いわき市 ジャンパー膝の痛みの出方

いわき市 ジャンパー膝の痛みの出方

2018-05-19

ジャンパー膝の原因は単にオーバーユースだけではない

膝蓋骨と脛骨を結ぶ膝蓋靭帯に負担がかかり続けることによって、靭帯の繊維に微小断裂が起こり炎症が生じることがあります。
これは大腿四頭筋の付着部が膝蓋骨の上にあって、大腿四頭筋が硬く張り続けてしまうことで、膝蓋骨周囲の筋肉・靭帯にも柔軟性がなくなって膝蓋靭帯で炎症が起こってしまうことで発生します。
このように膝蓋骨の下に付く膝蓋靭帯で起こる炎症のことを、ジャンプ動作で発症しやすいことからジャンパー膝と呼ぶのです。
ジャンプ動作以外にも足を蹴りだしたり、地面の接地時に衝撃が加わったりしやすいランニングやダッシュが多いと発症しやすいと言われています。

このジャンパー膝は、痛みの出方で4段階に分けられて、第一段階は運動後に痛みが生じるけど休むと改善しますし、運動後に膝蓋靭帯に炎症が出るけどアイシングなどで治まります。
第二段階は運動中から炎症が起こって痛みが生じますし、特にジャンプ動作やダッシュをすると強い痛みを生じるのです。
第三段階は運動中に支障をきたす強い痛みが発生して、その痛みがなかなか引かないですし、日常の中でもズキズキした感覚があって歩行の際にも痛みを感じます。
第四段階は歩行時にも痛みが出るので歩くのが困難になりますし、日常安静にしていても強く痛みを感じるのです。
膝蓋靭帯に断裂が生じるので手術の適応となります。

一般的にジャンパー膝は大腿四頭筋の使いすぎによるオーバーユースの一種と言われますが、同じような動作をしてなる人とならない人がいるのです。
これは個人で体の使い方が違うためで、オーバーユース以外に考えられる原因は、姿勢・フォームや体の使い方が悪い・大腿四頭筋だけでなく太もも裏の筋肉やふくらはぎが硬いといつたことが考えられます。
まず姿勢ですが、発症する人の特徴として腰や背中が丸くなった状態が癖になっていて、骨盤が後ろに倒れた状態になっているのです。
このように骨盤が後傾してしまうと膝が曲がったままになって、筋肉は収縮されるだけではなくて、伸ばされ続けることで硬く張っていくので大腿四頭筋は常に引き伸ばされていることになります。
その結果、運動を行う時にこの姿勢が基準となると、そこから踏ん張ったり地面を蹴ったりするので、膝が真っ直ぐ伸びている人と比較して大腿四頭筋に負荷がかかりやすくなるのです。

姿勢が悪いことからも関連していますが、フォームや体の使い方が悪いも原因と考えられます。
特に歩き方や走り方が悪いと全ての運動の基本動作が悪くなるもので、それにより衝撃が逃げずに膝や周囲の筋肉に負担が増えてしまうのです。
また股関節が硬いと骨盤が倒れた状態になって、結果的に大腿四頭筋に負担が増えますし、股関節にも捻じれが生まれ太ももの筋肉が通常よりも引き伸ばされやすくなってしまいます。
このように、捻じれや体の使い方の悪さの影響も発症する要因として関係してくるのです。
それから、膝は太ももの裏側の筋肉とふくらはぎに伸びる筋肉がすれ合う位置にあって、膝を曲げる働きによりふくらはぎも硬く張ってきます。
それにより衝撃を逃がすための柔軟性がなくなり大腿四頭筋に負担が強くかかることになります。
いわき市 ジャンパー膝の痛みの出方なら、「あいみ整体院」にお任せください。


16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

【重要】お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます
  • ・20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます
  • ・ご予約いただいた時間よりお時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME