いわき市泉町 ゴルフ膝の痛みを改善

いわき市泉町 ゴルフ膝の痛みを改善

2018-04-19

元気にゴルフを楽しむ為にもゴルフ膝の痛みを改善

スポーツの中でゴルフは、走る止まるを繰り返したり相手からボールを奪うために体を接触させたりするといった動きは皆無で、それほど激しいスポーツではありません。
しかしゴルフをした時に膝が痛いといったことが起こるのはなぜなのでしょうか?
そのゴルフ膝の痛みは、脚の筋肉や動きのバランスが崩れているのが原因と考えられるのです。

では、なぜバランスが崩れるとゴルフ膝の痛みを生じるのかというと、これはゴルフをプレーしたからと言うよりは、日常的に運動をしていないことが一番の原因です。
若い頃からゴルフをする人もいますが、30代後半から始めるケースが多くて、このくらいの年代になると運動不足になって脚の筋肉が衰えています。
そうした状態であるのに、ゴルフは健康的だし他のスポーツと比べて激しくないからやってみよう考えて、マジメにガッツリと練習してしまう方が少なくないのです。
運動不足なのに脚の筋肉や動きのバランスを考慮することなくガッツリと練習してしまうと、右膝に負担がかかってしまいます。
右打ちの場合でゴルフの練習により右膝に負担がかかる理由は、ゴルフのスィングではちょうど右脚全体が内側に捻る形になってしまうのです。
これが酷くなるとスイングをする時に内側の内転運動により過度の負荷が膝にかかってしまって膝が痛くなってしまいます。
このようにして発生するゴルフ膝の痛みを解消するためには、腰と下肢内転筋の代謝を上げる必要があって、簡単に表現するとストレッチを行ってバランスの取れた運動をすれば良いのです。

そこで、難しいものではなくて家でも簡単にできるゴルフで痛くなった膝を守るトレーニング方法が、サイトに動画で紹介されているので参考にして行うと良いです。
ただし、このストレッチと筋トレを実施している期間には、ゴルフの打ちっぱなしやラウンドすることは控える必要があるので、多少の我慢は必要になります。
また、ひとつのトレーニングを1週間から10日程度実施して慣れてきたら、次は運動を行って約1ヶ月程度しっかりとストレッチを行うことになることも理解しておく必要があるのです。
ただ、これにより筋肉のバランスが整うので痛みが解消します。
もちろん最初から整形外科を受診して膝のリハビリをするのも有効ですし、整体院や整骨院で治療を受けるのもおすすめです。
ちなみに、このストレッチや筋肉トレーニング中の痛みも何とかならないのかという方も少なくないもので、鍛えている間の痛みを抑える方法も知っておくと役立ちます。
その方法とは、膝関節痛の痛みを緩和する医薬品を使用することで、元々が関節痛と神経痛に働く成分を含むので痛みを軽減してくれるのです。
この医薬品で膝の痛みを抑えながら、ストレッチと筋肉トレーニングによりバランスを取るようにすれば、その後のゴルフプレーでは膝の痛みを気にすることがなくなります。
先にも触れましたが、筋肉のバランスが戻るまではじっくりとトレーニングを続ける必要があるので、元気にゴルフを楽しむ為にも焦らないことが大事です。

いわき市泉町 ゴルフ膝の痛みを改善なら、「あいみ整体院」にお任せください。


お申し込みはこちら

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・20時以降は深夜料金として追加4000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME