いわき市 野球ひじの主な原因

いわき市 野球ひじの主な原因

2017-07-01

【野球ひじとは?】

野球ひじとは、野球の投球動作を繰り返し続けることで起こる肘の痛みです。
リトルリーガー肘や、リトルリーガーエルボー、ベースボール肘、ベースボールエルボーなどと呼ばれる事があります。

野球選手に多く見られる症状で、投球の際に肘に激しい痛みを伴います。
野球ひじが見られるとと投球だけでなく、日常生活でも痛み、肘が曲がらないなどの運動障害を起こします。

【野球ひじの主な原因は?】

繰り返し肘を酷使することによる疲労が原因といわれています。
特に、腕をひねりながらボールを投げる変化球は、肘への負担が大きく、野球ひじになりやすい傾向にあり、筋肉や腱、筋、靭帯や神経、骨の損傷によって、痛みやはれ、関節の変形や硬直などで肘が曲がらない、伸ばせないなどが起こります。

また、投球フォームに何かしらの欠点があると、肘に大きな負担をかける事が予想されます。

【対処法や治療法、予防は?】

応急処置としては、スポーツ障害の基本となるRICE法則が最適。
まずは、患部をアイシングして、炎症を抑えます。

次に圧迫、心臓よりも患部を挙上ことで、症状の進行を防ぎます。
この対処法により今後の回復スピードや治療の効果が大きくことなりますので、必ず実施してください。

ただし、あくまでも応急処置で、野球ひじという判断が間違っている可能性もあるため、処置後は速やかに病院を受診しましょう。
病院では、症状にあわせて治療が行なわれます。

手術や一定期間の練習制限、電気治療や温熱治療、装具での固定などがあります。
後遺症のケアとしては、整体や整骨院等の施術が高い効果を発揮する場合もありますので、スポーツ障害対応の整骨院、整体院をご利用ください。

【野球ひじを予防するトレーニングについて】

野球ひじは肘の「外反」に耐える肘にする事がトレーニングのポイントです。
そのため

・内側側副靭帯を強化する
・肘の外反しない投球フォームを考える
・練習量を見直す
・練習前後のウォーミングアップを入念にする

内側側副靭帯の強化、といっても靭帯そのものを強くする事はできません。
しかし靭帯には、平行して走る筋肉があるので、その筋肉を強化することで野球ひじへのリスクが軽減できます。

やり方は簡単です。
鉄アレを準備しましょう。

椅子などにタオルをしき、そこに肘を曲げて固定します。
手首から先が椅子からはみだす状態で、ゆっくりと鉄アレを持ち上げます。

勢いをつけてはいけません。
手のひらを内側に曲げるようにしながら鉄アレを持ち上げ、ゆっくり手のひらをひらくように鉄アレを元の位置に下ろします。

このとき、鉄アレが手のひらから指に転がるように下ろすのがポイントです。
転がすことで、指の筋肉なども同時に鍛えることができるので、必ず行なってください。

1セット30回の2セット繰り返し行ないましょう。
無理は禁物です。

毎日繰り返すことで、手全体の筋肉を鍛え、靭帯を上手にカバーできます。
さらに、練習前後のウォーミングアップ、ストレッチ等を丁寧に行ないつつ、野球ひじへのリスクを軽減してください。

いわき市 野球ひじの主な原因なら、「あいみ整体院」にお任せください。


いわき市あいみ整体 16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

あいみ整体16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

※お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。
場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます。

※20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます。

※ご予約いただいた時間より、多少お時間が前後する可能性がございます。

いわき市の出張整体「あいみ整体院」へのお電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき市 出張整体なら女性人気No1の
「あいみ整体院」

住所:〒971-8185
いわき市泉町5丁目8-21 A号室

090-7560-4996




MENU

MAIL

TEL
HOME

チャットボット