いわき市泉町  食欲不振の原因

いわき市泉町  食欲不振の原因

2017-12-07

【食欲不振の原因】

誰でも何らかの影響で起きてしまう、食欲不振。
少しの食欲不振ならいいですが、これが長く続いてしまうことは大変危険なことです。
心身ともに悪影響を与えてしまうことがあるので、安易に捉えないようにしましょう。

食欲不振の原因は、以下の理由が考えられます。

・ストレス
・悩み
・夏バテ
・運動不足
・風邪や胃炎などの内臓の調子の悪さ
・過度な疲労
・うつ病などの精神疾患
・更年期障害

食欲不振が長く続かないよう、おかしいなと思ったら対策を取るようにして食欲不振を改善させるようにしましょう。

食欲不振が続くと、自然と体重が減ってしまいます。
その状態を「ダイエットになってラッキーだ!」と思う人もいるようです。
しかし、それは間違った考え方です。

食欲不振がひどくなっていくと、以下のような症状がでてきます。

・倦怠感
・頭痛
・腹痛
・吐き気
・めまい
・ひんけつ
・睡眠不足

食べるということはエネルギーを蓄えることとなるので、それができないとこのような症状が発生してしまいます。
このような状態にならないよう、食欲不振は早めの対処で改善させるようにしましょう。

【食欲不振の改善方法】

食欲不振改善には、以下のような改善方法がオススメです。

・ストレス発散
食欲不振の1番の原因は、ストレスと言われています。
ストレスを受けている状態は自律神経のバランスが取れていない状態なので、食欲不振につなげてしまいます。
副交感神経を上手く働かせるために、ストレスを上手く発散して食欲を発揮させるようにしましょう。
カラオケや旅行、美味しい食事、運動は、ストレス発散に効果的です。

・脂っこい食事は控える
脂っこい食事は、胃に負担を掛けてしまうので食欲不振につなげてしまいます。
食欲不振な状態の時は、脂っこい食事は控えるようにしましょう。

・セロトニンを摂取する
セロトニンは元気にしてくれる物質なので、食欲を発揮させることができます。
大豆類や乳製品にタップリ含まれていますので、積極的に摂取してみると良いでしょう。

・味に特徴がある食べ物で副交感神経を働かせる
すっぱいものや辛い物を摂取すると、副交感神経の働きを活発にさせることができます。

・睡眠の質を高める
睡眠の質が悪く寝不足状態が続いてしまうと、自律神経が乱れてしまい胃腸の不良や食欲不振になってしまうことがあります。
良く寝て、食欲を高めるようにしましょう。

・湯船にゆっくり浸かる
湯船にゆっくり浸かることで、副交感神経を働かせて食欲不振の改善へとみちびくことができます。
少しぬるめのお湯に長く浸かって、副交感神経を高めるようにしましょう。
シャワ―だけで済ませる人が多くいますが、それでは副交感神経が高まりません。
時間に余裕を持って、湯船にゆっくり浸かってリラックスしましょう。

いかがでしたでしょうか。
食欲不振というのは、放置してはいけない病気です。
食欲というのは、私達が生きていく上で欠かせないものです。
セルフケアで改善へとみちびいて、それでも改善しない場合は病院で診てもらうようにしましょう。

いわき市泉町  食欲不振の原因なら、「あいみ整体院」にお任せください。


お申し込みはこちら

お申込みの前にご確認をお願いいたします↓

イラスト

  • ・お子様連れをご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します
  • ・20時以降は深夜料金として追加4000円がかかります
  • ・ご予約いただいた時間より、当日お時間が前後する場合がございます
  • ・施術が始まる前に「ご希望のコース、料金のご確認」をお願い致します


電話・メールでのお問合せ

お申込みはお電話かメールにてお受けしております。

電話: 090-7560-4996

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

お電話はこちら

住所 〒971-8185 いわき市泉町5丁目8-21 A号室
電話番号 090-7560-4996
営業時間 11時~20時 (※電話受付は24時間対応)
定休日 年中無休
最寄駅 JR泉駅

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME