いわき市泉町 アキレス腱周囲炎の治療

いわき市泉町 アキレス腱周囲炎の治療

2018-02-19

アキレス腱周囲炎を引き起こす要因は様々考えられる

アキレス腱はふくらはぎの筋肉と踵の骨を結ぶ腱で、人体の中で最大最強の腱と言われています。
このアキレス腱の周囲はパラテノンと呼ばれる薄い膜でおおわれていて、この部分に炎症を起こす疾患をアキレス腱周囲炎と言うのです。
またアキレス腱の中には血管が少なくて、そのため血液からの栄養が乏しいため、一旦炎症を起こすとなかなか治りにくいのです。

発症する原因としては、アキレス腱周囲炎が中年以降に多く起こることから、加齢で脆くなることも炎症の一つの要因として考えられています。
ただ若い人でも発症しますし稀に子供でも引き起こすことがあるので、脆さだけが原因ではなくてそこに負担を掛けやすい体になってしまっていることが大きな原因です。
負担をかけやすい体になる原因にはいくつかあって、そのひとつはふくらはぎの筋肉が硬くなるとアキレス腱やその周囲が引っ張られてしまうことです。
この状態が慢性的に続くと常に張った状態で衝撃に耐えなくてはならないために、それが大きなストレスとなって臨界点に達した時に炎症という形で現れます。

2つ目は自分でも気づかない骨格の歪みが引き起こす原因になるのです。
人間は本来あるべき位置に骨格がある時は効率的に体を支えられるようになっているのですが、日常生活における癖・仕事中の体勢・競技特性などで歪んでしまうとひずみが生まれます。
そのひずみにより体幹やお尻などの大きな筋肉を正しく使えなくなって、その分が末端のアキレス腱周囲にかかってくることにより炎症を引き起こしてしまうのです。
3つ目は普段の姿勢や競技フォームに問題があることにより骨盤が後傾していることで、腰が丸まった状態でいるとアキレス腱周囲に強い負担が掛かります。
わずかに丸まっている状態の人もいますが、そのわずかな差が少しずつ積み重なると大きな負担になって発症へと繋がるのです。
前のめりになってつま先に重心がかかると、ふくらはぎやアキレス腱に力が入るのですが、この重心が前のめりになることも4つ目の原因になります。

このような原因で発症してしまうアキレス腱周囲炎の治療としては、ふくらはぎ全体の血液やリンパの流れを促すマッサージがあります。
そうしたマッサージでは物足りない時には、親指で軽く押さえたまま足首をグルングルンと数十秒回してアキレス腱とふくらはぎの境目を緩めます。
また両手で足首をギュッと握って、その状態でつま先をグルグル回るとアキレス腱の周囲が全体に緩みます。
一旦マッサージで筋肉を緩めてからストレッチを行うと効果的で、ふくらはぎだけではなくて全身のストレッチがおすすめです。
それからテーピングも治療効果がある対処法で、それはテーピングを適切に貼ることによって筋肉の働きを助けてくれて、血流アップするため回復も助けてくれるからです。
ただ強く固定する巻き方を続けると逆効果になる可能性があるので注意が必要となります。
サポーターは痛みを軽減してくれる効果もあるのですが、常に使用すると筋力低下を招いて症状の悪化に繋がるケースもあるので注意が必要です。

いわき市泉町 アキレス腱周囲炎の治療なら、「あいみ整体院」にお任せください。


お申し込みはこちら

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・20時以降は深夜料金として追加4000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME