いわき市 オスグッド・シュラッター病が発生する原因

いわき市 オスグッド・シュラッター病が発生する原因

2018-05-29

第2次成長期に好発すると考えられるオスグッド・シュラッター病

繰り返しの牽引力・圧迫力・剪断力といった物理的なストレスで、筋肉や腱などの軟部組織は慢性的な障害を引き起こしてしまいす。
特に成長期では牽引性ストレスに由来する膝蓋靭帯炎などのスポーツ障害と、圧迫性ストレスに由来する離断性骨軟骨炎などのスポーツ障害が多く見られるのです。
その中で膝蓋靭帯炎と同様に牽引性ストレスに由来するスポーツ障害として、オスグッド・シュラッター病と言うのがあります。
これは、大腿四頭筋の慢性的な筋緊張や膝蓋靭帯への慢性的な牽引ストレスで、脛骨の膝側の成長軟骨の一部が剥離する成長期特有のスポーツ障害です。
好発年齢は第2次成長期で、身長が1年間に約10cm程度伸びる伸長発育スパート年齢前後と考えられています。
ただ個人差が大きくて、子供の発育・発達については約4年の差があると、頭の片隅に留めておく必要があるのです。
ですから、一般的に男子は小学校6年生~中学校1年生で約13歳前後が好発年齢と考えられていて、女子では小学校4~6年生で約11歳前後の時期に当たります。

オスグッド・シュラッター病が発生する原因としては、骨の長軸成長に筋肉や腱の伸長が追いつけなくて一時的に筋肉・腱が短縮する期間があり、その成長期の筋・骨格系の問題が考えられています。
特に脚の成長の約70%程度は膝周囲の骨端線で生じるので、大腿四頭筋の緊張が急激に増加して脛骨粗面のストレスがかかるのです。
その一方で、約11歳程度から脛骨粗面も成長軟骨が現れて、膝の方向へ新しい骨を作り始めて、約14歳程度に他の成長軟骨と癒合し約16~18歳程度で完全に骨化します。
つまり、成長期の脛骨粗面部は力学的に弱くて、緊張した大腿四頭筋の牽引力により剥離するリスクが高いことが原因になるのです。
もうひとつの原因としては、競技スポーツの若年化に伴って、子供たちに過負荷な練習を行わせオーバートレーニングになるケースが多いことです。
また、ランニング中は一歩ごとに体重の約5~7倍以上の負荷を膝が受けているので、アファルトなどの硬い地面や凸凹の地面、坂道などが障害発生につながることもあります。
それから用具として、サイズがあっていない靴、踵をつぶした靴というのは、脚に負担をかけるのでスポーツ障害の原因になるのです。
このようにトレーニング環境や用具も発生の原因として考えられるので、出る限りトレーニング環境を整えて適切な用具を正しく使用するようにすることが大切になります。

オスグッド・シュラッター病の予防方法としては、大腿部の筋肉群が骨に対して相対的に緊張状態になるので、それらの筋肉・腱の柔軟性を確保することが不可欠で適切なストレッチがおすすめです。
また身長増加とスポーツ障害は大きな関係があるので、身長チェックとトレーニング内容の変更を留意する必要があります。
それから脛骨粗面直上に鉢巻状に締め付けるサポーターは、大腿四頭筋の筋力の脛骨粗面からの分散を考えると有効です。
ただ発症した時には、必ず専門医を受診することが重要と言えます。

いわき市 オスグッド・シュラッター病が発生する原因なら、「あいみ整体院」にお任せください。


16周年記念ホームページ限定特典

ホームページをご覧のあなたへ特別なご案内

16周年記念特典

※上記特典をご希望の場合はお電話または口頭でお伝えいただければ幸いです。

お申し込みはこちら

【重要】お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。場合によってはご遠慮させて頂く場合がございます
  • ・20時以降は深夜料金として追加4000円を頂きます
  • ・ご予約いただいた時間よりお時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME