いわき市泉町 パーキンソン病の不安

いわき市泉町 パーキンソン病の不安

2017-12-01

【なぜパーキンソン病になるのか】

パーキンソン病というのは、なぜなってしまうのでしょうか?
パーキンソン病になってしまう原因は、脳の中にあるドーパミン神経の減少といわれています。
私達が体を動かす時には、脳の中にある大脳皮質から全身の筋肉に動くための指令がいきます。
自分の意思通りに体が動くように指示を出しているのが、神経伝達物質であるドーパミンです。
パーキンソン病になってしまうとドーパミンが少なくなっていき、作ることも難しくなってしまいます。
そのため、体の動きへの指示が上手くいかなくなり、体の動きに障害が起きてしまいます。

また、ドーパミンの減少だけではなく、チュ数神経や自律神経にもダメージが与えられていきます。
精神症状や自立神経が現れてしまい、認知症のような状態へと発展してしまうこともあります。

パーキンソン病は、次のような症状が発生してしまいます。

・頭痛
・味覚障害
・睡眠障害
・起立性低血圧
・認知症
・抗うつ
・幻覚
・異常に汗をかく
・腰痛
・便秘
・頻尿

など、ドーパミンの減少によって、これらの症状が発生してしまいます。

【ドーパミンを増やす方法】

パーキンソン病の原因がドーパミンが少なくなってしまうことなのであれば、ドーパミンを増やすことで進行を遅らせることができるといえます。
ドーパミンを増やすケアを心掛け、パーキンソン病の症状を悪化させないようにしてみるのも、1つも方法といえます。
ドーパミンを増やすためにはどのような方法があるのか、以下にご紹介していきます。

・スポーツをする
スポーツには集中力が発揮されるので、大きな刺激になりドーパミンを増やすことへみちびいてくれます。
スポーツであれば、どんなことでも構いません。
マラソンでもいいですし、ウォーキングでもOK。
キャッチボールやテニス、バドミントンのような、身近でできるスポーツでもOKです。
軽い体操でもいいので、チャレンジしてみましょう。

・行ったことのない場所に行ってみる
初めての経験というのは、新しい刺激となります。
行ったことのない場所や通ったことのない道を通ることは、脳にとって新鮮さとなり活性化されます。
行ったことのないお店に行くことも、効果的です。
新鮮さでのドーパミン効果は絶大ですので、期待できますよ。

・ドーパミンを増やす食べ物を摂取する
ドーパミンン減量はたんぱく質なので、たんぱく質を多く摂取するとドーパミンを増やすことができます。
必須アミノ酸やアミノ酸を含む食べ物を、摂取するようにしましょう。
お肉類や魚類、大豆食品に、必須アミノ酸が多く含まれています。
これらの食べ物に必要な成分が、ビタミンB群やミネラルです。
一緒に摂取することで、ドーパミンを増やすことができますよ。

・笑う
笑うということは、医学的に免疫を高めて脳を活性間させると言われています。
ドーパミンを増やすことができるので、効果的です。
人と会話をしたり、楽しいドラマや映画を観て、思いっきり笑うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
パーキンソン病は不安になってしまう病気ですが、このようなセルフケアで症状を緩和させることができます。
身近でできる事でカバーして、軽度な状態で過ごせるようにしましょう。

いわき市泉町 パーキンソン病の不安なら、「あいみ整体院」にお任せください。


お申し込みはこちら

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・20時以降は深夜料金として追加4000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME