いわき市泉町 野球肩の主な症状

いわき市泉町 野球肩の主な症状

2017-07-05

野球肩は、文字通り野球で多く発生するスポーツ障害の一つです。
原因や防止方法などを紹介します。

【野球肩とは】

主に、野球の投球動作で生じる肩の痛みです。
関節包や肩関節に付着する腱や筋肉の損傷で、部位によって痛みがでる場所が前後ろと異なります。

野球肩には、次のような損傷も含まれています。

・インピジメント症候群

肩を使うたびに上腕骨頭と呼ばれる部分の軟骨組織の筋肉や腱、滑液包、二頭筋腱が挟まれたり、こすられたりして炎症が起こる症状です。
腕を上方へ押し上げる際に強い痛みを伴います。

・回旋筋腱板損傷

棘上筋腱という腱板の損傷で、炎症だけの損傷から、一部が切れる不完全断裂や、全部が切れる完全断裂まであります。
投球の際、肩関節が引っ張られたり、ねじられることで生じます。

・ルースショルダー

肩関節のつくりが不安定で、通常の範囲以上に動く状態を言います。
先天的なものが多く、その場合、肩を酷使することで症状が現れやすくなります。

・上腕骨骨端線離開

上腕骨の骨頭にある成長軟骨が骨頭から分離する状態で、ピッチャーに多く見られる。
オーバーワークが原因とされています。

【野球肩の主な症状は?】

・ボールを投げる、投球の際に肩に痛みを感じる
・ボールをリリースした直後が痛い
・野球をしている時は問題ないけど練習後に急に痛くなる
・野球以外では全く痛みを感じない
・投球を続けていると次第に痛くなる

さらに、症状が進むと

・手を挙げるだけで痛い
・着替えの際に痛みを感じる

等があります。
その他にも、練習の翌日に肩の後ろに痛みを感じるものの、しばらく休むとすぐに治ったり、痛い時と、痛くない時があるなどの症状を感じている方も珍しくありません。

ただし、早めに対処することで再発のリスクを防いだり、別の障害のリスクを軽減できるので、早めに検査を受けるようにしましょう。

【野球肩にならないための方法は?】

上記のような野球肩にならないためには、まず、投球フォームの見直し、その他、練習量の見直しが必要です。
その上で、簡単にできる肩の筋肉の鍛え方を取り入れるといいでしょう。

・うちわストレッチ

うちわを1本用意しましょう。
うちわを持った肘をわき腹につけて、腕を直角に曲げた状態にします。

このまま腕だけを左右に動かすのがポイント。
さらに、肩周辺の筋肉が動くのを意識してください。

1セット20回の3セット行ないましょう。

・雑巾ストレッチ

雑巾を1枚用意しましょう。
実際に床掃除をしながらでも可能です。

手のひらで雑巾をセットし円を描くように床を磨きます。
このとき、肩甲骨がしっかり動いている事を意識しながら行ないましょう。

右に20回、左に20回、回転させながらゆっくりの動作で床磨きをしてください。

・チューブトレーニング

最後に、自転車のタイヤチューブを1本用意しましょう。
頑丈な場所に吊り下げます。

チューブを肘にかけて、ゆっくりと引きます。
十分に引ききったら、戻すを繰り返し10回の2セット行ないましょう。

上記の方法は、野球肩の予防に最適な運動やストレッチです。
少しでも違和感や痛みを感じたり、すでに野球肩の症状が出ている場合は、無理をしては禁物です。

また、この方法は、四十肩や五十肩対策としてもお勧めです。

いわき市泉町 野球肩の主な症状なら、「あいみ整体院」にお任せください。


お申し込みはこちら

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・20時以降は深夜料金として追加4000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME