以内には、必ず病院で詳しい検査を受けるようにしましょう。
また脱臼については、整体は、残念ながら対応していないため、まずはお近くの医療機関を受診するのが最適。

その後の状態により、整体を利用しましょう。
自宅でできるケアとしては、肩鎖関節に負担をかけないよう、寝る際の姿勢に注意をしたりなどがポイント。

また可動域の制限と筋肉の柔軟性を取り戻すため、少しずつ腕を動かすなどのストレッチもお勧めです。
例えば、脱臼箇所を片方の手で押さえながら、腕を上げ下ろしを繰り返し10回行なう。

脱臼箇所を押さえながら圧を加えて、筋肉をほぐす、などの方法があります。
無理をしない程度に時間をかけて、ゆっくり繰り返し行なってください。

いわき市 肩鎖関節脱臼の応急措置なら、「あいみ整体院」にお任せください。


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME